企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

あの仕事の「ヒト」と「カネ」

【ローディー】
すべては最高のライブを創り上げるため
アーティストを支える裏方の要

音楽のライブイベントがかつてないほど盛り上がっている。デジタル技術が飛躍的に進化し、ネット配信で簡単に音楽を楽しめる時代になったが、アーティストの“生”の歌声やパフォーマンスには、やはり特別な魅力があるのだろう。その“生”の音楽文化を、楽器や機材に関する高度な知識とスキルで支える縁の下の力持ちがいる。「ローディー」――華やかなステージのすぐそばの暗がりに、黒ずくめの服装で身を潜める彼らもまた、一期一会のライブを創り上げる陰のアーティストである。

もう「ボーヤ」じゃない――ライブに欠かせない楽器・機材の専門職

ローディー  イメージphoto

バーチャルではない、リアルな一体感を求めて、
ライブコンサートの需要が伸びている

「2016年問題」をご存じだろうか。首都圏で、大型施設の建て替えや改修に伴う閉鎖、一時閉鎖が重なり、ライブイベントを開催できる会場の不足が懸念されている事態のことである。この問題で最も深刻なダメージを受けているといわれるのが音楽業界だ。ジャンルを問わずCDの売上が低迷している昨今、それをカバーし、アーティストの貴重な稼ぎ口になっているのがライブコンサートだからである。一般社団法人コンサートプロモーターズ協会によれば、06年以降、同協会正会員によるライブコンサートの年間売上は右肩上がりが続き、14年には2749億円と、10年の2倍以上となる売上を記録した。音楽業界の黄金期ともいえる90年代後半が700億円前後で推移していたことを考えると、ライブの市場規模がいかに大きくなっているかが分かるだろう。業界のライブ依存体質を図らずも浮き彫りにしたのが「2016年問題」だといっていい。

そうしたライブやコンサートツアーの成功は、数多くの裏方によって支えられている。中でも、アーティストやミュージシャンから絶大な信頼を得ているのが、「ローディー」と呼ばれる、楽器や機材の管理、セッティングなどを担当する専門スタッフである。こう書くと単純そうだが、ローディーの仕事の範囲は実に幅広い。

もともと巡業(コンサートツアー)を意味する英語の“road”が語源で、職業として発祥したのはアメリカのロックシーンから。ロックコンサートでは、ギターやドラムなどの楽器のほかに、アンプやPA(電子音響装置)といった大規模な設備を会場に持ち込み、ライブ中も瞬時に楽器を取り変えたり、セッティングを転換したりする場面が数多くあるため、ミュージシャンだけでは輸送や設営が難しい。また、長期のツアーとなると、楽器や機材類の管理だけでなく、ミュージシャンの身の回りの世話やメンタル面のサポートを含め、大小の雑事を解決していく必要がある。そうした事情から、楽器まわりを中心に、ライブコンサートの裏方全般を担うマネジャー的な役職として、「ローディー」というポジションが設けられた。最近では、「テクニシャン」「テック」と呼ばれることも多い。

ちなみに日本の音楽業界ではかつて、同じような役割をこなすスタッフのことを「ボーヤ」、もしくは「バンドボーイ」と呼んでいたが、この呼称には、特定のミュージシャンの付き人やメンバーの見習いとして雑用を担う弟子のような若者、といった意味合いが込められている。実際、ボーヤやバンドボーイからデビューしたり、バンドの正式メンバーに昇格したりした例は少なくない。ボーヤが、ミュージシャンを目指すための“通過点”であるのに対し、ローディーは、あくまでもライブイベントやコンサートの設営・運営、ミュージシャンの楽器サポートをおもな業務とするスペシャリスト。日本でも、1980年代頃から両者が区別されるようになり、専門職としてのローディーが確立されていった。

本番中もステージ袖で待機、求められるのは臨機応変の対応と気配り

ローディーのおもな職場はライブ会場。その仕事はまず、楽器や機材一式の運搬、搬入から始まる。ミュージシャンにとって身体の一部ともいえる、大切な“商売道具”を預かる以上、楽器の取り扱いには細心の注意を払わなければいけない。そしてそれらを、本番前の限られた時間内でセッティングし、音が正常に出るようになったら、チューニングへ。アーティストが会場入りするまでに、個々の楽器のチューニングやメンテナンスをすませ、全体の音質や音量バランスのチェックまで入念に繰り返す。

ローディー  イメージphoto

最高の状態でアーティストを迎える――
腕利きのローディーがいなければ、
最高のパフォーマンスは生まれない

リハーサルや本番が始まると、ステージの袖に待機。曲の合間にプレーヤーのもとへ走り、楽器の取り換えをアシストしたり、楽器の音色を変えるためのエフェクターを操作したりするほか、ステージ上のあらゆるアクシデントに対処するのもローディーの仕事だ。ライブの規模によって違うが、個々のプレーヤーに一人ずつローディーが付く場合もあれば、全体を一人でサポートすることもある。楽器や機材に関する知識はアーティスト以上に求められるが、それだけではとうてい務まらない。会場の特性を見きわめ、担当するアーティストの音の好みから演奏スタイル、当日のコンディションまで知り尽くした上で、状況への臨機応変な対応と一つ先を読む気配りが求められる。何といっても、ライブは“生”。何が起こるかわからないからである。アーティストに楽器や機材に関わる心配をさせず、ベストパフォーマンスにどれだけ専念させられるかが、一人前のローディーの腕の見せどころだ。担当アーティストから絶大な信頼を寄せられ、スタッフでありながら、いっしょにライブを創っていく感覚が味わえるのは、この仕事ならではの醍醐味だろう。

