企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事白書調査レポート

9割近くの企業が「戦略人事」の重要性を認識しているが、
実際に「戦略人事」として機能できている企業は約3割

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9割近くが「戦略人事」の重要性を認識。市況よりも良い企業では、「当てはまる」が68.9%に

「戦略人事」が重要であるかを聞いたところ、「当てはまる」(59.5%)、「どちらかというと当てはまる」(29.5%)が合わせて89.0%と、9割近くが戦略人事の重要性を認識している。それに対して、「当てはまらない」(3.2%)、「どちらかというと当てはまらない」(4.0%)は少数派だ。

業績別に見ると、「当てはまる」とする割合が市況よりも良い企業で68.9%と極めて高く、市況よりも悪い企業の46.7%を大きく上回っている点が目立つ。

図:戦略人事は重要である(全体)

図:戦略人事は重要である(業績別)

「戦略人事」を実践できている企業は31.6%にとどまる

では、人事部門は実際に「戦略人事」として機能しているのか。回答を見ると、「当てはまる」が5.5%と少なく、「どちらかというと当てはまる」(26.1%)を合わせても、31.6%にとどまっている。一方、「当てはまらない」(28.1%)、「どちらかというと当てはまらない」(36.6%)は合わせて64.7%。戦略人事の重要性は強く認識していても、人事部の抱える業務が多岐にわたり、スタッフ数も制限されることが多いため、実際には戦略人事として機能していない実態が浮き彫りとなっている。

業績別に見ると、市況よりも良い企業では「当てはまる」(11.4%)、「どちらかというと当てはまる」(28.7%)が合わせて40.1%に達しており、その割合は市況よりも悪い企業の割合(20.0%)の2倍に及んでいる。

図:戦略人事を実践できている(全体)

図:戦略人事を実践できている(業績別)

戦略人事が機能していない理由は「人事部門のリソースの問題」が54.6%と過半数

戦略人事が機能していない理由を聞いたところ、最も多かった理由は「人事部門のリソースの問題」で、54.6%と過半数を占めている。次いで、「経営陣の問題」(45.4%)、「人事部門の位置づけの問題」(43.8%)、「人事部門のメンバーの能力の問題」(43.6%)が4割台で続き、以下、「人事部門の経営視点欠如の問題」(35.3%)、「人事部門の意識の問題」(31.2%)、「コミュニケーションの問題」(23.6%)と続く。回答結果を見ると、「経営陣の問題」もあるが、機能していない理由の中心はリソースや位置づけ、メンバーの能力など、人事部門自体が抱える問題が多いことが分かる。

業績別に見ると、最も多かった「人事部門のリソースの問題」は、市況よりも良い企業(54.4%)と市況と同程度の企業(58.5%)が、市況よりも悪い企業(41.2%)より10ポイント以上上回っている点が注目される。それに対して、市況よりも悪い企業では「経営者の問題」(61.4%)や「人事部門の経営視点の欠如の問題」(48.2%)など、経営手腕に関する理由が多くなっている。

図:戦略人事が機能していない理由(全体)

図:戦略人事が機能していない理由(業績別)

【調査概要】
実施時期2018年4月2日~4月23日
調査対象『日本の人事部』正会員
調査方法Webサイト『日本の人事部』にて回答受付
回答数4,630社、4,907人(のべ)
質問数184問
質問項目1.戦略人事/2.採用/3.育成/4.制度・評価・賃金/5.ダイバーシティ/6.働き方/7.HRテクノロジー/8.新しい人事課題

出典:『日本の人事部 人事白書2018』

「日本の人事部 人事白書」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人事白書 調査レポートのバックナンバー

社員の「兼業」「副業」について「制度を設けて認めている」企業は約2割。そのうち「自社にメリットがあったかどうかはわからない」のは約6割
従業員の「兼業」「副業」を認めているかどうかを聞いたところ、「制度を設けて認めている」(19.1%)、「制度は設けていないが黙認している」(9.9%)、「今後制...
2018/08/09掲載
「HRテクノロジーを活用しようという意識」がある割合は、経営層39.0%、人事部門59.5%、現場26.9%
HRテクノロジーを活用しようという意識が経営層にあるのかを聞いたところ、「当てはまる」(9.1%)、「どちらかといえば当てはまる」(29.9%)を合わせた割合は...
2018/08/07掲載
テレワーク導入時、67.5%の企業が「社内コミュニケーションやマネジメントへの支障」を懸念していたが、実際に「大きな問題になった」のは1.0%
テレワーク・リモートワークの導入にあたって、人事担当者はどのような懸念をどの程度、感じていたのだろうか。「強く懸念していた」と「やや懸念していた」を足した割合が...
2018/08/06掲載

関連する記事

エイベックス株式会社:
ベンチャーに負けない、スピードとイノベーションを。
創業30年、エイベックスが目指す構造改革とは?
今年で創業30年を迎えるエイベックスは、「第三創業期」として、大きな改革に乗り出しています。ベンチャーに負けないスピードとイノベーションを目指し、さまざまな改革...
2018/08/30掲載となりの人事部
女性活躍推進が成果を「上げている」企業は約半数。
「上げていない」と答えた企業では、女性従業員の「昇進意欲」や「モチベーション向上」が課題
多くの企業が女性活躍推進に取り組んでいる。その成果については、「上げている」(8.9%)「どちらかといえば上げている」(36.6%)が合わせて45.5%と、半数...
2018/08/02掲載人事白書 調査レポート
政府主導の賃上げは賛否両論。賃上げ・賃下げを「経営者が独断で決める」企業が約半数
政府が企業に働きかけて賃上げを主導する動きについて、その賛否を聞いた。「望ましい」(9.0%)、「どちらかといえば望ましい」(19.0%)は合わせて28.0%。...
2018/07/24掲載人事白書 調査レポート
企業が研修を最も強化したいと考えている層は「ミドルマネジャー」と「新任マネジャー」。最も強化したいテーマは「リーダーシップ」
企業の育成担当者に、今後どの層を対象にした研修を強化するのかを聞いたところ、最も多かったのは「ミドルマネジャー」(63.7%)。次いで、「新任マネジャー」(55...
2018/07/19掲載人事白書 調査レポート
47%の企業が「1Dayインターンシップ」を実施。「実際に社員が行っている業務を体験させる」企業は少数
インターンシップについて、「実施している」と回答したのは51.8%。「現在は実施していないが今後実施予定」(18.5%)と合わせると、8割近い数値となった。特に...
2018/07/12掲載人事白書 調査レポート
【用語解説 人事辞典】
戦略人事
定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

リクナビHRTech 表彰盾/記念品工房のアトリエグレイン

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


新しい働き方を実現するソリューション特集

いま、『日本の人事部』が注目する『働き方改革』についての記事・セミナーやサービスをご紹介します。



定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

本特集では、自発的に行動し、早期に戦力となる新入社員を育成するための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーや資料請求のお申込みも可能です。万全の体制で春を迎えるために、ぜひご活用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....


いま、なぜ「ビジネスマナー」が求められるのか?<br />
~「型」を覚えることが人を成長させる

いま、なぜ「ビジネスマナー」が求められるのか?
~「型」を覚えることが人を成長させる

近年、若い人の言葉遣いや立ち振る舞いに対して、「違和感」を覚えることが...