企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

『労政時報』提携

40代・50代社員の課題と役割に関するアンケート
管理職・非管理職別に期待役割と実践度、活躍支援に向けた課題を調査
労務行政研究所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
INDEX
ページ1
ポイント
1 人事担当者が考える40代・50代社員を取り巻く課題 
ページ2
2 管理職に期待している役割と実践度
[1]管理職(部長/課長)に期待している役割
ページ3
2 管理職に期待している役割と実践度
[2]管理職(部長/課長)に期待している役割の実践度
[3]期待している役割と実践度の対応関係
ページ4
3 非管理職に期待している役割と実践度
ページ5
4 40代・50代社員に対する課題や方向性

ポイント

  • (1)40代・50代社員に対する課題認識:
    「強く課題を感じている」が49.0%、「やや課題を感じている」が37.0%で、9割弱が課題を認識[図表1~2]
  • (2)管理職に期待している役割と実践度:
    部長・課長ともに、8割以上の企業で「リーダーシップを発揮し、従来の方法にとらわれずに変革を推進する」ことを求めるが、その役割を実践できている割合は部長で35.8%、課長で16.5%[図表3~8]
  • (3)非管理職に期待している役割と実践度:
    期待している役割として「日頃から専門知識・専門技術を向上させ、環境変化にも柔軟に対応する」が最多(86.7%)だが、その役割を実践できている割合は30.1%[図表9~12]
  • (4)40代・50代社員に対する課題と施策:
    課題は「キャリアビジョンがなく、受け身の姿勢で仕事を進めている」が1位[図表13]。効果的な施策は「役割を明確にし、正しく評価するための仕組みを整備する」65.7%、「キャリア研修やキャリア面談など、気づきを得たり将来を考えたりする機会をつくる」62.6%[図表14~15]

1 人事担当者が考える40代・50代社員を取り巻く課題

40代・50代社員に対する課題認識[図表1〜2、事例1]
「強く課題を感じている」が49.0%、「やや課題を感じている」が37.0%で、9割弱が課題を認識

まず、人事担当者に40代・50代社員に対する仕事への取り組み方や組織に対する成果貢献等についての課題認識を尋ねた[図表1]。全体では、「強く課題を感じている」が49.0%と半数近くに上り、次いで「やや課題を感じている」が37.0%、「それほど課題を感じていない」が14.0%、「まったく課題を感じていない」と回答した企業はなかった。「強く課題を感じている」と「やや課題を感じている」を合わせると86.0%に達し、9割弱の人事担当者が40代・50代社員に対して課題があると認識していることになる。

【図表1】40代・50代社員に対する課題認識(規模計)

規模別に見ると、「1000人以上」では「強く課題を感じている」が59.5%に上っているのに対して、「300人未満」では34.5%にとどまった[図表2]。バブル入社組(1988〜1992年の大学卒入社者)が40代後半から50代前半に差し掛かっているが、総じて大企業のほうが採用人数も多く、結果的に比較対象も増えることから、相対的に各人の働きぶりの差が見えやすくなるため、より強く課題認識を持っていることがうかがえる。

【図表2】40代・50代社員に対する課題認識

なお、「課題を感じている」と回答した企業の具体的な課題内容を[事例1](省略)にまとめた。主なものを抽出すると、以下のようになる。

  • ポストが限られる中で、いかにモチベーションを維持し、成果創出につなげるか
  • 管理職層が多忙で、かつ、環境変化や人材の多様化により、適切なマネジメントができない
  • 人員構造に偏りがあり、特にバブル崩壊以降の入社者が不足し、業務の引き継ぎや後継の育成に課題が生じている
  • 本人の意欲や能力の問題として、「加齢による肉体的・精神的な変化」「スキルの変化に対応できない」「定年が見えてきて、モチベーションが低下している」「若手社員との考え方・感じ方のギャップ」などが起きている
  • 役職離任(ポストオフ)後の処遇・働き方をどうするか
  • 部下を持たないスタッフ管理職・専門職の処遇・働き方をどうするか


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人事・労務実態調査のバックナンバー

懲戒制度の最新実態 解雇の場合の退職金、懲戒解雇と諭旨解雇ではどうちがう?
SNSの普及により、インターネットに関連した懲戒事案なども増えています。 今回は各企業の懲戒制度の内容とともに、解雇における退職金の有無、30のモデル ケース別...
2018/10/03掲載
2017年度 部長・課長・係長クラス・一般社員のホワイトカラー職種別賃金調査(労務行政研究所)
13職種に見る最新実態と諸格差の動向
近年、役割給・職務給に代表される仕事基準の人材マネジメントを志向する企業が、徐々に増えています。ここでは、2017年度職種別賃金実態調査より、経営企画・営業など...
2018/08/03掲載
本誌特別調査
2017年役員報酬・賞与等の最新実態(労務行政研究所)
社長の年収は4441万円。社外取締役の年間報酬の平均額は643万円
企業役員の年間報酬や、その他処遇はどのようになっているのだろうか?社外取締役の選任状況は?最新の調査結果から、年間報酬に関して役位別の水準と社外取締役について紹...
2018/06/13掲載

関連する記事

従業員のエンゲージメントを高めるソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

紀尾井カンファレンス 学びを可視化する ビジログ

注目コンテンツ


従業員のエンゲージメントを高めるソリューション特集

従業員のエンゲージメントを高めるヒントとなるセミナーやサービス、ダウンロード資料をご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「働きがい」が業績向上を実現する<br />
~成長する組織をつくる働き方改革~

「働きがい」が業績向上を実現する
~成長する組織をつくる働き方改革~

すでに関連法令も成立し、「働き方改革」への対応は待ったなしの状況といえ...


戦略人事の基盤となる「人事給与システム」<br />
導入を成功させるためのポイントとは?

戦略人事の基盤となる「人事給与システム」
導入を成功させるためのポイントとは?

給与計算業務や社会保険手続きなどの労務管理から、採用・異動・評価といっ...