企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

キーパーソンが語る“人と組織”

「一人三役」制度でシニアも女性も大活躍
すべての人が活躍できる、イキイキとした働きがいのある職場をつくる(前編)

斉之平 伸一さん
(三州製菓株式会社 代表取締役社長)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
斉之平 伸一さん 三州製菓株式会社 代表取締役社長
埼玉県の菓子製造企業である三州製菓は、「一人三役」「会議の男性発言禁止タイム」「一善活動」などのユニークな制度を実施し、女性やシニアを積極的に活用、好業績へとつなげています。社長を務める斉之平伸一さんは、就任当時7億円程度だった売上を昨年度は25億円と約3.5倍もの規模に成長させ、27年連続営業黒字を達成しました。「えるぼし」三つ星認定、APEC女性活躍推進企業50選への選出など、数々の賞を受賞し、三州製菓を「働きがいのある会社」として成長させてきたことでも注目を集めています。人がイキイキと働ける職場をつくるにはどうすればいいのか――。斉之平さんに、詳しいお話をうかがいました。
Profile

さいのひら・しんいち●1948年生まれ。1971年、一橋大学卒。松下電器産業(現パナソニック)を経て、1976年に父が創業した三州製菓に入社。1988年社長に就任。埼玉県経営者協会 副会長、日本経団連中小企業委員会委員、埼玉県立大学理事などを務める。経営改革により、2013年3月 経済産業省「ダイバーシティ経営企業100選」、2014年11月 経済産業省「APEC女性活躍推進企業50選」日本5社のうちの1社に選定されるなど、数々の受賞歴を持つ。「子育てサポート企業(くるみん認定企業)」「厚生労働省 女性活躍推進企業(えるぼし)三つ星」認定。2016年6月 内閣総理大臣表彰「男女共同参画社会づくり功労者」受賞。著書に『脳力経営』(致知出版社)、『3倍「仕事脳」がアップする ダブル手帳術』(東洋経済新報社)がある。

大企業にはできない、多品種少量生産でニッチマーケットを切り開く

―― 斉之平さんは5年のサラリーマン経験を経て、お父様が創業された三州製菓に入社されました。入社当時はどのような状況だったのでしょうか。

大学を卒業後は松下電器産業に入社し、5年間勤務しました。三州製菓に入社したのは、28歳のときです。入社から12年後の40歳で社長に就任し、それから28年間、社長業を務めています。当社は菓子専門店を中心に、せんべいやあられなどの米菓、揚げパスタ、バウムクーヘンといった洋菓子の製造販売を行っています。就任当時は売上7億円という規模でしたが、昨年度は売上25億円と3.5倍ほどの規模になりました。

このように成長できた要因は、ビジネスモデルの変更にあります。私が就任した当初はスーパーやコンビニエンスストアに、問屋経由で少品種大量生産の菓子を販売していました。しかし、大手企業を競争相手として同じ土俵に立っても、私たちのような中小企業の規模ではなかなか勝てません。そこで製品は大手が手をつけていない高級商品、取り引き先は和洋菓子専門店といったように、ニッチマーケットに絞り込む戦略に転換したのです。

―― 具体的には、どのように会社を成長させていったのでしょうか。

せんべいで言えば、高級米菓を何種類もつくり、全国の和洋菓子専門店や地域の一番店に直取引をしてもらって、それを広げていくという戦略を取りました。また、全国のテーマパークなどにも取引を広げていきました。ニッチマーケットを広げながら同時に商品数も増やし、対応できる分野を広げていったわけです。

菓子の大手企業は量を売る必要がありますから、販売先はスーパーやコンビニエンスストアになります。一方、私たちが狙ったのは全国の菓子専門店など、多品種少量生産の分野です。しかしその場合、たくさんの種類の商品を作る必要があるので、それを可能にする生産システムが必要でした。また、新商品の企画開発が重要ですから、常にアイデアを考えなければなりません。商品全体に対し、新商品が30%以上を占める状態を目標にし、今はパッケージを変えるだけのものも含めて、毎月20~30アイテムの新商品を作っています。

こういった状況で重要なのは、企画開発部門です。以前は男性中心の部署でしたが、今は女性だけの部署になっています。弊社のお客さまの中心は女性であり、店舗ごとにきめ細かく商品を考え提案することは、男性よりも女性のほうが適していると感じています。

