無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

「新卒採用コンサルティング」とは

新卒採用コンサルティングの特性

1)変化の大きい新卒採用市場に対応

新卒採用は、毎年のトレンドの変化が非常に大きい市場だ。景気の動向によって企業の採用規模は変動しやすく、学生数や教育内容、学生の気質なども年々変 わっていく。それらの情報をいち早く入手し、的確に分析、対応していく必要がある。しかも、新卒採用は一年をワンサイクルとするため、どこかでつまずくと 翌年までリカバリーがきかない一発勝負でもある。新卒採用コンサルティング会社は、人事部だけでは難しい新卒採用に関する情報収集、情勢分析、対策立案、 業務効率化などに強い専門家集団として、的確なアドバイスを期待される存在だ。

2)ニュートラルな提案が可能

新卒採用関連の各種サービスを取り扱う企業でも、新卒採用市場の動向に関する情報を提供している。しかし、ソリューション提案という面から見ると、どうし ても自社のサービスや商品を活用する提案が主体になってしまう傾向がある。その点、提言やアドバイス自体を主力サービスとする採用コンサルティング会社 は、新卒関連サービスをすべて俯瞰する立場から、ニュートラルな戦略・戦術の提案ができることが強みだ。

3)採用成功までの徹底的なコミットも

採用戦略を提案するだけでなく、採用プロジェクトの進捗にあわせて、面接・選考に関するアドバイス、内定出しの順番や説得のためのツール作成、面接官やリ クルーターのトレーニングなど、実務に近いレベルまで踏み込んで支援するコンサルティング会社が増えている。中には、提案+実行力(アウトソーシングな ど)という形でサービスを提供するケースもある。こうした採用コンサルティング会社は、クライアント企業との二人三脚で採用成功までコミットしていく。

4)先進的な採用手法の研究・開発

時代背景に即して新卒採用のスタイルや手法も変化する。採用コンサルティング会社には、現状にどう対応するかを提案するだけでなく、「今後どうあるべき か」という視点で新たな採用スタイルや手法を研究・開発しているところも多い。採用や人事組織面で先進的な取り組みを行っていきたい企業にとって、そうし た採用コンサルティング会社は絶好のパートナーとなるだろう。

5)人事組織、経営全般の中に新卒採用を位置づける

「社員の意欲が低下しているのではないか」「業績が思ったように伸びない」。こうした経営課題に、フレッシュな人材を投入して対応することは十分に可能 だ。しかし、単に新人を採用しても組織自体に問題があれば、うまく定着しない可能性が高い。また、それ以前に優秀な人材から、魅力的な職場とは思ってもら えないだろう。そのため、新卒採用と組織や業務の変革は、ワンセットで行う必要がある。自社内だけで、あるいはその他の新卒関連サービスを利用すること で、この課題に立ち向かうことはかなり難しい。採用コンサルティングの専門企業が、大いに力を発揮する場面といえるだろう。

新卒採用.jp―新卒コンサルティング

『日本の人事部』編集部が取材・作成。「新卒採用―新卒コンサルティング」の活用方法や業界の代表的企業の最新情報などコンテンツが満載。

企業の「新卒コンサルティング」の傾向と対策がわかるサイト 『新卒採用.jp―新卒コンサルティング』はこちら。

HRソリューションの傾向と選び方のバックナンバー

関連する記事