企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

本誌特別調査 2019年役員報酬・賞与等の最新実態
従業員身分の執行役員の年収は1511万円

民間調査機関の一般財団法人 労務行政研究所では、調査資料が少ない役員の年間報酬(報酬月額・年間賞与)その他処遇に関する調査を1986年以降継続して行っている。

本稿では、最新調査結果の中から従業員身分の執行役員の報酬・賞与について紹介する。

【調査要領】

◎調査名:「役員の報酬等に関する実態調査」

1. 調査対象:全国証券市場の上場企業(新興市場の上場企業も含む)3647社と、上場企業に匹敵する非上場企業(資本金5億円以上かつ従業員500人以上。一部「資本金5億円以上または従業員500人以上」を含む)70社の合計3717社。ただし、持株会社の場合は主要子会社を対象としたところもある。

2. 調査時期:2019年7月8日~9月17日

3. 集計対象:前記調査対象のうち、回答のあった142社。産業別、規模別の集計社数は下表のとおり。本調査は社名を秘匿扱いで行ったため、会社名を一切公表していない。所属業種については、調査時点におけるものとした。なお、項目により集計(回答)企業は異なる(項目により回答していない企業があるため)。

4. 利用上の注意:[図表]の割合は、小数第2位を四捨五入し小数第1位まで表示しているため、合計が100.0にならない場合がある。また、本文中で割合を引用する際には、実数に戻り再度割合を算出し直しているため、[図表]中の数値の足し上げと本文中の数値とは一致しないことがある。

「役員の報酬等に関する実態調査」対象区分

従業員身分の執行役員の報酬と賞与

経営環境の変化が進む中で、取締役の機能を経営の意思決定と監督に集中させ、その意思決定に基づいて業務執行に専念する執行役員の制度を設ける企業が年々増加傾向にある。日本監査役協会の「役員等の構成の変化などに関する第19回インターネット・アンケート集計結果(監査役(会)設置会社版)」(2019年5月)によると、執行役員制度を導入している上場企業の割合は75.5%と全体の4分の3を占めている。

執行役員について、現行の会社法では明確な定めはないが、制度導入企業では取締役が執行役員を兼務するケースと従業員身分の執行役員を設けるケースの双方が見られる。本調査では2014年以来5年ぶりに、「従業員身分の執行役員」に絞って、報酬と賞与の水準を調べてみた(なお「指名委員会等設置会社」で設けられている「執行役」は本集計には含めていない)。

従業員身分の執行役員の選任状況[図表22]
回答企業の約7割が選任

【図表22】従業員身分の執行役員の選任状況

【図表22】従業員身分の執行役員の選任状況

今回の調査では、取締役兼務を含む「執行役員制度の有無」ではなく、「従業員身分(取締役兼務を除く)の執行役員の有無」として設問した。集計結果は[図表22]のとおりとなり、従業員身分の執行役員を選任している割合は、規模計で68.3%、規模別では1000人以上74.4%、300~999人79.2%、300人未満でも52.9%と半数超に達している。

役位別の年間報酬[図表23~24]
非役付の執行役員は1511万円

役位別の年間報酬は[図表23]のとおりで、専務執行役員3076万円、常務執行役員2415万円、非役付の執行役員が1511万円となった。参考まで、今回調査の取締役(兼務は除く)の水準(60社・1775万円)と比較してみると、非役付の執行役員の年間報酬は85%程度の水準となっている。また、最も集計社数の多い非役付の執行役員の年間報酬を規模別に見ると、1000人以上が1985万円、300~999人が1356万円、300人未満が1163万円となっている。

【図表24】賞与の支給有無別に見た
従業員身分の執行役員の報酬と賞与

【図表24】賞与の支給有無別に見た従業員身分の執行役員の報酬と賞与

執行役員についても、常勤役員と同様に賞与支給の有無による違いを、①支給あり、②(もともと制度はあるが)業績等都合で不支給、③賞与はもともとない――の3パターンに分けて集計した。集計結果は[図表24]のとおりで、集計社数が少ない専務執行役員(7社)以外について見ると「①支給あり」は常務執行役員で35社中23社(65.7%)、非役付の執行役員で88社中59社(67.0%)となり、常勤役員に比べて賞与を支給している企業の割合が高くなっている。