ただし、“代役”は効かないので、たとえ高熱が出ても仕事に穴をあけるわけにはいかない。ライブの前日や本番は長時間にわたって激務が続き、体力的にも厳しくなることが多いので、日々の体調管理をしっかりと行う必要がある。

専門学校で学び、知識や実習体験を得たほうが業界に溶け込みやすい

日本では比較的歴史の浅い職業なので、現在活躍しているローディーの来歴は、元ミュージシャンや元楽器店店員、元製作スタッフなどさまざまだが、現在は音楽・芸能系の専門学校に「ローディーコース」が設置され、有望な進路の一つとして確立されつつある。もちろん機材の運び方も、セッティングの方法も、実際の仕事は場数を踏み、体で覚えていくしかないが、ある意味特殊な業界なので、専門学校の実習などを通じ、事前に現場の空気を体験するだけでも大いに役立つという。

雇用形態としては、特定のアーティストに直接雇用されるタイプ、アーティストの所属プロダクションに雇用されるタイプ、ローディー専門のマネジメント会社や楽器のレンタル会社に社員として雇用されるタイプ、契約社員として派遣会社に登録するタイプ、フリーなどに大別される。楽器と機材の運搬に車を使うため、運転免許は必須だ。音づくりを担う以上、楽器も弾けるに越したことはない。

収入面は、ローディー業務およびローディーのマネジメント業務を専門に行う、草分け的な企業を例にとると、固定給プラス歩合制で、新人で月15万円程度、ベテランになると50万円以上になることも。力仕事が多いせいか、第一線で活躍する女性のローディーはまだ少ない。しかし本来は、女性らしい細やかな気遣いやサポート能力が活かせる仕事である。今後の女性活躍の有望ジャンルとして、大いに期待したい。

この仕事のポイント
やりがい 担当アーティストから絶大な信頼を寄せられ、スタッフでありながら、いっしょにライブを創っていく感覚が味わえる
就く方法 元ミュージシャンや元楽器店店員、元製作スタッフなど元々音楽業界に携わっていたスタッフが転身。現在は音楽・芸能系の専門学校に設置されている「ローディーコース」で学ぶこともできる
雇用形態は、アーティストの直接雇用からマネジメント会社や楽器のレンタル会社の雇用、派遣登録、フリーなど、さまざま
必要な適性・能力 ・楽器と機材の運搬に車を使うため、運転免許は必須
・音づくりを担うので、楽器も弾ける方がよい
・長時間にわたる激務に耐える体力
・細やかな気遣いやサポート能力
収入 固定給プラス歩合制で、新人で月15万円程度、ベテランになると50万円以上になることも


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あの仕事の「ヒト」と「カネ」のバックナンバー

【チャイルド・ライフ・スペシャリスト】
病気なんか怖くない! 闘う子どもに前を向く元気を――。
家族のあたたかい思い出づくりを支えるスペシャリスト
子どもが子どもらしく、いつも前向きに生きられるように――。 病児やその家族を支える「チャイルド・ライフ・スペシャリスト」
2017/10/31掲載
【裁判官】
常に謙虚に学び、自身の良心に従って判断
憲法で独立性が保証されている孤高の仕事
自らの判断によって人々の生活を左右する重責を負う裁判官。 一人前になるまでの厳しい道のりとやりがいとは
2017/09/22掲載
【絵画修復士】
挑むのはかけがえのない人類の“遺産”
名画の輝きをいまによみがえらせ、命をつなぐ驚異の技とは
かけがえのない人類の遺産を守るプロフェッショナル 「絵画修復士」の仕事にクローズアップ!
2017/08/30掲載

関連する記事

【潜水士】
映画「海猿」で有名になった水の中の何でも屋
チームワークを軸に安全で確実な業務を目指す
常に危険と隣り合わせの「潜水士」の仕事。困難な水中での作業に挑むプロフェッショナルにクローズアップ。
2017/07/31掲載あの仕事の「ヒト」と「カネ」
仕事と家庭、どっちが大事?
働く女性と働く男性。家事・育児にどのくらいの時間を費やしている?また、配偶者の協力体制に働く女性は満足している?女性活躍の現状と課題について聞いた調査結果から、...
2017/07/21掲載新卒・パート/アルバイト調査
【調香師】
消臭・防臭ばかりじゃ味気ない
香りを創り、香りで人と社会を幸せにするスペシャリストとは
近年、急速に広まった「スメハラ」という言葉に象徴されるように、現代人は香りに敏感。生活に密着したあらゆる「匂い」の仕掛け人、「調香師」の仕事とは?
2017/06/30掲載あの仕事の「ヒト」と「カネ」
【学芸員】
「観光立国」への機運高まる中
貴重な文化遺産を後世に伝え、その魅力を広く発信
国が推進する「文化財の観光活用」に関し、ある大臣が、それを妨げる存在として「一番のがんは学芸員」と発言。世論の猛反発を浴びたのは記憶に新しい。担当分野の専門的知...
2017/05/25掲載あの仕事の「ヒト」と「カネ」
【大使】
国益を左右する外交の最前線で
リーダーシップを発揮する、グローバル人材の理想像
多くの要人と交流する機会が多く、華やかなイメージで語られる外交のプロフェッショナル「大使」。しかし、任地での一挙手一投足が、自国の行く末を左右するといっても過言...
2017/04/26掲載あの仕事の「ヒト」と「カネ」
受けさせたいスキルアップ系講座特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

社宅でもUR賃貸住宅
<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。



『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...


これからのビジネスに欠かせない「経済知力」とは?

これからのビジネスに欠かせない「経済知力」とは?

変化のスピードが速い現代において、過去の“経験則”だけでは通用しないの...