女性が力を十分に発揮できるよう、社内会議の進め方にルールもつくりました。社歴の長い男性や役職者の男性が出席している会議では、どうしてもそういう人たちの発言が強くなり、若い女性などは発言しにくいものです。そこで会議中に男性の発言禁止タイムを設け、女性の声だけを聞く時間をつくるようにしました。

また、新商品開発では、顧客の要望を聞いて製品化するまでのスピードの速さも問われますので、ITに積極的に投資し、社内伝達や意思決定のスピードを向上させました。顧客の要望はグループウェアに入れて即座に共有化。それを企画担当や工場長、製造部門の担当者が見て、素早く企画、試作までもっていくようにしています。要望を素早く形にできることは、そのまま強みになります。ITへの取り組みでは、2005年、2006年にIT応援隊IT経営百選で最優秀賞もいただきました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

キーパーソンが語る“人と組織”のバックナンバー

失敗を成長のチャンスとする企業風土を醸成して「全員活躍」を実現
いま注目の人事リーダーが取り組む、カルビーの人事改革とは
『日本の人事部』のインタビューやイベント「HRカンファレンス」にもたびたび登壇するなど、人事のオピニオンリーダーとして知られる、武田雅子さん。長年にわたって株式...
2019/01/30掲載
石坂典子さん:
外部との交流が仕事の意義を見出し自信へとつながる
石坂産業を地域で愛される会社にした“考える”マネジメントとは
建築系廃材の処理を行う石坂産業は、徹底した分別と独自の技術で95%以上のリサイクル率を実現するなど、同業他社との差別化を図り、高い競争力を実現していることで知ら...
2018/09/05掲載
指揮者のいないオーケストラに聞く
一人ひとりがリーダーシップを発揮する「自律型組織」のつくり方
「ティール組織」「ホラクラシー」など、自律的な組織のあり方が注目されています。一見、まったく新しいもののように思えるこの概念を、40数年前に実現していた組織が、...
2018/08/30掲載

関連する記事

社員53人で100億円を売上げる驚異の生産率
女性活躍を推進し、チームの力を最大に高める秘訣とは
オリジナル化粧品「マナラ」を展開する、株式会社ランクアップ。従業員は53人と少数精鋭ながら、100億円近くの売上を計上する同社では、増収増益を続けているにもかか...
2017/12/06掲載編集部注目レポート
斉之平伸一さん:
「一人三役」制度でシニアも女性も大活躍
すべての人が活躍できる、イキイキとした働きがいのある職場をつくる(後編)
「労働関連の政府や機関の新たな取り組みには積極的に応募し、そのことをバネに社内の取り組みを推進している」と語る三州製菓社長の斉之平伸一さん。同社の女性管理職の割...
2016/08/31掲載キーパーソンが語る“人と組織”
篠田真貴子さん:
“人と企業のフラットな信頼関係”が日本を変える
シリコンバレー発の新しい雇用のあり方とは(前編)
かつて機能していた終身雇用モデルが崩れ、個人と企業とのパワーバランスも揺らぎつつあります。労働力人口の減少も進み、企業は求める人材を採用・確保することが難しくな...
2016/03/25掲載キーパーソンが語る“人と組織”
佐々木かをりさん:
誤解、偏見、思い込み!?
達人が教える“本当のダイバーシティ組織”とは(前編)
ダイバーシティと聞くと、反射的に「女性活用」「女性活躍推進」を連想する人事パーソンも少なくないでしょう。しかし、株式会社イー・ウーマン代表の佐々木かをりさんは「...
2016/02/24掲載キーパーソンが語る“人と組織”
ウェルビーイング経営を実現するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

タレントパレット 高尾の森わくわくビレッジ

注目コンテンツ


ウェルビーイング経営を実現するソリューション特集

本特集では、『日本の人事部』が注目する、ウェルビーイング経営実現ための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーへの参加申込み、資料のダウンロードも可能ですので、 ぜひご利用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま、企業が行うべき研修とは?<br />
~育成の目的とメニューを明確にし、効果を最大限に高めていく

いま、企業が行うべき研修とは?
~育成の目的とメニューを明確にし、効果を最大限に高めていく

自律性を高め、社員一人ひとりのスキル・能力を高めていかなければ、これか...