無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

“在宅勤務”は転職事情をどう変えるか
「オンライン面接」もごく普通に

新型コロナウイルスの感染拡大によって、多くの企業が時差出勤やテレワークといった働き方の変化を余儀なくされている。新しい働き方を経験したことによって、企業と従業員の関係にも一定の変化が生まれるかもしれない。転職という切り口から考えると、在宅勤務やオンラインミーティングの普及がもたらす影響は大きいのではないだろうか。

広がる職場との距離感

「今後、コロナショックで経済が低迷する可能性はかなり高いと思います。企業の採用姿勢も変わるかもしれませんし、今は転職活動をせず、様子を見た方がいいのでしょうか?」

新型コロナウイルス感染症の流行は、経済に大きな影を落としはじめている。人材紹介会社に登録している人たちからも、こうした問い合わせが多くなってきた。すでに退職している場合は別として、働きながら転職活動をしている人には次のように回答することになる。

“在宅勤務”は転職事情をどう変えるかイメージ写真

「転職で何を実現したいのかを再度確認してみましょう。その上で希望が実現できそうな企業からの求人があるなら、時期は関係ないと思います。どんな時でも人材を必要としている企業はあります」

リーマンショックなど過去の不況時にも、企業が一斉に採用を抑制することはなかった。いま、転職活動を休止する必要はないだろう。長期戦も覚悟し、自分の希望や条件に合う転職先が見つかるまで活動する「じっくりモード」に切り替える。それくらいに考えた方がいい。

ただ、今回のコロナショックには、これまでの景気変動とはやや異なる側面もある。人と人の接触をできるだけ減らすために、時差出勤やテレワークを導入するなど働き方が変化している。特に「在宅勤務」は、転職事情にもかなり影響を与えそうだ。

人材業界では、以前から「長期休暇の後は退職者が出やすい」と言われてきた。年末年始や夏休み、ゴールデンウィークなどの長期休暇中は、忙しい業務から解放され、家族や友人たちとじっくり話し合う機会がある。仕事だけでなく、人生について考えた結果、休暇明けに転職を希望する人が増えるとされてきた。

在宅勤務の定着は、労働者が職場から強制的に切り離され、一定の距離を置く期間が長く続くことを意味する。これが長期休暇と似た効果を持つ可能性は大いにあるだろう。今すぐではなくても、近い将来、転職を考える人が増えることは十分に考えられるのだ。

さらにコロナショックによって発生した、景気のまだら模様が重なる。需要が減った業界から需要が増えた業界へと労働力が移動するのは当然のことでもある。

「転職活動を完全にお休みにしてしまうと、いざというとき、つまり良い求人案件が出たときにすぐに動けません。履歴書や職務経歴書を常にアップデートしておく、情報収集を継続する、といった態勢を維持しておくことが大事です」

そう説明するとだいたいの方が納得してくれる。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
カジュアル面談
AR・VR
コンバージョンレート(CVR)
スクラム採用
タレントプール
ブラインド採用
35歳限界説
オンライン面接
リファレンスチェック