企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

人事白書調査レポート2020 評価賃金
同一労働同一賃金の施行直前、約7割が対応不十分

「完了した」は約3割。7割以上が完了しておらず、進捗状況としては不十分

同一労働同一賃金が適用されると回答した企業に、同一労働同一賃金に関する対応の進捗状況を聞きました。結果を見ると、「完了した」は28.6%と約3割にとどまっています。一方、「ほぼ完了した」は45.1%、「一部完了した」が21.4%となっており、「まったく行っていない」企業も4.9%ありました。程度の差はありますが、合わせて7割以上が完了していないことがわかります。本調査は、適用直前(2020年3月16日~4月10日)に実施しましたが、進捗状況としては不十分と言えます。

●「完了した」は約3割。7割以上が完了しておらず、進捗状況としては不十分(全体)

「完了した」は約3割。7割以上が完了しておらず、進捗状況としては不十分(全体)

「同一労働同一賃金ガイドライン」の閲覧やセミナー受講など、幅広く対応

また、対応策として、具体的に実施したことを聞きました。最も多いのは「厚生労働省が発表している『同一労働同一賃金ガイドライン』の閲覧」で、83.0%を占めました。僅差で「『同一労働同一賃金ガイドライン』以外のものによる情報収集(Web・紙媒体など)」(79.1%)が続き、以下、「同一労働同一賃金に関する民間企業によるコンサルティングやセミナー受講」(50.5%)、「公的機関への相談やセミナー受講」(28.6%)、「キャリアアップ助成金の支給申請」(8.2%)となっています。「特にない」は6.0%と少なく、多くの企業が同一労働同一賃金の適用に向けて、主に情報収集をさまざまな手段で行っていたことがわかります。

●「同一労働同一賃金ガイドライン」の閲覧やセミナー受講など、幅広く対応(全体)

「同一労働同一賃金ガイドライン」の閲覧やセミナー受講など、幅広く対応(全体)

本誌ではさらに、対応への課題などを掲載!

【調査概要】
実施時期2020年3月16日~4月10日
調査対象『日本の人事部』正会員
調査方法Webサイト『日本の人事部』にて回答受付
回答数4,620社、4,783人(のべ)
質問数168問
質問項目1.戦略人事/2.採用/3.育成/4.評価・賃金/5.ダイバーシティ/6.働き方/7.HRテクノロジー/8.新しい人事課題

出典:『日本の人事部 人事白書2020』

「日本の人事部 人事白書」

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事白書 調査レポートのバックナンバー

障がい者雇用率2.5%以上の企業は16.4%
今後の雇用には前向き
障がい者雇用率について聞きました。多かったのは、「0.5%未満」(23.3%)と「2%以上2.5%未満」(22.8%)の二つです。以下、「1.5%以上2%未満」...
2020/11/24掲載
高業績者と低業績者で「賃金格差」があるのは4社に3社
「上位役職者と下位役職者」「高スキル保有者と低スキル保有者」「高業績者と低業績者」でどれぐらい賃金格差があるかを聞きました。
2020/11/10掲載
従業員を育成できていると「あまり感じない」企業が過半数
『日本の人事部 人事白書2020』から、「育成」の調査結果の一部をご紹介します。
2020/10/27掲載

関連する記事

副業・兼業を「認めていない」企業が6割近く
従業員の「副業」「兼業」を認めているかどうかを聞いたところ、最も多かったのは「認めていない」で6割近くを占めました。肯定・黙認の割合は37.0%ですが、この約半...
2020/09/01掲載人事白書 調査レポート
半数近い企業がダイバーシティを推進。取り組み開始5年以内は感じる効果が低め
『日本の人事部 人事白書2020』から、ダイバーシティの調査結果を紹介します。
2020/08/18掲載人事白書 調査レポート
カギは「企業の繁栄」と「労働者の幸せ」の両立
組織の強みを引き出す、法との向き合い方
慢性的な長時間労働に歯止めをかける時間外労働の上限規制、雇用形態によらず仕事内容に見合う待遇を設ける同一労働同一賃金、そして、企業が職場のパワーハラスメント防止...
2020/07/08掲載編集部注目レポート

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


メンタルヘルス・健康経営セミナー<br />
職場の活力アップを考える

メンタルヘルス・健康経営セミナー
職場の活力アップを考える

人材不足、多様性、働き方改革など、近年は人材に関する環境が大きく変化。...