企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

『ビジネスガイド』提携

コスト削減! 業務効率UP! コンプライアンス強化!
要注目の「電子契約」とこれからの企業実務 (1/5ページ)

弁護士 宮内 宏(五番町法律事務所)

2015/9/16

1 電子契約とは

ここ数年、企業の間で電子契約が話題になることが多くなってきました。一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)が「電子契約元年」と題して電子契約の普及を推進していることにも支えられて、多くの企業が電子契約の導入に取り組んでいます。すでに、金融、建設、大規模商店、不動産などの広範囲の分野で、実際の運用が始まっています(例えば、新日鉄住金ソリューションズのhttp://www.nsxpres.com/e-contract/example/を参照)。

電子契約とは、紙の契約書を交わさずに、電子文書だけで行う契約です。特に、企業間(BtoB)や企業個人間(BtoC)で契約書を作成して行っている契約の電子化を指します。広い意味では、クレジットカード等を用いるインターネットショッピングも電子契約です。しかし、ここでは、金額が大きいものや契約内容を個別に決めるものなどの契約書を要する契約を対象に説明します。

契約は、一方が契約を申し込んで、もう一方がこれを承諾することにより成立します。典型的な例は、注文書と請書による契約の成立です。もちろん、口頭やメール等で内容を決定して契約書を作成する方法でも契約は成立します。電子契約は、これらの契約方法を電子的に実現します。

【図1】電子契約の例
【図1】電子契約の例

例えば、図1は、A社が作成して電子署名(後述)を付した契約書をB社に送り、B社も電子署名をしてA社に返送するという方法です。まず、電子的に作成された契約書にA社が電子署名したうえでB社に送ります。B社はA社の電子署名を確認してから電子署名し、これをA社に送るとともに自社で保管します。図2は、これをクラウドサービス等のASPによって実現する例です。この例では、A社、B社の双方が、ASPの機能を利用して電子契約書の作成・電子署名の付加を行います。それぞれのファイルスペースに文書が入ると、それが通知され、閲覧・確認等を行うことができる仕組みです。

【図2】ASPを利用した電子契約の例
【図2】ASPを利用した電子契約の例

このような方法により、契約書だけでなく、注文書、請書、見積書、請求書、領収書なども、同じように電子化することができます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人事・労務関連コラムのバックナンバー

【解説】働き方改革で導入が進む?「テレワーク」ガイドラインの変更点と実務対応
2017年度、厚生労働省が開催した「柔軟な働き方に関する検討会」で取り上げられた「テレワークガイドライン」(正式には「情報通信技術を利用した事業場外勤務の適切な...
2018/07/11掲載
外部機関との連携がポイント!ケーススタディ ハラスメント相談と発達障害
昨今、ハラスメント相談の当事者のいずれかに「発達障害や発達障害傾向」が見られるケースが増加しています。その場合、一般的な措置では問題が終息しないケースが多くあり...
2018/05/17掲載
勤務時間限定正社員/勤務地限定正社員/職務限定正社員
タイプ別 限定正社員の制度設計
無期契約ではあるが、残業義務がない、所定労働時間が短い、転勤に応じる義務がないなど、限定した条件で働く「限定正社員」。労働力不足が叫ばれる中、多様な働き方の受け...
2018/03/16掲載

関連する記事

杉原博茂さん(日本オラクル株式会社 取締役 代表執行役社長兼CEO):
データベースの名門をクラウドでNo.1企業に変革する
原点は「多様性」を目の当たりにした米国体験
これまでにデータベース・ソフトウエアで世界のIT業界をけん引し続け、現在は人事部門向けの最新サービス「HCMクラウド」でも存在感を増しつつある日本オラクルの社長...
2016/11/25掲載HR業界TOPインタビュー
手作業にも、無駄な手間・コストにもさようなら!
進化する「クラウド型勤怠管理システム」導入・入替に失敗しないためのポイントとは
これまで勤怠管理には紙の出勤簿やタイムカードが多く使われてきました。しかし手作業では手間もコストもかかる割に、精度の高いものではありません。そこで近年は勤怠シス...
2015/10/07掲載注目の記事
マイナンバー制度への対応も万全!
「ワークフロー」の一元化を実現するTeamSpiritが示す 業務システムの新基準とは
2016年01月から運用が始まる「社会保障・税番号制度」。通称、マイナンバー制度は、日本国民と日本に居住する外国人一人ひとりに対して、重複しない固有の識別番号(...
2015/04/24掲載注目の記事
顔と名前の一致”が組織を強くする
シンプルな仕掛けで人事・組織の課題を解決する「カオナビ」とは
企業は成長を目指すのが常ですが、成長するほど見えなくなってしまうものがあります。それは、社員の「顔」――。どんどん人が増え、組織や拠点が急拡大している企業では、...
2015/03/09掲載注目の記事
世界のグローバル企業が注目する最先端のクラウド型人財管理システム「Workday」日本でも拡大中!
“現場のビジネスパートナー”としての、新しい人事部のあり方とは
人事の課題を解決するには、人にかかわる情報やデータをどれだけ有効活用するかがカギになります。しかし、日本企業では、なぜ人材データの活用が進まないのか。そしてシス...
2015/01/14掲載注目の記事
【用語解説 人事辞典】
HR Tech
SaaS
モバイルワーク
課題解決のノウハウが満載!『日本の人事部』注目のセミナー特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

20代優秀層の採用ならキャリトレ 仕事と介護の両立支援セミナー

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


課題解決のノウハウが満載!『日本の人事部』注目のセミナー特集

下期や来期に向けて、新たな人事ソリューション導入を検討されている企業様向けに、『日本の人事部』が厳選したセミナーをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。