企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

河合塾マナビスが実践 ~ 自立して考え、行動できる社員を育てる仕組みとは?

大学への現役合格を目指す高校生に、映像による授業を提供している、株式会社河合塾マナビス。2007年4月に事業を開始した同社は、企業としてまさに成長段階にあります。同社は河合塾が誇るクオリティの高いオリジナルコンテンツを数多く持っていますが、それらは競合他社との決定的な差別化要因ではないと言います。現場の社員が日々創意工夫を重ね、生徒や保護者に対するサービスレベルを向上させていく力こそ、最大の差別化要因であると考えているそうです。そのために同社が注力しているのが、現場の社員の教育。では、実際にどのような教育を行っているのでしょうか?同社の代表取締役社長の岩田一彦さん、人材開発部の大杉信之さん、谷口淳さんに詳しいお話をうかがいました。
インタビュー先

河合塾マナビス

代表取締役社長 岩田一彦さん

代表取締役社長
岩田一彦さん

人材開発部 部長 大杉信之さん

人材開発部 部長
大杉信之さん

人材開発部 教育システム開発課 課長 谷口淳さん

人材開発部
教育システム開発課 課長
谷口淳さん

インタビュアー

リクルートマネジメントソリューションズ

リクルートマネジメントソリューションズ
営業統括部 市場開発部公開サービス推進室 企画グループ 中村一浩さん

営業統括部 市場開発部公開サービス推進室 企画グループ
中村一浩さん

Part1
岩田一彦さん×中村一浩さん Part2
大杉信之さん・谷口淳さん×中村一浩さん

事業を発展させる人材をいかに育成するのか
~「研修」と「修羅場体験」が人を成長させる

中村:まず、岩田社長に、人材育成に関するお考えをうかがいたいと思います。御社では人材育成に大変注力されていますが、その理由をお聞かせいただけますでしょうか。

岩田:河合塾マナビスは、2007年4月に河合塾グループの新規事業としてスタートしましたが、人材が不足していることは明らかでした。そこで、人を採用・育成していくための投資は惜しまないと強く思ったのです。

人材育成を重視する考えは、私自身の過去の経験によるものです。以前、私はある大手流通業で人事・労務の仕事をずっと担当していました。その後、関連会社の社長も務めましたが、ここでの経験が非常に大きかった。社長になって、人の重要性が分かるようになったのです。「企業は人なり」と言いますが、何の事業をやるかということ以上に、誰が何の事業を行うかが重要だと実感したからです。誰をどのポストに就ければいいのか、そのためにはどのような人材を採用し、いかに育てていけばいいのかを、毎日のように考えていました。

当社には、現在150人あまりの社員がいます。直営校とFCを両軸とした事業を推し進めていくというビジネスモデルができてきたので、今後はそれを担う若い人たちを成長させ、組織を活性化させていかなければいけません。そのために、人材育成に力を入れているのです。

中村:限られた人材を育てていくために、どのような工夫をされていますか。

岩田:全ての機会を「教育の場」とし、その中から自社なりの人材育成体系とカリキュラムを作っています。

実は、受験産業では、講師に対する教育は行っていても、社員の教育を行っている企業がほとんどありません。受験産業は1975年頃、受験戦争が激化した時に大きく成長しました。それから40年近く経過しましたが、本当に競争が激しくなったのは、少子化が進んだここ数年のことです。それまではやればやるだけ儲かったので、講師は別として、社員の教育を行う必要はそれほどありませんでした。まして、経営やマネジメントを学ぶ必要などほとんどなかったのです。

しかしその間に、他の業界の企業は大変な競争を経て、組織を筋肉質にしていきました。当然、社員教育にも力を入れていました。そのため、受験産業に属する企業は、組織として非常に遅れた状態にありがちなのです。しかし、逆に考えれば、これから人材を育てて適切なマネジメントを行なえるようにしていけば、人と組織は成長し、大きなチャンスになるということ。私自身、教育の機会を社内外で数多く与えてもらい、成長することができたという実感があります。だからこそ、社員にはできる限り教育の機会を与えたいと思っています。

中村:御社が求める人材像とは、どういうものですか。

河合塾マナビス 代表取締役社長 岩田一彦さん

岩田:現在は、求める人材のスペックをいろいろと言うよりも、採用した人材を育てていくことに注力すべき時期だと思っています。むしろ、組織にはさまざまなタイプがいたほうがいい。同じタイプばかりだと画一的になりやすく、組織が硬直化します。それよりも多様性があり、バランスの取れた人員構成のほうがいいでしょう。企業理念に対する共感と理解は必要ですが、組織の構成員としては新卒採用と中途採用の両方を行い、バランスを取っていきたいと思っています。

中村:人材育成において、どういう研修が効果的だとお考えですか。

岩田:人は仕事を通じて成長しますから、OJTは基本です。また、それにあわせて自己啓発などのOff-JTをいかに組み込んでいくかも大切だと思います。目の前の仕事をしていく中で、自分に欠けているものや必要なことについて考える――自ら学ぶ姿勢を身に付けていってほしい。そうなると、組織として万全です。だからこそ、そのための“仕掛け”が大事なのです。

また、人が育つためには、修羅場を経験することも大切です。どのような形で修羅場の機会を与え、それを乗り越えさせるか。これは、実際のビジネスで起きたことを通じて、経験していくしかありません。

