企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】キギョウシュドウガタホイクジギョウ 企業主導型保育事業

「企業主導型保育事業」は簡単に言うと、会社がつくる保育園です。2016年4月に内閣府がスタートさせた制度で、企業が従業員のために保育施設を設置する際、整備費や運営費への助成金が支給されます。これまでの「事業所内保育施設」と違い、区市町村の認可が不要な認可外保育施設に分類されるため、行政からのチェック項目も多い「事業所内保育施設」と比べて、待機児童問題にスピーディーに対応できるという強みを持ちます。自社での運営が難しい場合、運営を別法人へ委託することも可能です。
(2018/5/28掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業主導型保育事業のケーススタディ

働く親に大助かりの柔軟さ
福利厚生には、企業主導型保育事業を!

「保育園落ちた日本死ね」が物議を醸したのが2016年2月。その後、各地で保育士の処遇が改善され、小池百合子都知事が東京都の2018年度予算にベビーシッター代として約50億円を計上するなど、待機児童問題の解決に向けた明るい話題も増えてきました。

保育園は大きく「認可保育所」と「認可外保育施設」に分けられます。認可保育所の場合は国から補助が出るため、認可外保育施設と比べると、保育料は安価になります。「認可保育所を増やせばいいのでは?」と思うかもしれませんが、問題はそう簡単ではありません。

認可保育所を新しく作るのにボトルネックとなっているのが、地方自治体の消極的な姿勢です。基準を満たしていれば新規設立を拒むことはできませんが、初期費用の拠出が困難なことに加え、少子化が進む中で将来の保育所余りも懸念されるなど、「足りていないなら作りましょう」と簡単には言えないのが実情なのです。

そんな中、「企業主導型保育事業」では、ハードルの一つである自治体とのやり取りを省略でき、認可保育所と同等の助成金を国から得られるため、待機児童解消への有効な一手として期待が寄せられています。遅い時間までの延長保育や夜間保育、休日保育に短時間保育など、従業員の労働事情に応じてフレキシブルに対応し、認可保育所に応募する際には必要な「保育の必要性」の申告を求められないので、企業と社員双方にとってメリットがあります。

自治体の認可を受けていない分、行政の監視機能が受けられず、各事業者によって質がまばらになるというデメリットはありますが、自社の施設の一つであるという点では、その距離の近さから安心感は得られるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

3歳の壁
「3歳の壁」とは、0~2歳児向けの保育施設に子供を預ける保護者が、3歳以降の預け先探しに苦労する問題のことです。待機児童対策として0~2歳児のみが対象の保育施設が増設された結果、3歳以降の受け皿不足が起こり、もう一度“保活”(=保育園探し)に奔走しなければならない保護者が増えています。2015年4月...
企業内保育所
「企業内保育所」とは、企業が育児中の従業員のために、事業所内または事業所の近辺に設ける専用の託児施設のことです。施設は企業がつくり、実際の運営は保育サービス事業者に外部委託するケースが一般的。国の認可外保育所の一つに分類され、預かる子どもの人数や子ども一人あたりの部屋面積などが基準を満たす場合は、...
助成金
新しい雇用の創出や高齢者の雇用の安定などを目的として、厚生労働省はさまざまな「助成金制度」を設けています。一定の条件を満たした従業員の採用や定年延長、または会社の創業や新規事業への進出などが助成金の対象となります。

関連する記事

事業所内保育施設を作る強い味方! 内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは
2016年4月に内閣府が「企業主導型保育事業」をスタートしました。これは、企業が従業員のための保育施設を設置する際に整備費・運営費について助成する制度です。「企業のイニシアチブで同制度を利用できる」「従業員の様々な働き方に応じた、柔軟な保育サービスの展開が可能...
2016/12/01掲載注目の記事
企業の時短はどこまで進んだ?休日は増えた?「労働時間」と「休日日数」の最新実態
主要企業と中堅・中小企業の2004年度の労働時間と休日について、労務行政研究所の調査結果をもとに探ってみます。
2005/03/28掲載人事・労務実態調査
「人口減少」と「団塊の世代の大量定年」は、企業の人事戦略にどのような影響を与えるか?
国立社会保障・人口問題研究所の2002年1月の推計では、日本の総人口は「2006年をピークに減少していく」と見込まれています。しかし昨年8月に発表された厚生労働省の「人口動態推計」(2005年上半期)では、統計開始以来、初めて減少を示し、もうすでに日本の人口が...
2006/03/13掲載人事・労務実態調査

関連するキーワード

分類:[ 福利厚生 ]
『日本の人事部』注目のセミナー特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

【ご案内】東京テレワーク推進センター

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


新春!2019年注目のダウンロード特集

今『日本の人事部』が注目するサービス・調査データ・事例など、業務で役立つ資料をご紹介します。
貴社の課題解決のヒントに、ご活用ください!



『日本の人事部』注目のセミナー特集

新たな人事ソリューション導入を検討されている企業様向けに『日本の人事部』が厳選したセミナーをご紹介


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開<br />
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~

帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~

働き方改革と相まって話題になっている「健康経営」ですが、従業員の健康を...


「人のための組織づくり」への発想の転換<br />
今、企業社会のあり方が問い直されている

「人のための組織づくり」への発想の転換
今、企業社会のあり方が問い直されている

じっくり話しあって採用したはずの新入社員が「未来が見えない」といって早...