「①支給あり」と「③賞与はもともとない」企業の年間報酬を比較してみると、常務執行役員は、①2528万円に対し、③2220万円と300万円以上の開きが見られる一方、非役付の執行役員は、①1526万円、③1548万円と後者が上回り、その差も小さなものになっている。

【図表23】従業員身分の執行役員の報酬と賞与

【図表23】従業員身分の執行役員の報酬と賞与

年間報酬の分布[図表25]
非役付の執行役員は「1200万~1400万円未満」が最多

【図表25】従業員身分の執行役員の役位別年間報酬分布

【図表25】従業員身分の執行役員の役位別年間報酬分布

役位別の年間報酬分布は[図表25]のようになり、専務執行役員は最頻値の「3000万円台」に全体の5割が集中。常務執行役員は最低912万円から最高5150万円の幅で分布しており、最頻値は「2200万~2400万円未満」の17.1%。非役付の執行役員は、最低650万円から最高4610万円まで分布の幅が広いものの、最頻値の「1200万~1400万円未満」19.3%を含む800万~1600万円未満の範囲に全体の6割余りが収まっている。

注) * ここでは、一般財団法人労務行政研究所が行った(調査期間:2019年7月8日~9月17日)「役員の報酬等に関する実態調査」をもとに、『日本の人事部』編集部が記事を作成しました。詳細は『労政時報』第3985号(2019年12月27日発行)に掲載されています。
◆労政時報の詳細は、こちらをご覧ください→ 「WEB労政時報」体験版

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事・労務実態調査のバックナンバー

2019年度 部長・課長・係長クラス・一般社員のホワイトカラー職種別賃金調査
~13職種に見る最新実態と諸格差の動向~
グローバル化の進展等に伴い、役割給・職務給に代表される仕事基準の人材マネジメントを志向する企業が、徐々に増えつつある。 こうした動向を踏まえて労務行政研究所で...
2020/06/12掲載
労使および専門家の計452人に聞く2020年賃上げの見通し
~定昇込みで6495円・2.05%と予測。7年連続で2%台に乗る~
賃金交渉の最新動向がわかる!労・使の当事者および労働経済分野の専門家を対象に実施した「賃上げ等に関するアンケート調査」から見える2020年の賃上げ見通しは?
2020/02/20掲載
本誌特別調査 2019年度 モデル賃金・年収調査
上場企業を中心とした各社の定昇・ベアの実施状況や賃上げの配分状況、モデル賃金、年収・賞与の水準等について
民間調査機関の一般財団法人 労務行政研究所では1967年から毎年、全国の上場企業を中心に「モデル賃金実態調査」を実施している。本稿では2019年度の集計結果から...
2019/12/16掲載

関連する記事

2013年役員報酬・賞与等の最新実態
労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、調査資料が少ない役員の年間報酬(報酬月額・年間賞与)その他処遇に関する調査を1986年以降継続して行っています。本記事で...
2014/06/16掲載人事・労務実態調査
2012年 役員報酬・賞与等の最新実態
民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、調査資料が少ない役員の報酬・賞与その他処遇に関する調査を1986年以降継続して行っています。本記事では、そ...
2013/06/17掲載人事・労務実態調査
常勤役員の報酬・賞与等の最新実態――年間報酬の額、賞与の割合など
成果主義やコーポレートガバナンスの高まりの中、役員報酬の業績への連動や退職慰労金の廃止など、役員の報酬制度に関する見直し・再構築の動きが急速に進んでいます。こう...
2008/08/08掲載人事・労務実態調査

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


3年目社員の「賢い」育て方 (第2回)

3年目社員の「賢い」育て方 (第2回)

ベンチャーのIT企業に入社し、4月から社会人3年目に突入したB氏。仕事...