修羅場に遭遇した時は大変ですが、後になって、それを経験し乗り越えたことを感謝するようになります。修羅場をどれだけ乗り越えたかで、人の成長は大きく違ってきますから。私自身の経験を振り返ってみても、それは間違いありません。私利私欲ではなく、会社や世の中のためにはどうあるべきか、人間としてどう行動すべきかを考えるようになるのです。追い詰められた時こそ、人は深く考え、自分なりの判断軸が磨かれていきます。

中村:トライ&エラーの繰り返しの中で、人は育っていくように思います。

河合塾マナビス 代表取締役社長 岩田一彦さん
リクルートマネジメントソリューションズ 中村一浩さん

岩田:仕事ではミスをすることがあります。やってみなければ分からないことも多い。重要なのは、そこから何を学ぶかです。失敗したらすぐに反省し、改善点を見出して、実行していく。目の前にあることに、皆が全神経を研ぎ澄ませる。そうした緊張感が、組織風土の中になければなりません。

そういう意味でも、仕事には厳しい姿勢で臨みますが、人には温かく接しています。優しいとか甘えではなくて、人を育てていこうという気持ちを持つことが大事だと思います。

今は会社として成長期にありますが、この後に必ず成熟期と衰退期が来ます。その時に、好転できるかどうかは、リーダーと人材の力で決まります。そのために、人材を育てていく必要があるのです。しかも自社だけではなく、社会全体で通用する人材です。当社では一定のポジションに就いた人材は、社外のさまざまな研修に送り出してカルチャーショックを受けてもらい、いろいろな知識や知見を得られるようにしています。

中村:外部との交流や刺激を得る機会を大事にされているのですね。

岩田:自分と発想の違う人と議論し、新たな考え方を知る――これは社内の研修だけではなかなか実現できません。ものの見方やネットワークが大きく広がります。結果として、何事にもポジティブに対処する心構えと、アプローチが身に付くと思います。わが社の社員は、どこに出しても恥ずかしくない。そういう組織にしたいという強い思いがあります。

中村:それには、意図的に人が育つ環境や仕組みを作る必要があるということですね。

岩田:そのための試行錯誤がずっと続いています。会社ができた当初は教育体系が未整備で、その時々に起きている、一番重要な問題に対応するための研修を行うというのが実情でした。しかし、その中からだんだんと向かうべき方向が見えてきました。

現在、FC事業を大きく展開していますが、FC校舎には一種独特の経営手法やマネジメント能力が求められます。その中でキーとなるのが、SV(スーパーバイザー)という現場を司る立場の人材。毎年どんどん増えていますが、この人たちをどのように育成していくかがとても難しい。

直営の校舎長として優秀だった人がやってきたことと、FC校舎のSVとして求められることは、大きく異なります。SVを志望しているのであれば、校舎長の時にそのための勉強をしておかなければなりません。次の階層に移るための準備が必要なのです。そのための研修の仕組みを作っておけば、この先自分がどのような勉強をしていけばいいのか、道筋が見えてきます。

河合塾マナビス 代表取締役社長 岩田一彦さん

中村:どのような仕組みを考えていらっしゃるのですか。

岩田:直営の校舎長は、河合塾マナビスとしてのオペレーション業務に熟達しています。しかし、SVとしてFC校舎の現場に行った時は、それと違った要件が必要です。例えば、SVはFC校舎に対しての指示・命令権はありません。その中で、人をいかに動かしていくかを知る必要があります。また、FC事業のオーナーと対峙する際には、経営的な視点、経営に関するさまざまな知識が求められます。

つまり、校舎長とSVの間にあるものを埋めなくてはならないのです。その“さわりの部分”を教えていくだけでも、かなり違うと思います。現在は、それをどう行っていくのかを考えている段階です。やはり、修羅場体験を積んだり、外部の研修に出て行ったりして、刺激を受けることは重要ですね。厳しい時代を経験することが、人を大きく育てていくのだと思います。

リクルートラーニングクラブは、「成長に向かって自走できるビジネスパーソン」の育成により、組織力を高めることを支援するサービスです。働く一人ひとりが日常感じている仕事上の課題に対して「自分自身で必要なコースを選び、学び、職場で実践する」繰り返しにより成長のきっかけをつかんでいくためのサポートをします。

  1. <入会金不要>!3時間/1コースから手軽に始められます!
  2. 厳選採用の上、1年半の養成期間を質の高い講師が提供する90コース以上のラインナップ!
  3. 42年の企業の人材育成実績がある人と組織の課題解決を行う
    プロフェッショナルファームがご提供します!
お電話でのお問い合わせは 0120-878-300


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目の記事のバックナンバー

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの
HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」「HR technology」がそれに該当します。人材サービス会社だけでなく、ITサービス...
2017/10/23掲載
なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」
成長過程にある企業では、現状に合う組織づくりや人の育成が後追いになってしまうことも少なくありません。必要な人材は外部からも採用し、社内の人材を含めて個々の資質を...
2017/10/19掲載
新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -
タレントデータの一元管理や活用はもとより、いま、企業人事にも、社員一人ひとりに合った最適化されたエクスペリエンスを体感できる基盤が求められている。今回、『日本の...
2017/09/27掲載

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

社宅でもUR賃貸住宅
<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介



「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」

なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」

成長過程にある企業では、現状に合う組織づくりや人の育成が後追いになって...


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...