企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】サース サーズ SaaS

「SaaS」とは、Software as a Serviceの略。日本語に訳すと「サービスとしてのソフトウェア」という意味で、ユーザーが必要な機能を、必要なときに、必要な分だけサービス として利用できるようにしたソフトウェア、もしくはその提供形態をいうIT用語です。ソフトウェアそのものをユーザー側に導入するのでなく、ベンダー(プロバイダー)側で稼働し、必要な機能をインターネットなどのネットワーク経由でユーザーに提供するのが「SaaS」のしくみ。クラウドコンピューティングが台頭して以来、その一分類とも位置付けられ、人事・給与・勤怠管理システムの領域においても、SaaS型の提供形態をとる製品が徐々に増えてきました。
(2016/7/25掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SaaSのケーススタディ

ネットワークを介して利用するソフトウェア
ASPやクラウドとは、何がどう違うのか?

人事システムを含む企業向けITシステムのあり方は、それを利用するためのハード/ソフトの形態によって、いくつかの種類に分けることができます。ソフトウェアの販売・提供形態に着目すると、従来は、ソフトウェアをユーザー企業に、パッケージ製品(パッケージソフト)としてライセンス販売する形態が主流で、ユーザー企業はこれを自社内に用意した自前のコンピュータに導入し、稼働・利用してきました。オンプレミス(クライアント・サーバー型)と呼ばれる自社運用方式です。

これに対し、ソフトウェアをベンダー側のコンピュータで稼働させ、ユーザーはソフトウェア機能をインターネットなどのネットワーク経由で、サービスとして利用するという形態が「SaaS」。通常、SaaS型製品のサービス料には、利用者数などに応じた従量制の課金モデルが採用されます。必要な機能を必要なときに、必要な分だけ利用できるのが、SaaSの大きなユーザーメリットなのです。また、ソフトウェア自体の管理は、すべてベンダー側が行うので、ユーザーとしては、カスタマイズの余地が少ないかわりに、自社設備の構築・管理に手間やコストがかかりません。利用者数や処理量の急な変動、短期間での利用開始にも対応しやすくなります。ただし、コスト面のメリットは大きいものの、インターネットを経由するため、セキュリティ面で相応の技術力が求められる点には留意すべきでしょう。特に人事システムの場合、重要な個人情報を大量に取り扱うことから、インターネットの利用は慎重になるべきだという意見もあります。

実際、2015年3月に矢野経済研究所が発表した「ERP/業務ソフトウェアの導入実態調査結果2014」によると、人事・給与システムにおけるSaaSの利用率は全体の1.9%、CRM(顧客管理)SFA(営業支援)など他の業務分野に比べても低い水準にとどまっていることがわかりました。人事システムの分野では、依然としてパッケージ製品の利用が主流ですが、次回更新時の利用意向を見てみると、SaaSと答えた比率は8.1%まで上昇。今後、緩やかに普及が進んでいくものと考えられます。

なお、SaaSの同義語として使われることの多い言葉に「ASP」(Application Service Provider)があります。簡単に言うと、1990年代末に登場したASPはSaaSの“前身”にあたるサービス。「ネットワークを介してソフトウェアを提供する」というコンセプトは同じですが、当時はまだ安価で高速なインターネット環境が整備されていなかったことなどから、期待されたような普及には至りませんでした。ブロードバンドの拡充やサーバなどのコンピュータリソースを複数のユーザーで共有する「マルチテナント」技術の開発により、ASPの抱えていた欠点を克服し、進化したサービスとして2005年頃に登場したのがSaaSなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

人事システム
人事システムとは、ITによって個々の従業員に関する人事情報を一元的に記録・管理し、人材の計画的な配置や異動、育成、能力開発など、人事管理業務全般の最適化、円滑化に活用する経営情報システムのことです。近年は自社開発よりも、一般的に短期間かつ安価でシステムを構築できる利点から、製品化されたパッケージソ...
ERP
情報の一元管理は、企業経営における重要なキーワードになっています。なかでも、業務効率化や意思決定スピードに影響するシステムの整備は、企業の変革に大きな意味をもたらすものと位置づけられます。こうした情報戦略の要になるものとして、大企業、中小企業ともにERPの検討・導入が進んでいます。ここでは、ERPが...
シャドーIT
「シャドーIT」とは、企業の従業員が、会社の管理下にないIT機器を業務活動に利用する行為や状態を指します。私有端末などの業務活用を表す用語としてはBYOD(Bring Your Own Device)がありますが、BYODが企業の許可および主体的な管理を前提としているのに対し、シャドーITは企業側...

関連する記事

勤怠管理・給与計算クラウドシステムの比較と選び方
給与計算業務は、毎年のように法改正、税率改正があり、キャッチアップするのが大変という給与計算業務ご担当者様も多いのではないだろうか。システムのことは「全てお任せ」にできる給与計算システムと、給与計算についてまわる勤怠管理システムのクラウドサービスをご紹介する。...
2005/12/05掲載人事支援サービスの傾向と選び方
人事管理・給与計算業務支援システムの選び方
『日本の人事部』編集部が取材した、人事サービス、人材ビジネスの最新製品、 サービス情報。商品選びから、導入時の注意、活用の仕方までご紹介。自社の人事システムの導入を考えるにあたって、一般的に自社開発よりも短期間かつ安価に導入ができるパッケージソフトの最新情報を...
2005/06/20掲載人事支援サービスの傾向と選び方
「新卒採用向け採用管理システム」導入のポイントとおすすめサービス9選
業務効率化を図るとともに選考スピードをあげ、採用活動の質を向上させる「採用管理システム」について、導入する際に押さえておくべきポイントをまとめました。導入するメリット・デメリットを確認するとともに、選び方のヒントを解説します。
2019/05/08掲載人事支援サービスの傾向と選び方

関連するQ&A

36協定は10名未満でも必要ですか?
36協定は10名未満の事業所でも届出が必要ですか? 根拠を教えてください。
個人情報の利用について
職場の上司が部下との個別の面談に際して,人事部門が管理する個人の情報を必要に応じて管理し,利用することは何か個人情報保護法の関係で問題があるのでしょうか。
私用端末の業務利用について
社員が所有する私物端末(スマホ/タブレット)から、セキュリティが確保された環境でのメール閲覧を許可しようと考えています。 許可するにあたっては、利用規定に時間内で利用することルールとして明記し、時間外のメール閲覧行為をさせない、した場合でも役務とならないよう配慮したいのですが、文案の検討で悩んでいる...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人事管理 ]
分類:[ 報酬 ]
「エンゲージメント」を高めるためのポイントやソリューション

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

LINE採用コネクト 期間限定キャンペーン

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「エンゲージメント 」を高めるソリューション特集

「従業員エンゲージメント」を高めるために押さえておきたいポイントや具体的な施策、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


異文化対応と自己表現を重視した「英語教育」が<br />
真のグローバル人材を生み出す

異文化対応と自己表現を重視した「英語教育」が
真のグローバル人材を生み出す

多くの日本企業がビジネスをグローバルに展開していますが、海外での日本企...