企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事白書調査レポート

9割近くの企業が「戦略人事」の重要性を認識しているが、
実際に「戦略人事」として機能できている企業は約3割

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9割近くが「戦略人事」の重要性を認識。市況よりも良い企業では、「当てはまる」が68.9%に

「戦略人事」が重要であるかを聞いたところ、「当てはまる」(59.5%)、「どちらかというと当てはまる」(29.5%)が合わせて89.0%と、9割近くが戦略人事の重要性を認識している。それに対して、「当てはまらない」(3.2%)、「どちらかというと当てはまらない」(4.0%)は少数派だ。

業績別に見ると、「当てはまる」とする割合が市況よりも良い企業で68.9%と極めて高く、市況よりも悪い企業の46.7%を大きく上回っている点が目立つ。

図:戦略人事は重要である(全体)

図:戦略人事は重要である(業績別)

「戦略人事」を実践できている企業は31.6%にとどまる

では、人事部門は実際に「戦略人事」として機能しているのか。回答を見ると、「当てはまる」が5.5%と少なく、「どちらかというと当てはまる」(26.1%)を合わせても、31.6%にとどまっている。一方、「当てはまらない」(28.1%)、「どちらかというと当てはまらない」(36.6%)は合わせて64.7%。戦略人事の重要性は強く認識していても、人事部の抱える業務が多岐にわたり、スタッフ数も制限されることが多いため、実際には戦略人事として機能していない実態が浮き彫りとなっている。

業績別に見ると、市況よりも良い企業では「当てはまる」(11.4%)、「どちらかというと当てはまる」(28.7%)が合わせて40.1%に達しており、その割合は市況よりも悪い企業の割合(20.0%)の2倍に及んでいる。

図:戦略人事を実践できている(全体)

図:戦略人事を実践できている(業績別)

戦略人事が機能していない理由は「人事部門のリソースの問題」が54.6%と過半数

戦略人事が機能していない理由を聞いたところ、最も多かった理由は「人事部門のリソースの問題」で、54.6%と過半数を占めている。次いで、「経営陣の問題」(45.4%)、「人事部門の位置づけの問題」(43.8%)、「人事部門のメンバーの能力の問題」(43.6%)が4割台で続き、以下、「人事部門の経営視点欠如の問題」(35.3%)、「人事部門の意識の問題」(31.2%)、「コミュニケーションの問題」(23.6%)と続く。回答結果を見ると、「経営陣の問題」もあるが、機能していない理由の中心はリソースや位置づけ、メンバーの能力など、人事部門自体が抱える問題が多いことが分かる。

業績別に見ると、最も多かった「人事部門のリソースの問題」は、市況よりも良い企業(54.4%)と市況と同程度の企業(58.5%)が、市況よりも悪い企業(41.2%)より10ポイント以上上回っている点が注目される。それに対して、市況よりも悪い企業では「経営者の問題」(61.4%)や「人事部門の経営視点の欠如の問題」(48.2%)など、経営手腕に関する理由が多くなっている。

図:戦略人事が機能していない理由(全体)

図:戦略人事が機能していない理由(業績別)

【調査概要】
実施時期2018年4月2日~4月23日
調査対象『日本の人事部』正会員
調査方法Webサイト『日本の人事部』にて回答受付
回答数4,630社、4,907人(のべ)
質問数184問
質問項目1.戦略人事/2.採用/3.育成/4.制度・評価・賃金/5.ダイバーシティ/6.働き方/7.HRテクノロジー/8.新しい人事課題

出典:『日本の人事部 人事白書2018』

「日本の人事部 人事白書」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人事白書 調査レポートのバックナンバー

47%の企業が「1Dayインターンシップ」を実施。「実際に社員が行っている業務を体験させる」企業は少数
インターンシップについて、「実施している」と回答したのは51.8%。「現在は実施していないが今後実施予定」(18.5%)と合わせると、8割近い数値となった。特に...
2018/07/12掲載
9割近くの企業が「戦略人事」の重要性を認識しているが、実際に「戦略人事」として機能できている企業は約3割
9割近くが「戦略人事」の重要性を認識。市況よりも良い企業では、「当てはまる」が68.9%に。「戦略人事」を実践できている企業は31.6%にとどまる。戦略人事が機...
2018/07/12掲載
「いい人事部」とは?――「経営陣のパートナー」「育成」「全体最適」……
「いい人事部門(人事部)」とはどのようなものだと考えるか、自由記述形式で聞いたところ、さまざまなステークホルダーとの関係性などに関連するコメントが寄せられた。
2017/07/19掲載

関連する記事

「人事部門内でメンバーにAI導入の意思がある」企業の割合は15.9%
人事部門内における人工知能(AI)の活用について複数選択形式で聞いたところ、最も多かったのは「人事内の特定のメンバーにAI導入の意思がある」で、15.9%。しか...
2017/07/19掲載人事白書 調査レポート
ダイバーシティを推進する上での問題や困難として最も多かったのが「管理職の意識や能力の不足」
ダイバーシティを推進する上での問題や困難を複数選択形式で聞いたところ、最も多かったのは「管理職の意識や能力の不足」(45.0%)。2番目が「従来の一律的な価値観...
2017/07/12掲載人事白書 調査レポート
労働時間短縮施策として「行った結果、効果があった」割合が最も高かったのは「経営層によるコミットメント・メッセージの発信」
労働時間を短縮するために行った施策が「ある」企業に、各施策実施の有無とその効果について聞いたところ、「行った結果、効果があった」の割合が最も高かったのは、「経営...
2017/07/12掲載人事白書 調査レポート
従業員の評価の結果を「人材開発・育成」に活用している企業は31.0%、「キャリア開発」に活用している企業は17.0%にとどまる
従業員に対する評価結果を何に活用しているのかを複数選択形式で聞いたところ、最も多かったのが「昇進・昇格」(84.0%)で、2番目は、「基本給」(80.4%)、3...
2017/07/07掲載人事白書 調査レポート
育成の「効果検証」を「行っていない」企業が過半数
人材育成の「効果検証」を「行っている」企業は35.8%にとどまっており、「行っていない」は53.8%、「わからない」は10.4%。「行っている」企業に自由記述形...
2017/07/07掲載人事白書 調査レポート
【用語解説 人事辞典】
戦略人事

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

タレントパレット タレントパレット

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


1日30分、週3日、3ヵ月。<br />
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

1日30分、週3日、3ヵ月。
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

グローバル化が進む現在、多くの企業が社員の英語力向上を課題としています...