企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

第33回 働く人と組織を守るメンタルヘルス
~創成に向けた共生と絆を目指して~
メンタルヘルス大会

第33回 働く人と組織を守るメンタルヘルス

2011年8月29日(月)に、公益財団法人 日本生産性本部 メンタル・ヘルス研究所が主催する、第33回「メンタルヘルス大会」が開催されました。

第33回「メンタルヘルス大会」今回のメインテーマは、「働く人と組織を守るメンタルヘルス~創成に向けた共生と絆を目指して~」。

大会当日は、多くの企業の人事・安全衛生担当者のほか、労働組合や健康保険組合の担当者が出席し、熱心に講演に耳を傾けていました。本レポートでは、当日行われた講演の中から2本を取り上げ、その模様をダイジェストでお伝えいたします。

【開催概要】
日時 2011年8月29日(月) 9:30~18:30
場所 JA共済ビル カンファレンスホール(東京・平川町)
主催 公益財団法人 日本生産性本部 メンタル・ヘルス研究所

【講演】「うつ病治療の最新事情」
<講師>
日本認知療法学会 理事長
国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法センター 所長 大野 裕 氏

【取組事例・パネル討議】「活力ある職場づくりのためのメンタルヘルスの課題と方策」
<パネリスト>
(株)ノーリツライフプランサポート室 室長 森下 文昭 氏
パイオニア労働組合 中央執行委員長 森 俊介 氏

<コーディネーター>
メンタル・ヘルス研究所 根本 忠一 氏

講演「うつ病治療の最新事情」
認知療法・認知行動療法を使ってこころのスキルアップ

日本認知療法学会理事長 国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法センター所長の大野裕氏

本講演では、臨床精神医学、認知療法の専門家である日本認知療法学会理事長 国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法センター所長の大野裕氏が、「認知療法・認知行動療法」を軸としたうつ病治療の取り組みについて、語りました。

「うつ病」の発症は、職場、家庭、プライベートなどでストレスになる「きっかけ」が重なることから始まるそうです。その際、周りからのサポートが十分に得られないと脳の働きが落ちて、物事を悲観的に考えるようになり、「ストレスが現実以上に大きく思える」「サポートがあっても目に入らない」状況に陥ってしまい、症状が進んでいくといいます。

治療法としては、「環境調整」(環境を調整し、ストレスを減らして、周りからのサポートが適切に得られるようにする)、「薬物療法」(薬を使って脳の働きを改善する)、「精神療法(認知療法)」(精神療法を使って、気持ちや考え方の整理をする)の三本柱があるとのこと。

「うつ病の発症から症状が進むまでには、人によってさまざまな原因や背景があります。重要なのは、その人に合った対応をすること。周りからのサポートに加え、“セルフケア”も大事です。そこで、役に立つのが、認知療法・認知行動療法だと思っています」と大野氏。

「認知療法・認知行動療法」とは、ものの考え方・うけとり方に目を向けて、気持ちや行動をコントロールすること。いま、うつ病の予防や復職支援などで、この療法を利用する企業が全国的に増えているそうです。

次に、「認知療法・認知行動療法」の具体的な内容――「こころのスキルアップ・トレーニング」プログラムについて紹介がありました。以下の四つがポイントだといいます。

  1. 行動活性化………生活のリズムを整え、やりがいのあること・楽しいことを増やしていく
  2. 問題解決のコツ…問題解決がきちんとできるようなスキルを伸ばしていく
  3. 人間関係のコツ…自分の気持ちや考えを相手にしっかりと伝えられる力を伸ばしていく
  4. 思考チェンジ法…自分の考えにしばられすぎず、柔軟な考え方ができるようにしていく

これらのスキルを身につけることで、気持ちが楽になり、ストレスにもうまく対処できるようになるとのこと。

また、「認知療法・認知行動療法」では、うつ病の方の不安がどこにあるのかについて、周りの人たちが“一緒に確認すること”も重要だといいます。原因が分かれば対処するための手立てを考えることができますが、落ち込んだり不安になったりしている人は、それができないため、人事・労務担当者の皆さんには、そこを意識したサポートをお願いしたいと、大野氏は語っていました。

社員の「うつ病」対策のひとつとして、「認知療法・認知行動療法」への理解が深まった講演となったのではないでしょうか。

取組事例・パネル討議
「活力ある職場づくりのためのメンタルヘルスの課題と方策」

まずは、パネリストお二人が、それぞれの取り組み事例と今後の課題について、個別に発表を行ないました。最初は、(株)ノーリツライフプランサポート室 室長の森下文昭氏。もともとメンタルヘルスに関して専門ではなかったという森下氏が、メンタルヘルス問題に直面することになったのは、2005年のことだそうです。当時はメンタル疾患休業者がいても、個別に対応し、復職支援の仕組みなどは未整備だったとのこと。また、メンタルヘルスに関する取り組みについて、部門長によって理解や協力の度合いに差があったそうです。一方で、休業する社員数は増加傾向。ノーリツでは、メンタルヘルス対策が急務と考え、さまざまな取り組みを行なっていくことになります。

具体的には、新入社員、管理職などの「階層別」にメンタルヘルスの研修を行なったり、社内に向けて情報を発信したりする、一次ケア(疾病予防)。超過勤務の社員と産業医の面談を実施したり、外部に相談窓口を設けたりする二次ケア(早期発見)など。他にもさまざまな取り組みを行ってきましたが、一番力を入れてきたのは、職場復帰の手引きを導入し、復職した場合もしっかりサポートすることで再発率の低減を目指す、三次ケア(再発予防)だそうです。

