企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人材採用“ウラ”“オモテ” 
企業・求職者・人材紹介会社の「転職」三角関係

転職と人脈

2015/6/1
マネジャーが採用権限を持つ外資系企業などに見られる
転職した元上司に引っ張られての「転職」
「外資系企業」という言葉から受ける印象の一つに「人間関係がさっぱりしている」というものがある。つきあい残業がないとか、仕事帰りに飲みに行ったりしない、といったイメージだ。しかし、実際には各部署のマネジャーが採用権限を持っているなど、上司と部下の関係が非常に密なケースもある。時には、上司が転職後、元の職場の部下を転職先に連れてきて再び一緒に仕事をする、といったケースも珍しくないようだ。
(1/2ページ)

尊敬できる上司との出会い

『なお、これまでの転職はすべて引き抜き(人脈によるもの)です』

Aさんの職務経歴書にはそんな一文が書き添えられていた。これまでに外資系企業を4社経験しているが、その在籍期間は最初の1社を除くと平均して2年ほど。キャリアコンサルタントの目から見ても、年齢の割にやや転職回数が多く、在籍期間が短いことが気になった。「今までの転職はすべて請われての転職であって、自分はそれだけの市場価値のある人間です」と伝えたくて、Aさんは冒頭の一文をつけ加えたのだろう。

Photo

念のため、Aさんに転職相談で面談した際にこの文の意味するところを確認してみた。

「おっしゃる通りです。すべて1社目の会社で上司だった人に一緒にやらないかと誘われて転職したんです。ですから、人材紹介会社にお世話になるのも初めてなんです」

いかにも外資系経験者らしいスマートな雰囲気だが、話し方や物腰は丁寧なAさん。詳しく聞いてみると、やはりその上司にかなりほれ込んでいるようだった。

「経験豊富で非常に優秀な方でしてね。私も多くのことを学びました」

Aさんが最初の会社に勤めている時に、その上司が転職してきたのだという。一緒に仕事を進めていくうちに仕事観などが似ていることがわかり、何かとかわいがってくれた。ところが3年もしないうちに、その上司が再度転職してしまう。

「新しい上司の下で働きはじめたわけですが、どうしても以前のやり方と比較してしまう。ある時、思い立って今後のことも含めて元上司に相談に行きました」

すると話を聞いた元上司が、「だったらうちの会社に来ないか。ちょうど増員を考えていたし、もし君が来てくれるならぴったりだ」と誘ってくれたという。外資系企業の場合、各部署のマネジャーが採用権限を持っているケースも多い。

「うれしかったですね。人脈というのはこういう時に生きるのかと思いました」

それから上司が転職するたびにAさんも同じ会社に移り、そうこうしているうちに一緒に4社も経験することになったという。マーケティングのプロである上司はAさんが言う通り、おそらく非常に仕事のできる人物なのだろう。そうでなければキャリアップしながら何度も転職を繰り返せるわけがない。その仕事ぶりを目の当たりにして、「この人からもっと学びたい」と思ったというAさんの気持ちもまた、本物だったのだろう。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

自社の魅力、しっかり語れますか?
人材紹介会社が「コンサルティング」に積極的でない理由
採用難の時代が続いている。とりわけ優秀な人材については「売り手市場」が完全に定着。そうした中で採用を成功させるには、企業が自社の魅力をアピールできることが極めて...
2020/02/10掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
トップ自らが面接するベンチャー企業
採用の意思決定は速いはずが……
経営はスピードが重要だといわれる。人材採用にも似たところがある。優秀な人材はいくつもの企業で奪い合いになるため、のんびりしていると他社に採られてしまうからだ。そ...
2020/01/07掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
「入社辞退されても大丈夫」という会社
はたしてその真意は…
人材紹介会社の紹介手数料は、多くの場合、入社して初めて費用が発生する「完全成功報酬制」である。したがって内定後に辞退されても、企業側には金銭的負担が一切ない。と...
2019/12/02掲載

関連する記事

人材採用“ウラ”“オモテ”
何かウラがあるのでは……?と勘ぐってしまう超ポジティブな転職理由
人材紹介会社が転職支援を行う際、重視するのが「転職理由」。 妙にポジティブすぎる転職理由に、本音を隠しているのではと不安になることも。
2019/09/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
転職直後の夏休み 長い休暇で不安や迷いが生じてしまったら――
家族や友人と話し合ったり、自分を見つめなおす機会にもなる長期休暇。入社したばかりの人材が休暇明けにちゃんと出社してくれるのか、人事だけでなく人材紹介会社も気を揉...
2019/08/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
どうする?! 入社クロージングの山場で決裁者がまさかの海外休暇へ――。
日本進出直後の海外企業のコア人材採用 クロージングの山場で決裁者がまさかの海外休暇へ――。
2019/07/04掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
「あの人と一緒に働きたい」という入社動機
入社する企業を決める理由は人それぞれ。面接官の考え方などに共鳴し、「この人と一緒に働きたい」という気持ちが決め手になることもある。しかし、それだけで入社を決めて...
2019/06/05掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ” 
採用時に求められる「情報の透明性」
人手不足が続く中で、自社をアピールする際に、採用の障害になるかもしれない情報をできるだけ伏せようとする企業も多いようだ。しかし、それが入社すればすぐにわかってし...
2019/05/15掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
目標管理・人事評価システム導入のメリットとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...