企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人材採用“ウラ”“オモテ”企業・求職者・人材紹介会社の「転職」三角関係

後向きな理由から始まる、前向きな転職理由

2016/02/01
企業は気にするところ
転職理由はポジティブな方が良い?
人材紹介を行うにあたって欠かせないのが転職相談。転職を希望する人たちとキャリアアドバイザーとの直接面談だ。そこで最初に確認するのが「転職理由」である。転職後のミスマッチを防ぐための最重要ポイントとなるからだ。そして、多くの人の転職理由を聞いていて気づくのは、ほとんどの転職が最初は「ネガティブな理由」から出発しているということだ。
(1/2ページ)

ほとんどはネガティブな転職理由

「今日のこの『面談』は、企業での『面接』とはまったく別のものです。ですから、転職理由に関してもぜひ本音をお聞かせください。転職したいと思った原因を正しく知っておくことは、求人情報をご紹介する上でとても大切なことなんです」

転職相談で転職理由を聞く時には、まずこういった説明から入る。転職経験のある人、それも人材紹介を使っての転職に慣れている人以外は、転職相談といっても一種の「面接」のように感じてしまうもの。その結果、転職理由をきいても最初は建前しか言ってくれないケースも意外に多いのである。

Photo

「キャリアアップしたいと思って転職を考えました」という人によく聞いてみると、「今の会社は給料が安くてやってられない」というのが本当の理由だったりする。あるいは、キャリアアップとはまったく関係のない「人間関係」が理由だったこともあった。転職は初めてという人たちも含めて、社会人経験のある人は誰もが新卒の時に就職活動を経験している。「どんな理由だと企業ウケがよくて、どんな理由だとウケがわるいか」を本能的に知っているから、なかなか本音は話してくれない。そこを短時間でしっかり聞き出して確認するのも、キャリアアドバイザーに必要なテクニックだ。

「ここで本音をお話しになっても、私どもからそのまま企業側にお伝えすることはありませんから安心してください。逆に本音をうかがえないと、企業をご紹介する際にピントはずれの紹介になってしまう可能性も出てきます。それでは、お互いに効率が悪いですよね」

ここまでいえばほとんどの人が理解して本当の理由を話してくれる。その結果として感じるのは、「たいていの人はネガティブな理由で転職活動を始める」ということだ。当然かもしれないが、現職に何の不満もないのに転職しようとする人はいないということである。

人材紹介会社のシステムをある程度知っている人の場合、噛んで含めるような説明をしなくても、最初から本音全開でしゃべってくれることもある。

「ルーティンワークでやりがいがない」「上がつかえていて昇進できない」「業界全体が先細り」「仕事をまかせてもらえない」「残業や休日出勤が多すぎる」「年収が物足りない」「留学経験を生かせる仕事をさせてもらえない」など、いくらでも出てくる。

しかし、これらは企業を紹介する際の重要なヒントとなる。紹介会社の立場からすると、言ってくれることがありがたい言葉なのだ。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

人材採用“ウラ”“オモテ”
トップ自らが面接するベンチャー企業
採用の意思決定は速いはずが……
経営はスピードが重要だといわれる。人材採用にも似たところがある。優秀な人材はいくつもの企業で奪い合いになるため、のんびりしていると他社に採られてしまうからだ。そ...
2020/01/07掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
「入社辞退されても大丈夫」という会社
はたしてその真意は…
人材紹介会社の紹介手数料は、多くの場合、入社して初めて費用が発生する「完全成功報酬制」である。したがって内定後に辞退されても、企業側には金銭的負担が一切ない。と...
2019/12/02掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
週末出勤や夜勤が前提の転職 社会を支える大事な仕事だが
残業が多い仕事や休日出勤が頻繁にある仕事だと言われたら、できるだけ避けたいと考えるのが、転職活動をしている人の本音だろう。では、もともと平日が休みで週末は出勤と...
2019/11/05掲載

関連する記事

人材採用“ウラ”“オモテ”
何かウラがあるのでは……?と勘ぐってしまう超ポジティブな転職理由
人材紹介会社が転職支援を行う際、重視するのが「転職理由」。 妙にポジティブすぎる転職理由に、本音を隠しているのではと不安になることも。
2019/09/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
「あの人と一緒に働きたい」という入社動機
入社する企業を決める理由は人それぞれ。面接官の考え方などに共鳴し、「この人と一緒に働きたい」という気持ちが決め手になることもある。しかし、それだけで入社を決めて...
2019/06/05掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ” 
応募先は、紹介会社のコンサルタントに教えるべき?
人材紹介会社では、履歴書や職務経歴書をはじめ、転職希望者のさまざまな個人情報を扱う。そのため、これらを預かるだけの信頼に応えられる体制を、しっかり整えることが大...
2019/03/07掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
面接では言えない転職理由
中途採用の際に必ず確認される「転職理由」。企業側からは前向きな理由が好まれるが、実際には全員が前向きな理由で転職を考えるわけではない。時には、面接では言えないよ...
2019/01/07掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
条件が異なる人材を紹介できるか
「医大の入試で女子受験生が一律減点されていた」というニュースが広く注目された。入試と同様に性別で機会を制限してはならない、企業の「人材採用」。ただ、人材紹介会社...
2018/09/05掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

残業削減、隠れ残業にはタイムクリエイター 電車が遅延?間に合わない時はWeb会議で

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


エンゲージメントサーベイの選択眼を養う<br />
~押さえたい設計の基礎と判断軸~

エンゲージメントサーベイの選択眼を養う
~押さえたい設計の基礎と判断軸~

従業員に長く活躍してもらうために、いかに組織の土台を作り上げていけばい...


人を採り、定着させる人材戦略を「昼食」が支える!<br />
単なる福利厚生ではない「食事補助システム」の活かし方とは?

人を採り、定着させる人材戦略を「昼食」が支える!
単なる福利厚生ではない「食事補助システム」の活かし方とは?

近年、社員を取り巻く生活環境や価値観・就労観の変化などにより、企業にお...