同社のメンタルヘルス対策に関する取り組みはかなり充実していますが、復職後も休職を繰り返す社員がいるなど、現在も引続き課題は多いそうです。そのためメンタルヘルスに関する調査や、休業する社員との定期的な面接などを実施するなど、今後も取り組みを強化していくとのことでした。

続いては、パイオニア労働組合 中央執行委員長の森 俊介氏による報告。2004年に組合員の意識調査を行なったところ、「部門を超えた折衝・調整をしたがらない」「ものが言いにくい」など、いわゆる「大企業病」のような結果が出たそうです。そこで、同組合では、組織風土課題の解決に注力しました。2005年に「会社を元気にする活動」をスタート。2006年には、「作らない」「放置しない」という、メンタルヘルスに関する基本方針を設定しました。セルフケアやラインケアを促して予防に努めるほか、早期の発見や治療に繋げるための専門家によるケア、スムーズな復職に向けての仕組みの整備などを行なったそうです。

2007年には、「メンタルヘルス職場復帰プログラム」を作成し、運用開始。その後も組織風土に関する課題について、さまざまな取り組みを行なっているそうです。労働組合としては、会社の再建が急務である環境下、一人ひとりが安心して元気に働けるために、組合員の「よろず相談所」として機能するこを目指し、また、職場を元気にするために、経営再建と組織風土改善にむけた取り組みを行なっているといいます。社員の幸せや希望について、真剣に考えていこうという同組合の運動方針。報告の中にあった「希望を持ち、前向きに取り組める環境こそ、人間らしく心身ともに健康でいるための要素」という言葉が大変印象的でした。

続いては、会場の参加者から質問を受け付け、メンタル・ヘルス研究所の根本忠一氏がコーディネーターとなって、パネリストお二人にご回答いただく「パネル討議」。本レポートでは詳細な記述は行ないませんが、お二人の質問に対して真摯に回答される姿勢、参加者が熱心に耳を傾けている様子が大変印象的でした。2時間におよんだ、今回のパネル討議。「良い会社を作っていこう」「社員の力を十分に発揮できるようにしよう」というお二人の考えがダイレクトに伝わってくる、大変熱いセッションとなりました。

*    *    *

3月の震災から早くも半年が経過しましたが、未だに予断を許さない状況が続いています。働く人たちのメンタルヘルスをケアしていくために、いま何をすべきで、どのように備えておくべきなのか――。本大会に参加された方々は、さまざまな気づきを得られたのではないでしょうか。

『日本の人事部』では今後も、人事担当者としてぜひ聴いておきたい講演、参加しておきたいセミナーなどのレポートをお届けしていく予定です。次回のイベントレポートを、どうぞご期待ください。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

イベントレポートのバックナンバー

日本の人事部「HRアカデミー」開催レポート
現場・事業・経営と向き合い、戦略実現を支える~カゴメのHRBPの事例に学ぶ
HRビジネスパートナー(HRBP)とは、企業の経営層や事業部門の責任者を人と組織の面からサポートし、成果・実績を創出する人事のプロフェッショナルを指す。数々のグ...
2020/06/17掲載
日本の人事部「HRアカデミー2019」夏期講座
従業員の「仕事」と「育児」の両立支援~いま、人事が取り組むべきこと~
従業員の仕事と育児の両立を支援するうえで欠かせない「育児休業制度」。しかし、その利用状況を見ると、男女間に大きなギャップが存在する。女性の育休取得率が80%台で...
2019/10/21掲載
日本の人事部 HRアカデミー2019 夏期講座
サイボウズの働き方改革~働き方の多様性がチームワークあふれる会社を創る~
「100人いれば、100通りの働き方」を人事の基本方針として掲げ、独自の「働き方改革」を進めている、サイボウズ株式会社。2018年4月には、社員一人ひとりが「働...
2019/10/15掲載

関連する記事

メンタルヘルス・健康経営セミナー
職場の活力アップを考える
人材不足、多様性、働き方改革など、近年は人材に関する環境が大きく変化。職場の活力を左右する職場のメンタルヘルス、産業保健に関心が集まっている。どうすれば従業員が...
2020/03/02掲載注目の記事
帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~
働き方改革と相まって話題になっている「健康経営」ですが、従業員の健康を守るための施策を考えるだけが目的ではありません。従業員の健康を増進することが、仕事への活力...
2019/01/08掲載注目の記事
本誌特別調査
旧姓使用を認めている企業は67.5%
~民間企業440社にみる人事労務諸制度の実施状況(労務行政研究所)~
企業で広く取り入れられている18分野・191制度の実施率と10制度の改廃状況について調査した「人事労務諸制度実施状況調査(2018年1~4月実施)」結果を抜粋し...
2018/12/10掲載人事・労務実態調査
働きやすさだけでなく、働きがいも大切
不調者が輝きを取り戻すメンタルヘルス対策とは
2012年11月に独立行政法人「労働政策研究・研修機構」が実施した調査結果によると、過去3年間にうつ病などメンタルヘルスの不調を理由に休職制度を利用した社員の退...
2016/05/23掲載注目の記事
キャリア支援によるメンタルヘルス不調者を出さない職場作り
一人ひとりの強みを活かし、組織を活性化させることで生まれるメリットとは?
近年、職場におけるメンタルヘルス対策が注目されています。特に、病気にならないためにはどうするのか、病気になった人をどうするのかについて考える、従来の「病理モデル...
2016/02/22掲載注目の記事

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。