企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

『ビジネスガイド』提携

五輪、災害対策で需要急増!
ボランティア休暇制度
導入の手順と留意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1.現状

先般発表された平成30年就労条件総合調査(厚生労働省)によると、特別休暇制度の導入企業は全体の約6割となっていますが、そのうちボランティア休暇を導入している企業は全体の4.3%(前回の平成25年調査では2.8%)です。企業規模によって導入の有無に大きな差があり、1、000人以上の企業では22.8%(同23.0%)が導入していますが、100人未満の企業の場合は2.4%(同1.5%)となっています。ボランティア休暇の導入企業は全体では増えていますが、中小企業にとってはまだまだ少ないことがわかります。

導入している企業のボランティア休暇時の賃金の支給状況をみると、企業規模により多少差がありますが、全額支給が74.6%、一部支給が12.2%、無給が13.3%となっており、また、1企業平均1回当たりの最高付与日数(各企業の休暇制度で定められている最高付与日数の平均)は31.8日となっています。
平成29年の東京都の「中小企業の賃金事情」でも、従業員300人未満の企業のうちボランティア休暇制度がある中小企業は3.5%にとどまっており、付与日数は4割強の企業で1~5日となっています。


次のページ
導入事例
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人事・労務関連コラムのバックナンバー

悪質クレームに対応する従業員ケアの必要性と対策
年々増加する不当クレーム・悪質クレーマーから従業員を守るにはどうしたらいいのでしょうか。ここでは、クレーム対応の考え方や、体制整備の進め方について解説します。
2020/01/17掲載
五輪、災害対策で需要急増!ボランティア休暇制度 導入の手順と留意点
多発する災害や五輪でのボランティア需要などから、ボランティア休暇制度の導入を検討する企業の増加が見込まれます。今回は、ボランティア休暇制度を導入する場合の手順と...
2019/11/22掲載
外国人労働者が関係する労組トラブル対応最前線
相次ぐ外国人技能実習生の失踪などから、長時間労働や過重労働をめぐって紛争につながるケースが多発しています。外国人労働者が関係する労使トラブルの最新事例と、具体的...
2019/09/05掲載

関連する記事

勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

電車が遅延?間に合わない時はWeb会議で 残業削減、隠れ残業にはタイムクリエイター

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く<br />
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

人工知能(AI)技術をはじめとする近年のITの発達は、人事業務のあり方...


「先端技術を先端で支える」人材を海外留学で育成

「先端技術を先端で支える」人材を海外留学で育成

半導体の試験装置(テスター)を開発・生産し、世界中の顧客企業へ技術、商...