企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

『アイデム』提携

説明できる? 「あの人の方が給料が高い」理由

アイデム人と仕事研究所

古橋 孝美(ふるはし たかみ)

同じ仕事なのに賃金が低いのはどうして?

勤続が長く仕事の隅々まで理解したベテランパートよりも、何も知らない・できない新人社員の方が賃金が高い、というのはよく聞く話です。パート側からすれば、「同じ仕事なのに、なぜ私よりもあの人の方が…」と不満に感じる方もいるのではないでしょうか。

『平成29年版パートタイマー白書』でも、実際にそのような傾向が見られます。まず、勤務先で同じ内容の仕事をしている正社員がいるかを聞いたところ、「同じ内容の仕事をしている正社員がいる」が30.5%、「一部同じ内容の仕事をしている正社員がいる」が33.7%。

■図1:同じ内容の仕事をしている正社員はいるか

さらに、「同じ内容の仕事をしている正社員がいる」または「一部同じ内容の仕事をしている正社員がいる」と回答したパート・アルバイトに、その正社員と自分の責任の程度がどのようになっているのかを聞きました。

すると、74.8%が「責任の程度は異なる」と回答しましたが、一方で「責任の程度は同じ」と回答したパート・アルバイトも20.0%いました。

■図2:正社員との責任度合いの違い

正社員との責任度合いの違い

また、同様に「同じ内容の仕事をしている正社員がいる」または「一部同じ内容の仕事をしている正社員がいる」と回答したパート・アルバイトに、その正社員と自分の賃金を時間給で比較してもらうと、85.7%が「自分の方が低いと思う」と回答しました。正社員と同じもしくは一部重複する仕事をしていても、責任の重さは異なることが多く、賃金も低いというのが大半のようです。

■図3:正社員との賃金格差

正社員との賃金格差

では、パート・アルバイトは「なぜ賃金が低いのか」納得しているのでしょうか。図3の正社員との賃金格差について、「自分の方が低いと思う」と回答したパート・アルバイトにその納得度を聞いたところ、正社員と仕事内容の重複度合、責任度合いによって納得度に違いが出ていました。

まず、正社員との仕事内容の重複度合で見ると、正社員よりも賃金が「低いことは納得できる」のは、「同じ内容の仕事をしている正社員がいる」パート・アルバイトで62.7%、「一部同じ内容の仕事をしている正社員がいる」パート・アルバイトで67.1%でした。正社員との仕事内容の重複度合が一部にとどまっているパート・アルバイトの方が、正社員との賃金格差に対する納得度が高い結果です。

次に、正社員との責任度合の違いで見ると、「低いことは納得できる」という回答が「責任の程度は異なる」パート・アルバイトでは71.5%に上るのに対し、「責任の程度は同じ」パート・アルバイトでは39.9%と大きく減少します。そして、賃金格差へのささやかな不満が感じられる「低いことは仕方がないが、もう少し格差を小さくしてほしい」の割合は、「責任の程度は同じ」パート・アルバイトで41.8%(「責任の程度は異なる」パート・アルバイト:24.4%)に上ります。正社員と同じような責任を担っているからこそ、なぜそこに賃金格差が生じるのか納得ができないということのようです。

低いことは
納得できる
低いことは仕方ないが、もう少し格差を小さくしてほしい 低いことは
納得できない
65.1 28.1 6.8
仕事内容の
重要度合い
同じ内容の仕事をしている
正社員がいる
62.7 27.4 9.9
一部同じ内容の仕事をしている正社員がいる 67.1 28.7 4.2
責任度合い 責任の程度は同じ 39.9 41.8 18.4
責任の程度は異なる 71.5 24.4 4.1
わからない 52.3 38.6 9.1

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

新卒・パート/アルバイト調査のバックナンバー

採用面接経験者の98.4%が悩み「あり」
「採用面接でのあなたの悩み・課題は?」というテーマでアンケート調査を実施した ところ、悩みの原因の上位3位に共通する課題が浮かび上がってきました。 採用面接の現...
2019/09/19掲載
平成は非正規雇用拡大時代~パート賃金クロニクル~
パート・アルバイトの時給は、平成という時代の中でどのように変化してきたのでしょうか。非正規雇用に着目し、時代背景を踏まえつつ振り返ってみました。
2019/08/19掲載
子どもの夢は親次第?
「子どもたちに大人の“働く”姿がどのように写り、自分たちの将来に向けた職業・就労観にどんな影響があるのか」に関するデータを紹介します。
2019/06/20掲載

関連する記事

業務効率化と労務管理リスク回避をかなえる
おすすめ勤怠管理システムと選び方
働き方改革関連法の改正を受けて、勤怠管理の重要性が再認識されています。従業員の勤怠状況を正確に把握しなければならない一方で、働き方が多様化し、管理者側の業務負荷...
2020/01/08掲載人事支援サービスの傾向と選び方
人事マネジメント「解体新書」第118回
「法改正」が進む中で人事部に必要な「法対応」スキルとは(後編)
「公的資料」を使って「働き方改革関連法」を徹底理解する
近年、労働に関する「法改正」が進展する中、人事担当者の「法律」(労働関連法令)への正しい理解と適切な対応は、需要なスキルとなっている。「後編」では「働き方改革関...
2019/11/21掲載人事マネジメント解体新書
人事マネジメント「解体新書」第117回
「法改正」が進む中で人事部に必要な「法対応」スキルとは(前編)
厚生労働省などの「公的資料」をいかに読み抜くか
近年、「働き方改革関連法」の施行や「パワハラ防止法」の成立に代表されるように、人事部の業務に関連する「法改正」の動きが一段と活発化している。そのため、人事の仕事...
2019/11/13掲載人事マネジメント解体新書
人材採用“ウラ”“オモテ”
ハードワーク体験がトラウマに 年収が下がっても日系企業を希望する理由とは
世界的な外資系企業への内定が決まったにもかかわらず、あえて日系企業への転職を希望する求職者。そこにはあるトラウマが影を落としていた。
2019/10/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
従業員満足度調査をめぐる状況(2018年労務行政研究所調査)
大手企業では3割が実施。従業員満足度に関する取り組みは拡大傾向に。
2019/08/05掲載人事・労務実態調査

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

事業戦略を支える人事の挑戦 従業員の自律的なキャリア開発を支援する

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


3年目社員の「賢い」育て方 (第1回)

3年目社員の「賢い」育て方 (第1回)

「若手社員の約3割が、入社から3年以内で退職している」といわれる。今や...


~管理職・マネージャーに必要なコミュニケーション~

~管理職・マネージャーに必要なコミュニケーション~

近年、企業を取り巻くさまざまな環境変化により、組織内における上司と部下...