企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

イベントレポート

マイナビ「2014年卒の就活キーワード」を発表
(2013/3/15掲載)

2013年2月26日(火)に、株式会社マイナビ(東京・千代田区)による「2014年卒の就活キーワード発表会」が開催されました。

マイナビHRリサーチセンター長 栗田 卓也氏が「2014年就職活動―学生のポイント」と題し、エントリー開始から約3ヵ月が経過した2014年卒就職活動序盤の最新の傾向と分析、企業と学生の動向を報告。マイナビ編集長 三上 隆次氏からは、就活キーワードと併せて、学生のスマートフォンの活用状況、地方格差、就活トレンドなどについての発表が行われました。

【開催概要】
日時 2013年2月26日(火) 9:45~10:15
内容
  • 2014年就活序盤戦に関するご報告
  • 2014年就活キーワードの発表
  • キーワード並びにトレンドの詳細説明
  • 「地方就活格差解消キャンペーン」について
発表者
  • マイナビHRリサーチセンター長 栗田 卓也氏
  • マイナビ編集長 三上 隆次氏

2014年卒就職活動序盤の最新の傾向と分析

まず、マイナビHRリサーチセンター長 栗田 卓也氏が、企業と学生の動向を説明。2014年序盤の就職活動では、以下の傾向が見られるとのことです。

栗田卓也氏Photo
  • 企業のセミナー開催が早期から実施されている関係で、学生も早期からセミナーに参加し、企業と接触。
  • 学生のエントリーシート提出も昨年よりペースが早く、全体的に前倒しで活動。
  • 学生の就職に対する危機意識は薄らいでいて、大手企業を視野に入れる学生がやや増加。一方、このスピードについていけない学生も出始めている。
  • 結果、活動の準備ができている学生と、そうでない学生の差が広がっている。

2014年卒就職活動 序盤のキーワード

キーワード:「温度差就活」

次に、マイナビ編集長 三上 隆次氏が、「2014年卒就職活動 序盤のキーワード」として、「温度差就活」を発表しました。三上氏は、以下の三点で学生間に「温度差」が発生していると言います。


温度差(1) 企業の採用活動前倒しによって、対応する学生と取り残される学生

2013年卒の就職活動から、企業の広報活動のスタートが12月に変更となり、各社で採用活動の方法に戸惑いが出たことで、出遅れによる人材確保の課題が残ったとのこと。そうした昨年の反省から、今年は個別セミナーを早期に開催する企業が増え、学生もそのスケジュールに合わせてセミナーに参加、企業との接触を図っているそうです。

一方で、そのスピードについていけない学生が出始めていて、結果として、就職活動の準備ができている学生と、遅れをとっている学生の差が広がっているといいます。

温度差(2) 都市部と地方の地域差

企業のセミナーは、都市部で開催されることが多いため、地方の学生は必然的にセミナー参加回数が少なくなるのが実情。「交通費・宿泊費」については、12・1月の2ヵ月だけで関東とその他地域とで倍近い差(177%)があるそうです。

温度差(3) ソー活学生とアナログ学生―SNSの利用度の差

スマートフォンの普及により、ソーシャルネットワークを活用した「ソー活」の利用者が増加。しかし、未だ6割の学生は就職活動では「あまり活用していない」「利用の予定がない」と回答するなど意見が割れているといいます。利用している学生も、企業ページの閲覧や就活仲間との連絡が主な活用方法で、企業との双方向のコミュニケーションツールとしての利用は、一部の学生に留まっているとのことです。

三上隆次氏 Photo 三上隆次氏 Photo
*    *    *

『日本の人事部』では今後も、人事担当者としてぜひ聴いておきたい講演、参加しておきたいセミナーなどのレポートをお届けしていく予定です。次回のイベントレポートにも、どうぞご期待ください。

株式会社マイナビによるプレスリリース(PDF)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

イベントレポートのバックナンバー

日本の人事部「HRアカデミー2019」夏期講座
従業員の「仕事」と「育児」の両立支援~いま、人事が取り組むべきこと~
従業員の仕事と育児の両立を支援するうえで欠かせない「育児休業制度」。しかし、その利用状況を見ると、男女間に大きなギャップが存在する。女性の育休取得率が80%台で...
2019/10/21掲載
日本の人事部 HRアカデミー2019 夏期講座
サイボウズの働き方改革~働き方の多様性がチームワークあふれる会社を創る~
「100人いれば、100通りの働き方」を人事の基本方針として掲げ、独自の「働き方改革」を進めている、サイボウズ株式会社。2018年4月には、社員一人ひとりが「働...
2019/10/15掲載
『健康経営会議2019』開催レポート
2019年8月28日、経団連会館において、健康経営会議実行委員会主催の「健康経営会議2019」が開催された。健康経営とは、従業員の健康を経営課題の一つとして捉え...
2019/10/04掲載

関連する記事

サッポロビールの採用フローでは、AIをどのように使いこなすのか。
採用業務とHRテクノロジーの近未来を
「AI優先度診断サービス」活用事例から予測する
激化する新卒採用市場。採用スピードは加速し、選考スケジュールも短期化の傾向が顕著になっています。エントリーシートをはじめとする書類選考作業をいかにして進めるかは...
2018/02/28掲載注目の記事
学生と企業それぞれが考える
「インターンシップ」の乖離をなくしたい
「学生が選ぶインターンシップアワード」に込められた想い、
実現したい世界観とは
売り手市場と言われる、近年の新卒採用。企業・学生ともに、短いスケジュールのなかで行動しなければならず、苦労も多いのではないでしょうか。そこで、このところ注目され...
2017/12/28掲載編集部注目レポート
就活「後ろ倒し」の目的は達成できたのか?
2016年卒の新卒採用スケジュール「後ろ倒し」によって、その目的であった、「学生の学業に費やす時間」は増えたのでしょうか?スケジュールの変更前の学生(2015年...
2016/06/13掲載新卒・パート/アルバイト調査
指針にそぐわない新卒採用の実情
2016年度の新卒採用で話題となった「おわハラ」。各調査の結果から、日本経済団体連合会の発信した「採用選考に関する指針」にそぐわない、10月1日の内定解禁の前に...
2016/03/14掲載新卒・パート/アルバイト調査
学生は企業を社員で判断する
企業の新卒採用活動において、若手社員が出身校の学生にアプローチし、選考会へのエントリーなどを働きかけることがあります。水面下で学生に接触できることから、有効的な...
2016/02/12掲載新卒・パート/アルバイト調査
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ジョブ・カード制度 総合サイト タレントパレット

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...