企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

キーパーソンが語る“人と組織”

就職率100%! 国際教養大学の教育プログラムに学ぶ、
“全人力”を養う人材育成の極意とは

国際教養大学 理事長・学長

鈴木典比古さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴木典比古さん  国際教養大学 理事長・学長

授業はすべて英語で行う、海外に留学しなければ卒業できない、新入生は外国人留学生とともに1年間の寮生活――。独自の厳しい教育環境で学生を鍛え上げ、 驚異の就職率100%を実現しているのが、2014年4月に開学10周年を迎えた国際教養大学(秋田市)です。教学理念はその名のとおり、「国際教養」。 グローバルに通じる“個”を確立するために、対話を通じて全人力を養う、真のリベラルアーツ教育を実践しています。そのけん引役である鈴木典比古学長に、 教育者としてはもちろん、専門の経営学者としての視点からも、国際教養大学ではなぜ企業の求める人材が育つのか、深く掘り下げていただきました。

Profile

すずき・のりひこ/1945年、栃木県生まれ。1968年一橋大学経済学部卒業。同大学大学院経済学修士。インディアナ大学経営学博士(DBA)。ワシン トン州立大学助教授、准教授、イリノイ大学助教授などを経て、国際基督教大学準教授、教授、学務副学長を歴任。2004年、同大学学長に就任し、2期8年 を務め、2012年に退任。2013年に国際教養大学理事長・学長に就任。国際基督教大学時代から一貫して「リベラルアーツ教育」を推進している。

対話を通じて“個”の確立を促す真のリベラルアーツ

国際教養大学は、わが国のグローバル人材育成をけん引する大学として、「国際教養」(International Liberal Arts)」を教学理念に掲げています。まず、国際教養とは何か、ご教示いただけますか。

「国際教養」とは、「教養」という言葉に「国際」という言葉を冠したもので、二つに分けて考える必要があります。まず教養は、英語のリベラルアーツ を翻訳した日本語ですが、私たちが現在、教養という言葉からイメージする概念は、リベラルアーツ本来の意味からかけ離れてしまいました。国際教養とは何か を論じるならば、やはりそのオリジナルであるリベラルアーツのところまで戻らなければいけません。では、リベラルアーツとは何かというと、これも ‘Artes Liberales’というラテン語にまで戻っていく。Artesはアートですね。本来は、技術や技芸を指します。Liberalesはリベラルですか ら、自由のための、自由になるための、といったような意味です。古代ギリシャやローマには「自由市民」と呼ばれる人々がいました。彼らが自由市民であるた めに身につけるべき技や技芸――それがリベラルアーツの起源なのです。

自由市民は、非奴隷の立場である一方、都市国家を運営する責任や兵役の義務も負っていました。そうした自由と責任を担う人材には、知力・体力・精神 力にリーダーシップやさまざまなスキルなども含む、いわゆる“全人力”が欠かせません。その典型的な例が、4年に1度開かれた古代オリンピックの選手たち でした。市民一人ひとりを、国を支えるリーダーとして育成するために、必要な全人力を養うことがリベラルアーツ本来の狙いと言えるでしょう。突き詰めれ ば、個人を育む、全人力をもった個の確立ということなんですね。では、リベラルアーツ教育の場において、全人力に秀でた個の確立がどのように行われるかと いうと、これはもう“対話”しかありません。教える側から教えられる側へ、知識を一方的に与えるというわけではないんですね。

対話とは要するに、「私はこう思う」「いや、僕はこう思う」というふうに自分の意見や視点をもち、それを交わし、戦わせることにほかなりません。自 分の意見がなければ、対話は成り立ちませんから。意見や視点を持つということは、個を持つこと。つまり、相互批評的な対話と個の確立はセットであり、自分 の意見を持って他者と対話することが、個をつくるリベラルアーツ教育の出発点なんです。

鈴木典比古さん Photo

対話のテーマは、基本的に何でもかまいません。音楽でもいいし、歴史でもいい。鍛え上げた肉体同士による“対話”もあるでしょう。古代ギリシャ発祥 の格闘技、ボクシングやレスリングがいい例です。しかし続けなければ、意味がありません。対話を重ね、ああでもない、こうでもないと自分の思考やスキルを 練り上げるほど、個は強くなるし、また個が強くないと、対話を続けることもできません。そういう広い意味での対話によって、切磋琢磨し、個を磨き合うのが リベラルアーツの本質であり、原理的な構造なんです。

「教養」という言葉は“広く、浅く”のイメージで受けとられがちですが、本来はそうではなく、アクティブなものなんですね。

そう、ただ静かに座って本を読むとか、講義を聴くというものではないんです。構造が非常にアクティブだし、主体的。個を確立するのは他でもない、自 分自身なんですから、主体的でなければいけません。「教養」という日本語からは、こういう学びの定義や構造はなかなか出てこないでしょうね。

