企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事白書調査レポート

9割近くの企業が「戦略人事」の重要性を認識しているが、
実際に「戦略人事」として機能できている企業は約3割

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9割近くが「戦略人事」の重要性を認識。市況よりも良い企業では、「当てはまる」が68.9%に

「戦略人事」が重要であるかを聞いたところ、「当てはまる」(59.5%)、「どちらかというと当てはまる」(29.5%)が合わせて89.0%と、9割近くが戦略人事の重要性を認識している。それに対して、「当てはまらない」(3.2%)、「どちらかというと当てはまらない」(4.0%)は少数派だ。

業績別に見ると、「当てはまる」とする割合が市況よりも良い企業で68.9%と極めて高く、市況よりも悪い企業の46.7%を大きく上回っている点が目立つ。

図:戦略人事は重要である(全体)

図:戦略人事は重要である(業績別)

「戦略人事」を実践できている企業は31.6%にとどまる

では、人事部門は実際に「戦略人事」として機能しているのか。回答を見ると、「当てはまる」が5.5%と少なく、「どちらかというと当てはまる」(26.1%)を合わせても、31.6%にとどまっている。一方、「当てはまらない」(28.1%)、「どちらかというと当てはまらない」(36.6%)は合わせて64.7%。戦略人事の重要性は強く認識していても、人事部の抱える業務が多岐にわたり、スタッフ数も制限されることが多いため、実際には戦略人事として機能していない実態が浮き彫りとなっている。

業績別に見ると、市況よりも良い企業では「当てはまる」(11.4%)、「どちらかというと当てはまる」(28.7%)が合わせて40.1%に達しており、その割合は市況よりも悪い企業の割合(20.0%)の2倍に及んでいる。

図:戦略人事を実践できている(全体)

図:戦略人事を実践できている(業績別)

戦略人事が機能していない理由は「人事部門のリソースの問題」が54.6%と過半数

戦略人事が機能していない理由を聞いたところ、最も多かった理由は「人事部門のリソースの問題」で、54.6%と過半数を占めている。次いで、「経営陣の問題」(45.4%)、「人事部門の位置づけの問題」(43.8%)、「人事部門のメンバーの能力の問題」(43.6%)が4割台で続き、以下、「人事部門の経営視点欠如の問題」(35.3%)、「人事部門の意識の問題」(31.2%)、「コミュニケーションの問題」(23.6%)と続く。回答結果を見ると、「経営陣の問題」もあるが、機能していない理由の中心はリソースや位置づけ、メンバーの能力など、人事部門自体が抱える問題が多いことが分かる。

業績別に見ると、最も多かった「人事部門のリソースの問題」は、市況よりも良い企業(54.4%)と市況と同程度の企業(58.5%)が、市況よりも悪い企業(41.2%)より10ポイント以上上回っている点が注目される。それに対して、市況よりも悪い企業では「経営者の問題」(61.4%)や「人事部門の経営視点の欠如の問題」(48.2%)など、経営手腕に関する理由が多くなっている。

図:戦略人事が機能していない理由(全体)

図:戦略人事が機能していない理由(業績別)

【調査概要】
実施時期2018年4月2日~4月23日
調査対象『日本の人事部』正会員
調査方法Webサイト『日本の人事部』にて回答受付
回答数4,630社、4,907人(のべ)
質問数184問
質問項目1.戦略人事/2.採用/3.育成/4.制度・評価・賃金/5.ダイバーシティ/6.働き方/7.HRテクノロジー/8.新しい人事課題

出典:『日本の人事部 人事白書2018』

「日本の人事部 人事白書」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人事白書 調査レポートのバックナンバー

5割以上の人事部門は経営戦略の意思決定に関与できていない
人事担当者に「人事部門が経営戦略の意思決定に関与しているか」を聞いたところ、「当てはまる」「どちらかというと当てはまる」との回答は45.9%。一方、「当てはまら...
2019/07/18掲載
「エンゲージメント」の重要性は9割の企業が認識しているが、
実際に従業員のエンゲージメントが高いのは約3割
「エンゲージメント」の重要性をどのように考えているのかを聞いたところ、「大変重要である」(48.6%)、「重要である」(41.4%)を合わせて90.0%に達した...
2019/07/08掲載
HRテクノロジーを「採用」や「業務効率化」で活用している企業が昨年から倍増
採用におけるHRテクノロジー活用の割合は、「活用している・成果あり」(23.2%)、「活用している・成果なし」(9.1%)を合わせて32.3%という結果となった...
2019/07/08掲載

関連する記事

8割を超える企業が「戦略人事」の重要性を認識しているが、実践できている企業は3割に満たない
「戦略人事」が重要であるかを聞いたところ、「当てはまる」(54.5%)、「どちらかというと当てはまる」(30.3%)を合わせて84.8%と、8割を超える企業が戦...
2019/07/08掲載人事白書 調査レポート
自社が「LGBTの従業員がカミングアウトしやすい職場」だと思う企業は、4.2%
自社が「LGBTの従業員がカミングアウトしやすい職場」だと思う企業は4.2%。「そう思わない」(34.3%)、「どちらかというとそう思わない」(24.2%)を合...
2019/07/08掲載人事白書 調査レポート
すでに残業時間削減に取り組んでいる企業が8割強。大企業では約97%に
残業時間の削減に取り組んでいるかどうかを聞いたところ、「積極的に取り組んでいる」と答えた企業は34.8%。「取り組んでいる」(49.8%)を合わせると、8割強に...
2019/07/08掲載人事白書 調査レポート
「部下が上司を評価する仕組みがある」企業は14.4%
「評価が会社の業績向上につながっている」企業は35.5%
「最終的な評価結果が、被評価者にフィードバックされる」に「当てはまる」「どちらかといえば当てはまる」と答えた人は、71.3%。また、評価対象、評価項目、評価基準...
2019/07/08掲載人事白書 調査レポート
「自社の人材育成施策で従業員を育成できていない」と感じている企業は5割超
業績の悪い企業では8割弱に及ぶ
研修を実施している企業の育成担当者に「自社の育成施策によって従業員を育成できているか」を聞いたところ、最も多いのは「あまり感じない」(51.6%)で、過半数を占...
2019/07/08掲載人事白書 調査レポート
【用語解説 人事キーワード】
戦略人事
新卒採用向けの「採用管理システム」を比較する4つのポイントを解説! 特長や料金も一覧で検討できます

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

しごとコンパス

注目コンテンツ


新卒採用向け「採用管理システム」導入のポイント~競争力を持った採用活動の実現に向けて~

新卒採用向けの「採用管理システム」。導入する際に押さえておくべきポイントと選び方のヒントを解説


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


もう時間と場所に囚われない!<br />
 日本マイクロソフトと先進企業に学ぶ ワークスタイル変革推進のためのポイントとは

もう時間と場所に囚われない!
日本マイクロソフトと先進企業に学ぶ ワークスタイル変革推進のためのポイントとは

仕事と介護の両立支援が喫緊の社会的課題といわれるなか、時間と場所の制約...


仕事の悩みを抱える社員は90%以上<br />
企業は社員のキャリアをどう支援していくのか

仕事の悩みを抱える社員は90%以上
企業は社員のキャリアをどう支援していくのか

日本社会の少子高齢化、経済のグローバル化の背景の中、M&Aやリストラク...