無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

田中潤の「酒場学習論」
【第16回】秋田「永楽食堂」と幅のある人事制度設計

株式会社Jストリーム 管理本部 人事部長

田中 潤さん

Jストリーム 人事部長  田中潤の「酒場学習論」

古今東西、人は酒場で育てられてきました。上司に悩み事を相談した場末の酒場、仕事を振り返りつつ一人で呑んだあのカウンター。あなたにもそんな記憶がありませんか。「酒場学習論」は、そんな酒場と人事に関する学びをつなぎます。

なかなか酒場にお邪魔しにくい状況が続いています。このような状況の中で生半可ではない苦労をされている酒場の皆さまを思うと、何ともいえない気分に陥ります。しかし、酒場の皆さまを応援する気持ちも込めて、この連載は続けさせていただきたいと思います。

今回は、食堂呑みの話をしたいと思います。酒場と食堂の定義の違いについては、喧々囂々の議論が成り立ちそうですが、あまり難しいことを気にする必要はありません。酒場呑み同様に、食堂呑みにも実に楽しいものがあります。特に地方を旅するときには、素敵な食堂によく出会うことができます。今日はそんな食堂の代表選手として、秋田駅からほど近い「永楽食堂」をご紹介します。

堂々たる外観。ここは御食事処です。

堂々たる外観。ここは御食事処です。

さて、この食堂、誰もが「永楽食堂」と呼ぶのですが、のれんには「御食事処永楽」と書かれています。まあ、「御食事処」とあるくらいですから、食堂であることを自認していることは間違いないでしょう。夜に行きますと、もう立派な素晴らしい風格の酒場そのものですが、ランチ時は定食メニューがしっかりと出る、まさに食堂です。壁のメニューには、ラーメンもオムライスも焼肉定食もあります。きっと夜にオーダーしても、心よく出してくれることと思います。どの定食を頼んでも、呑みたくなってしまうことは間違いないとは思いますが。

店内の壁には、実に豊富なアテのメニューの表示が並びます。食堂呑みは一人でしっぽりとやるのも楽しいのですが、何人かでお邪魔するからこそ楽しめる点もあります。人数が増えた分だけ、さまざまなメニューを注文できるからです。ただし、宴会ではないので大人数過ぎてもいけません。

アテのメニューがたくさん。別の壁には日本酒メニューと定食メニュー。

アテのメニューがたくさん。別の壁には日本酒メニューと定食メニュー。

このときは、現地集合・現地解散で、呑み歩いている酒呑み仲間と3人でお邪魔しました。まだ早い時間なのですが、私はこの時点ですでに3軒目。そこそこ腹も満たしてきたのですが、ここは食堂ですからさらに食べ続けます。まず、酒はやはり秋田だと高清水ですね。実はこの食堂、極めて豊富な日本酒メニューがあることで有名なのですが、私は高清水を続けます。そして、お通しに続けて頼むのはカレーです。酒場でもカレーはよく見かけるようになりましたが、食堂ですから当然カレーがあります。食堂呑みにおいてカレーは万能です。サラダでも揚げ物でも、カレーをかけると一味違ったメニューになります。食堂呑みでのカレーは調味料なのです。この夜も、カレーは大活躍しました。カレーライスではなく、「カレールー300円」というメニューがあるところあたり、酒呑み心を実に理解している食堂だといえます。この場合、ライスは不要なのです。

存在感に満ち溢れるカレールー。次々とアテがカレーにまみれていきます。

存在感に満ち溢れるカレールー。次々とアテがカレーにまみれていきます。

食堂呑みの楽しさは、こういった「幅の広さ」にあるのかなと思います。昼の食堂呑みでは、酒を呑む客の隣のテーブルで、部活帰りの高校生がカツ丼をほおばっていたり、小さい兄弟をつれたお婆ちゃんがいたりと、酒場とはちょっと違った幅広い客層を味わえます。メニューもさまざまですから、一人ひとりのお客さまなりの使い方の幅の広さ、自由さがあります。定食の前に一本だけビールを呑んでもいいですし、居酒屋づかいで〆は省略してしまうことも可能です。この幅の広さが、私たちの気持ちをゆったりとさせるのかもしれません。

人事制度を設計する際にも、幅の広さを考えます。幅の広い人事制度という際の「幅」とは、現場に運用を委ねる「幅」のことです。新卒採用一辺倒の時代は、極めて幅の狭い人事制度でもあまり問題はありませんでした。しかし、もはやどの企業でも社内は多様性を極めています。当然、人事制度も多様性に対応したものである必要があり、複線的な要素であるとか、選択的な要素を多く取り込んだ制度をつくらなければなりません。

しかし、すべてのケースにベストマッチすることは不可能ですし、人事部が想定していないケースが社内に存在していたりすることもありえます。ですので、現場で判断したり、決めたりすることができるような幅をある程度、人事制度には持たせる必要が出てきているように感じます。また、現場を預かる立場の人たちも、よりよい事業運営を期すために、自分たちに幅を委ねることを求めるようになってきています。

しかし、会社として譲れないものもあります。「これだけはどんな職場であろうと、どんな職種であろうと、新卒だろうと中途だろうと、この会社にとって大切なのだから同じ基準でガチっといきたい」といったこともあるでしょう。このあたりをしっかりと判断して、人事制度の設計を行う必要があります。

幅をもった人事制度をつくる場合も、単純に判断を現場に委ねるだけでは混乱します。ある程度のガイドラインを一緒につくり込み、運用も伴走するといった、キメの細かい人事部の対応が必要になります。これは幅のない人事制度をつくるよりも、随分と大変なことです。しかし、今の時代では、幅のない人事制度はあっという間に陳腐化してしまうのではないかとも思います。

食堂呑みで楽しめる幅の広さから、人事制度の幅の話になりました。人生自体を考えても、幅を広くもった人生の方が豊かなのではないのか、という気がします。私たちの行動の幅を極端に狭めている今の事態を早く収束させるためにも、一人ひとりができることをしていきましょう。

高清水とお通し、長い夜が始まります。すでに3軒目ですが。

高清水とお通し、長い夜が始まります。すでに3軒目ですが。


田中 潤さん(株式会社Jストリーム 管理本部 人事部長)
田中 潤
株式会社Jストリーム 管理本部 人事部長

たなか・じゅん/1985年一橋大学社会学部出身。日清製粉株式会社で人事・営業の業務を経験した後、株式会社ぐるなびで約10年間人事責任者を務める。2019年7月から現職。『日本の人事部』にはサイト開設当初から登場。『日本の人事部』が主催するイベント「HRカンファレンス」や「HRコンソーシアム」への登壇、情報誌『日本の人事部LEADERS』への寄稿などを行っている。経営学習研究所(MALL)理事、慶応義塾大学キャリアラボ登録キャリアアドバイザー、キャリアカウンセリング協会gcdf養成講座トレーナー、キャリアデザイン学会代議員。にっぽんお好み焼き協会監事。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

「酒場学習論」のバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
職能資格制度