では、「国際教養」という場合、それは、個を磨くための対話の相手やテーマがよりグローバルに広がっていく学びだと、理解すればいいのでしょうか。

その通りです。国と国との境が取り払われ、ヒト・モノ・カネがボーダーレスに動き回る時代を切り開いていくためには、対話力と全人力をもってグロー バルな社会に飛び込み、アクティブに行動していかなければなりません。そこで求められるのは、「私はこう思う」という個の強さであり、そうしたグローバル に通じる個を確立するのが国際教養の原理。ですから、英語ができればいいというだけではありません。もちろん英語は共通言語なので必須ですが、それを道具 立てとしながらリベラルアーツを体現できる人材を育成するのが、私たちの使命なんです。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
  • 参考になった0
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
  • その他の感想1
オススメ1
最新順 | 人気順 | 古い順
AAさんがその他の感想でオススメしました
大阪府 運輸・倉庫・輸送 2014/07/15

とても良いお話でした。

1件中 1~1件を表示
  • 1

キーパーソンが語る“人と組織”のバックナンバー

守屋実さん:
新規事業を50以上立ち上げたフリーランサーが語る
企業と「“解像度の高い”仕事のプロ」とのいい関係づくり
戦後長らく続いてきた日本の雇用制度が、見直しを迫られています。特に争点となるのが、終身雇用の是非です。人生100年時代の到来と労働力人口の減少が重なり、企業の生...
2020/03/23掲載
中原 淳さん:
日本企業の課題を解決する特効薬
多様な人材が活躍する時代に欠かせない「組織開発」の学び方と実践方法
人事分野において注目を集めている「組織開発」。なぜ今、組織開発がブームなのでしょうか。また、企業やチームは、いかにして組織開発を学び、実践していけばいいのでしょ...
2020/02/27掲載
源田泰之さん:
人事の常識や社内の慣行にとらわれない!
人と事業をつなぐミッションに挑み続ける“ソフトバンク流”人事改革
日本の人事部「HRアワード2019」企業人事部門 個人の部 最優秀賞に輝いた、ソフトバンク株式会社 人事本部 副本部長の源田泰之さん。ソフトバンクの採用・人材開...
2020/01/16掲載

関連する記事

「グローバル人材」育成のポイントがわかる記事9選
現在、日本企業の多くがグローバル展開を進めています。人材の面からそれらの事業を支えるのが人事の役割ですが、社員の語学力向上や、グローバルに通じるマインドセットな...
2017/07/04掲載『日本の人事部』編集部 厳選記事
井原慶子さん:
グローバルで女性が活躍するためには何が必要か
――レースクイーンから「世界最速の女性レーシング・ドライバー」になった井原慶子さんに聞く(後編)
~女性活躍推進には、「制度」よりも、まずは「ムーブメント」~
「前編」では、井原さんがカーレーサーとなり、欧州での厳しい生活環境の中、プロフェッショナルとして活躍するために、「今日やるべきことを、できるところまでやる」など...
2015/11/20掲載キーパーソンが語る“人と組織”
井原慶子さん:
グローバルで女性が活躍するためには何が必要か
――レースクイーンから「世界最速の女性レーシング・ドライバー」になった井原慶子さんに聞く(前編)
~極限の世界を生き抜くモチベーションの源泉~
ビジネスのグローバル化が進んでいますが、グローバル人材育成という面では日本企業は不十分と言えます。特にグローバルに活躍できる「女性」を育成できている日本企業は、...
2015/11/13掲載キーパーソンが語る“人と組織”
人事マネジメント「解体新書」第46回
「グローバル人材」の育成に向けて(後編)
グローバル化対応の「本質」に応えていくために、人材をどのように育成していくべきなのか、また、人事部はどのように対処していけばいいのか。
2011/04/25掲載人事マネジメント解体新書
【用語解説 人事キーワード】
スーパーグローバル大学
留職
待ったなしの「ハラスメント対策」。防止と早期解決に役立つサービスと選び方をご紹介。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

最短1営業日で従業員代表を選出しませんか Web採用説明会でエントリー30%UP

注目コンテンツ


「ハラスメント対策」に役立つソリューション特集

「ハラスメント対策」の早期解決とおすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!
new

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...


メンタルヘルス・健康経営セミナー<br />
職場の活力アップを考える

メンタルヘルス・健康経営セミナー
職場の活力アップを考える

人材不足、多様性、働き方改革など、近年は人材に関する環境が大きく変化。...