企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事白書調査レポート

「同一労働・同一賃金」賛成派は51.1%、反対派は39.4%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賛成派が51.1%、反対派が39.4%と、賛否については二分

政府は現在、正規や非正規といった雇用形態などにかかわらず、仕事の内容に応じて賃金を支払う「同一労働・同一賃金」の指針策定を検討しているが、これについて賛否を聞いた。「賛成する」(14.1%)、「どちらかと言えば賛成する」(37.0%)と、賛成派は合わせて51.1%で、半数を占めている。それに対して、「反対する」(13.6%)、「どちらかと言えば反対する」(25.8%)」と、反対派は合わせて39.4%で、約4割となっている。「同一労働・同一賃金」の賛否については、大きく二分された格好。ちなみに、「わかならい」と態度を保留するケースも9.6%と、1割近くあった。

図:同一労働・同一賃金への賛否(全体)
同一労働・同一賃金への賛否(全体)

社会人経験年数の短い人は賛成派、長い人では反対派が多い

「同一労働・同一賃金」の賛否について、回答者の社会人経験年数別に結果をみると、社会人経験年数の短い人は賛成派、長い人では反対派が多いことがわかる。具体的には、社会人経験が5年以下では賛成派が実に83.3%に及び、6~10年でも55.8%となっている。それに対して、31~40年では反対派が43.5%、41年以上では57.2%に達している。

図:同一労働・同一賃金への賛否(社会人経験年数別)
同一労働・同一賃金への賛否(社会人経験年数別)
【本調査結果の二次利用について】
  • 引用する場合は、出典を明記してください。
    <表記例> 出典:『日本の人事部 人事白書2016』
  • 転載する場合は、必ず当社までお問い合わせください。
【調査概要】
実施時期 2016年3月10日~3月23日
調査対象 『日本の人事部』会員
調査方法 インターネット調査
回答数 のべ4036社 4130人
回答者属性 企業の人事・経営者
(管理職(経営者・役員含む) 81.4%、非管理職 18.6%)
質問数 164問
質問項目 1. 戦略人事 /2. 採用(新卒) /3. 採用(中途) /4. 育成(新入社員) /5. 育成(中堅・ミドルマネジャー) /6. 育成(経営人材) /7. 制度・評価・賃金 /8. 法改正 /9. ダイバーシティ /10. ワークスタイル・働き方 /11. テクノロジー活用 /12. 人事のキャリアと学び

出典:「日本の人事部 人事白書2016」

「日本の人事部 人事白書2016」

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事白書 調査レポートのバックナンバー

新型コロナウイルス感染症に対し、半数以上の企業が働き方の変更や、対策範囲・時期の判断に課題を感じている
『日本の人事部 人事白書2020』から、新型コロナウイルス感染症に対する企業の対応についての調査を紹介します。
2020/05/20掲載
エンゲージメントサーベイを「行っている」企業は約4割、「行っていない」企業は約6割
自社従業員のエンゲージメントの状態を調べる「エンゲージメントサーベイ」を、実施しているかどうかを聞いたところ、「行っている」は35.9%。「行っていない」は57...
2019/12/03掲載
今後最も活用したいデータは「評価情報」、活用する上で留意する点は「目的の明確化」
人事担当者に人事のデータ活用について聞いたところ、今後最も活用したいデータは「評価情報」、活用する上で留意する点は「目的の明確化」であることがわかった。
2019/12/02掲載

関連する記事

説明できる? 「あの人の方が給料が高い」理由
「同じ仕事なのに賃金が低いのはどうして?」 勤続が長く仕事の隅々まで理解したベテランパートよりも、何も知らない・できない 新人社員の方が賃金が高い、というのはよ...
2019/02/26掲載新卒・パート/アルバイト調査
「働き方改革」推進に向けての実務(1)同一労働・同一賃金など非正規雇用の処遇改善
ここでは「働き方改革」の代表的な施策についてその目的・課題と実務上のポイントを整理する。
2017/03/31掲載よくわかる講座
株式会社時事通信社
採用難、仕事の変化へどう対応していくか?
時事通信社では派遣社員や契約社員を正社員へと登用し、戦力化していくなど、従来にはなかった採用手法に積極的に取り組んでいる。なぜなら、人気のマスコミ業界にあっても...
2008/03/24掲載となりの人事部
山田久さん
正社員と非正社員の処遇格差を是正するには
働く人の3人に1人が非正社員という状況を背景に、正社員と非正社員の処遇格差をなくしていこうという動きが活発化しています。安倍内閣が「再チャレンジ支援策」の柱に掲...
2007/05/28掲載キーパーソンが語る“人と組織”
石原久美さん
ヘッドハンターが教える「高く売れる人」の法則
ヘッドハンターは有能な人材をどのように探し、「高く売れる人材」「タダでも採らない人材」をどこで見分けるのでしょうか。また、企業がヘッドハンターを使うときに気をつ...
2005/02/21掲載キーパーソンが語る“人と組織”
【用語解説 人事キーワード】
ADR
非正規公務員
同一労働同一賃金推進法

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

あなたの会社の健康労務費見直しませんか?

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人事担当者のお悩みにお答えします。<br />
こんな時どうする?~メンタルヘルス相談室

人事担当者のお悩みにお答えします。
こんな時どうする?~メンタルヘルス相談室

「メンタルヘルス対策」は、あらゆる企業にとって重要な人事施策のひとつ。...


ピンチをチャンスに。<br />
新型コロナウイルス対策を機に中小企業も時代を見据えた働き方へ

ピンチをチャンスに。
新型コロナウイルス対策を機に中小企業も時代を見据えた働き方へ

働き方改革が進むなか、2020年4月から施行された中小企業の時間外労働...