企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

「新卒で起業」経験者の転職
今後増えるのは間違いないケース 企業は「新卒で起業」した人材を受け入れられるか

日本と海外とでは、同じ大学生でも大きく異なる特徴があるという。「日本の優秀な学生は大手企業や官僚志向が強いが、海外の優秀な学生は自ら起業する」というものだ。確かにマイクロソフトやフェイスブックなど、時代を変えてきた海外の企業には、学生が創業したところが多い。最近は日本でも学生時代から起業するケースが増えているようだが、若い起業家たちを取り巻く環境は、海外と大きな差があるようだ。

なぜ自分の人脈で転職しないのか

「私のような『起業』に関わった人材が、転職に成功した事例はありますか」

その日転職相談にいらっしゃったCさんは、学生時代から起業を目指して活動し、大学卒業と同時に自分の会社を立ち上げた人物だった。いわゆる「ベンチャー起業家」ということになる。

「とはいっても、社員は自分一人だけです。あとは大学の後輩たちが何人か、アルバイトで手伝ってくれていました。事業が軌道に乗ったら社員も増やしていく計画だったんですが……」

Photo

文系学部出身のCさんが起こした会社は、新しい技術を製品化するタイプのベンチャーではなく、不便な思いをしている人たちを手助けするサービスを提供するソーシャルベンチャーだった。しかし 、売上げを上げて利益を出せるようになる前に、資金が底をついてしまったという。確かに全てのベンチャーが成功するわけではない。一握りのベンチャーの成功の陰には、Cさんのような失敗も数多く生まれているのだ。

一通り事情を聴いてから、私は「起業経験者」の転職事情についてざっと説明した。

「起業経験がある方の再就職をお手伝いしたことはあります。再度起業する意向の有無など、面接でよく聞かれる質問もあるようです。その面では、参考になるアドバイスをできるかと思います。ただ、これまでの事例は、一度会社員として働いた後に起業された方が中心です。Cさんのように、卒業してすぐに起業された方の事例はまだ少ないのが実情です」

「やはりそうなんですか」

Cさんによると、「起業したくらいだから人脈も広いのではないか、なぜその人脈を使って就職先を探さないのか」とよく言われるそうだ。実は私も、次にその質問をしようと考えていた 。

「一般企業で働いた経験がないことが、私にとってコンプレックスになっています。できれば全く新しい環境で、一からビジネスを経験できるような企業を紹介してほしいと思い、ご相談にうかがった次第です」

知り合いのベンチャー企業からは、「手伝ってもらえないか」という話もあるようだ。しかし、再度同じような環境で働くことはあまり考えていないという。

「中堅以上のしっかりした企業で働きたいと思っています」

Cさんはまだ20代半ばだ。そのため、中堅以上の企業では他の第二新卒と同じ土俵で選考されてしまうという。それはある程度仕方ないとしても、さらに別の問題もあるようだ。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
  • 参考になった0
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
  • その他の感想1
オススメ1
最新順 | 人気順 | 古い順
*****さんがその他の感想でオススメしました
2015/04/07

受け入れ企業側として、参考になりました。

1件中 1~1件を表示
  • 1

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

人材採用“ウラ”“オモテ”
転職サポートで重要な価値観の確認
「当たり前」も人によって違う
人材紹介会社の転職サポートは、求職者の希望に合わせて進めるのが大原則。ただ、しっかり転職条件や希望を聞き出して求人を紹介しても、なんとなく話がかみ合わないことが...
2020/11/04掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
コロナ禍の転職に焦りは禁物
キャリアチェンジにも影響が……
中途採用市場では、長らく売り手市場が続いてきた。しかし、コロナ禍で一転して先が見通せなくなってきた。特に影響を受けそうなのが、これまでとは違う分野での仕事に挑戦...
2020/10/01掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
企業訪問のハードルが高くなった影響は?
オフィスから読み取れる細かな社風
「職場の雰囲気や社風など、求人票だけではわからない情報を知りたい」という理由で人材紹介会社を利用する転職希望者は多い。だが最近は企業を直接訪問するハードルが高く...
2020/09/02掲載

関連する記事

酒場学習論【第12回】八戸「OLD SHOES」と転職者の受け入れ対応
気持ち的になかなか旅には出られないので、つい地方の酒場に想いを馳せます。今月ご紹介するのは、八戸「たぬき小路」にある「OLD SHOES」。素晴らしいバーです。
2020/09/18掲載編集部注目レポート
人材採用“ウラ”“オモテ”
憧れの地方移住、その実現可能性は?
リモートワークを前提とした転職支援を考える
新型コロナウイルス感染症の流行は、企業活動や働き方にもさまざまな影響を与えている。働き方の面では「リモートワーク」や「オンラインミーティング(ビデオ会議)」の普...
2020/08/03掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
キャリアアドバイザーが「推したくなる」会社
それは情報が豊富な会社かもしれない
人材不足の時代における採用活動は、よく「マーケティング」に例えられる。売り手市場では、自社をブランディングし、優秀な人材に好印象を持ってもらうことから始める必要...
2020/07/06掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
新型コロナウイルス感染拡大によって働き方が大きく変化
転職したばかりの人はどうなっているのか?
新型コロナウイルスの感染拡大により、社会全体でさまざまな予定や行事が変更を余儀なくされている。その中でもいちばん大きな影響を受けているのは「新入生」や「新入社員...
2020/06/08掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
“在宅勤務”は転職事情をどう変えるか
「オンライン面接」もごく普通に
新型コロナウイルスの感染拡大によって、多くの企業が時差出勤やテレワークといった働き方の変化を余儀なくされている。新しい働き方を経験したことによって、企業と従業員...
2020/05/08掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く<br />
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

人工知能(AI)技術をはじめとする近年のITの発達は、人事業務のあり方...