企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人材採用“ウラ”“オモテ”企業・求職者・人材紹介会社の「転職」三角関係

後向きな理由から始まる、前向きな転職理由

2016/02/01
企業は気にするところ
転職理由はポジティブな方が良い?
人材紹介を行うにあたって欠かせないのが転職相談。転職を希望する人たちとキャリアアドバイザーとの直接面談だ。そこで最初に確認するのが「転職理由」である。転職後のミスマッチを防ぐための最重要ポイントとなるからだ。そして、多くの人の転職理由を聞いていて気づくのは、ほとんどの転職が最初は「ネガティブな理由」から出発しているということだ。
(1/2ページ)

ほとんどはネガティブな転職理由

「今日のこの『面談』は、企業での『面接』とはまったく別のものです。ですから、転職理由に関してもぜひ本音をお聞かせください。転職したいと思った原因を正しく知っておくことは、求人情報をご紹介する上でとても大切なことなんです」

転職相談で転職理由を聞く時には、まずこういった説明から入る。転職経験のある人、それも人材紹介を使っての転職に慣れている人以外は、転職相談といっても一種の「面接」のように感じてしまうもの。その結果、転職理由をきいても最初は建前しか言ってくれないケースも意外に多いのである。

Photo

「キャリアアップしたいと思って転職を考えました」という人によく聞いてみると、「今の会社は給料が安くてやってられない」というのが本当の理由だったりする。あるいは、キャリアアップとはまったく関係のない「人間関係」が理由だったこともあった。転職は初めてという人たちも含めて、社会人経験のある人は誰もが新卒の時に就職活動を経験している。「どんな理由だと企業ウケがよくて、どんな理由だとウケがわるいか」を本能的に知っているから、なかなか本音は話してくれない。そこを短時間でしっかり聞き出して確認するのも、キャリアアドバイザーに必要なテクニックだ。

「ここで本音をお話しになっても、私どもからそのまま企業側にお伝えすることはありませんから安心してください。逆に本音をうかがえないと、企業をご紹介する際にピントはずれの紹介になってしまう可能性も出てきます。それでは、お互いに効率が悪いですよね」

ここまでいえばほとんどの人が理解して本当の理由を話してくれる。その結果として感じるのは、「たいていの人はネガティブな理由で転職活動を始める」ということだ。当然かもしれないが、現職に何の不満もないのに転職しようとする人はいないということである。

人材紹介会社のシステムをある程度知っている人の場合、噛んで含めるような説明をしなくても、最初から本音全開でしゃべってくれることもある。

「ルーティンワークでやりがいがない」「上がつかえていて昇進できない」「業界全体が先細り」「仕事をまかせてもらえない」「残業や休日出勤が多すぎる」「年収が物足りない」「留学経験を生かせる仕事をさせてもらえない」など、いくらでも出てくる。

しかし、これらは企業を紹介する際の重要なヒントとなる。紹介会社の立場からすると、言ってくれることがありがたい言葉なのだ。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

人材採用“ウラ”“オモテ” 
イノベーションと人材紹介~簡単ではない「イノベーション人材」の紹介~
「新規事業の企画に関わってみたい」と考え、転職を考える人は多い。その多くが、現在は営業や生産などの部門で働く、企画職未経験者だ。しかし、見極めの難しい「イノベー...
2018/04/02掲載
人材採用“ウラ”“オモテ” 
企業・求職者・人材紹介会社の「転職」三角関係 ~「電話での転職相談」増加中~
求職者の職務経歴や、転職にあたっての希望などを聞く「転職相談」は、人材紹介会社と転職希望者が接点を持つ機会であり、転職を成功させるために欠かせない意思共有の場。...
2018/03/02掲載
相談相手としての人材紹介会社
企業の求人を紹介するだけでなく、時には求職者の相談相手となる、人材紹介会社のコンサルタント。家族や友人にも相談しづらい転職の悩みを打ち明けられる、「ほど良い距離...
2018/02/01掲載

関連する記事

人材紹介会社における「コンサルタント」
求職者の頼れるパートナー「コンサルタント」に求められる能力とは?人材紹介プロセスに沿って、コンサルタントの仕事内容をまとめた。
2016/08/31掲載よくわかる講座
中途採用の「実務」【5】選考
書類選考・筆記試験実施のポイントから、面接実施の際の留意点までを時系列に沿って詳しく解説する。
2016/07/15掲載よくわかる講座
内定後に「雲隠れ」する転職者の心理
複数の企業から内定が出た場合、入社する会社以外はすべて辞退しなくてはなりません。転職活動ではよくあることですが、せっかく内定をくれた会社に辞退を伝えるのは、やは...
2014/07/07掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
「2度目の五月病」をきっかけに転職する第二新卒
まだまだキャリアも浅く、将来像も曖昧な第二新卒さん。良いところ・悪いところを引き出して、どんなキャリア設計の指針を示してあげられるかは、キャリアコンサルタントの...
2014/05/12掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
転職相談で「ガス抜き」する求職者
4月は入社の季節。街中で真新しいスーツを身にまとった若者たちを目にする機会が増えます。自分が新人だった頃を思い出して、初心にかえる人も多いことでしょう。同時に期...
2014/04/07掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人事ソリューション導入を検討されている企業様向け「注目のセミナー特集」

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


注目のセミナー特集

今期、新たな人事ソリューション導入を検討されている企業様向けに、『日本の人事部』が厳選したセミナーをご紹介します。



19卒採用支援ソリューション特集

本特集では、今からでもご活用いただける、19卒新卒採用に役立つソリューションをご紹介します。
貴社の19卒採用にぜひご活用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


【グローバルタレントマネジメントフォーラム2018】成長する企業の人財活用力 ―可能性を引き出すタレント基盤―

【グローバルタレントマネジメントフォーラム2018】成長する企業の人財活用力 ―可能性を引き出すタレント基盤―

今や企業の成長を左右する源泉は人財活用力であり、人財を一つの企業資産と...


企業のAI活用に不可欠なリテラシーと人材育成の方法とは?

企業のAI活用に不可欠なリテラシーと人材育成の方法とは?

さまざまな事業領域でAI(人工知能)が活用されています。そのため、ます...