企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

『アイデム』提携

平均時給が上がる業種は?
~平成28年度地域別最低賃金改定の影響について~

アイデム人と仕事研究所 関 夏海

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パートタイマー白書や学生を対象にした就職活動に関する意識調査など、当研究所が独自で行っている調査から見えてくることを考察します。

平成28年度の地域別最低賃金の改定額が、すべての地域で明らかになりました。改定額の全国加重平均額は823円です。特に今年度は全国加重平均額25円の引上げとなり、最低賃金額が時給でのみ示されるようになった平成14年以降で、最大の引上げです。

当社で発行している求人情報には、パート・アルバイトでの募集を多く掲載しています。最低賃金額が高く設定されている地域(東京都、神奈川県など)では、募集時の時給が地域別最低賃金と同額のこともあり、近年この時期に賃上げを行わざるを得ない企業が少なくありません。そこで、今回のアイデムオリジナル調査では、地域別最低賃金の引上げがもたらす影響について、発行した紙面情報を元に調査しました。

調査対象は、当社発行の新聞折り込み求人紙「しごと情報アイデム」及び求人フリーペーパー「ジョブアイデム」です。集計対象はパート・アルバイトの時給で、深夜勤務は除いています。集計期間は平成28年1月~6月です。これら条件に該当するデータを募集時平均時給として地域別に集計し、今年度の最低賃金を下回る募集の割合(以下、改定影響率)等を算出しました。

表1は、平成28年度の地域別最低賃金の改定影響率を、地域別にまとめたものです。最も影響率が高い地域は「大阪府」の42.1%、次いで「和歌山県」の36.6%、「神奈川県」の35.8%となりました。影響率が最も低い地域は「愛媛県」の5.7%、次いで「群馬県」の6.6%、「栃木県」の10.2%となりました。

●表1:都府県別最低賃金改定影響率 

平成27年度の地域別最低賃金の改定影響率を調査したときにも、「大阪府」、「和歌山県」、「神奈川県」の改定影響率の高さは際立っていました(アイデムオリジナル調査参照)。旧最低賃金額で募集、雇用をしていた企業の多くが、新最低賃金額で募集、雇用するというサイクルになっていることが考えられます。また、今年度の改定で地域別最低賃金が800円を超える「静岡県」は24.4%、「兵庫県」は25.6%となり、前回の調査時よりも10.0%以上高くなりました。

地域によっては、地域別最低賃金の改定がかなりの影響をもたらすことが分かりましたが、平均時給にはどのくらい変化があるのでしょうか。前述の条件の下、業種と職種ごとに調べました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

新卒・パート/アルバイト調査のバックナンバー

無期転換ルールの対応~企業は? 有期労働者は? 最新調査報告
労働契約法第18条による、無期転換権の本格的な発生が約半年後に迫っています。有期雇用で働いていた労働者は、どのように考え行動するのか?企業は、どのように対応しよ...
2017/10/17掲載
2018卒新卒採用は「早い」「高い」「多い」
3月1日。今年も2018年3月卒業予定者を対象とした新卒採用活動が解禁されました。近年上昇を続ける就職内定率を背景に、新卒採用活動を行なう企業はどのような策を講...
2017/09/15掲載
【新卒・パート・バイト】求職方法と求人方法で利用媒体は違う?
求人募集といえば新聞折込、求人誌、ハローワークが主だった昔と違い、インターネットの発展と共に求人の媒体・方法は多様化しています。新卒採用、パート・アルバイト採用...
2017/08/23掲載

関連する記事

定着のカギは、自社をよく知ってもらうこと
新卒採用活動で大事にしたいのが、学生に自社をよく知ってもらうことです。面接や内定をうけるかどうかを決めるのは学生本人であり、企業がコントロールすることはできませ...
2017/03/16掲載新卒・パート/アルバイト調査
複数内定獲得学生に選ばれるためには?
人不足の影響等から、新卒市場は学生に有利な「売り手」状態が続いており、複数の内定を持つ学生は珍しくはありません。その中から選ばれる企業となるためには、何が必要な...
2016/12/07掲載新卒・パート/アルバイト調査
就活「後ろ倒し」の目的は達成できたのか?
2016年卒の新卒採用スケジュール「後ろ倒し」によって、その目的であった、「学生の学業に費やす時間」は増えたのでしょうか?スケジュールの変更前の学生(2015年...
2016/06/13掲載新卒・パート/アルバイト調査
就活生のキャリア意識、ワーク・ライフ・バランス重視
就職活動を控える大学3年生(大学院1年生も含む)を対象に行った、「2016年3月卒業予定者の就職活動に関する調査 2014年11月1日状況」からは、今どきの学生...
2015/07/16掲載新卒・パート/アルバイト調査
採用選考が後ろ倒しになったときの対応は?
パートタイマー白書や学生を対象にした就職活動に関する意識調査など、アイデム人と仕事研究所が独自で行っている調査から見えてくることを考察します。
2015/02/16掲載新卒・パート/アルバイト調査
受けさせたいスキルアップ系講座特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

WEB面接に特化した採用システム インタビューメーカー 日本マンパワーHRフェス2017開催!

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


『日本の人事部』新人研修特集

社会人としての基礎固めと早期戦力化を促すプログラムをご紹介



『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの
new

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...


なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」
new

なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」

成長過程にある企業では、現状に合う組織づくりや人の育成が後追いになって...


新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

タレントデータの一元管理や活用はもとより、いま、企業人事にも、社員一人...