企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【診断書の情報だけで判断してはいけない】
精神科産業医が教える職場でみられる「うつ」の困難事例における具体的対応

筑波大学医学医療系助教

宇佐見 和哉

職場のメンタルヘルス対策に関わっている方は、「うつ病」や「うつ状態」という言葉をよく耳にされるでしょう。多くは主治医が記載する診断書に基づくものですが、時には患者さん本人から、「自分は『うつ』なんです」と相談されることもあります。

うつ病の方へは、古くから「励ましはダメ」「頑張らせてはいけない」という対応が望ましいとされてきました。しかし、近年ではそのような対応をしてもうまくいかない事例が増え、職場においてさらなる混乱を招いています。この背景には、「うつ」と「うつ病」とが混同されていることが大きな原因になっています。この「うつ」は、医学的には「うつ状態(抑うつ状態ともいう)」とされるものです。本記事では、職場において困難事例と考えられるうつ状態の理解と具体的対応について解説していきます。

1. 「うつ状態」とは何か

(1)「うつ病」と「うつ状態」の違い

うつ状態を理解するためには、うつ病とはどういったものかを知っておくとスムーズです。うつ病をはじめとする精神障害のほとんどは、検査をして異常 が見つかるというものではありません。そのため精神科では、どの医師が診察をしても同じ病名になるように、診断基準といわれるものに基づいて病気が診断さ れます。うつ病の診断基準を表1に示します。このように、5つ以上の症状が2週間以上にわたり持続している場合に「うつ病」と診断されます。

「うつ状態」とは気分の落込みや、意欲が出ないという状態を表したもので、病名ではありません。病気としてのうつ病であれば当然うつ状態にあり ますが、うつ状態がうつ病であるという構図は成り立ちません。うつ状態という言葉は、うつ病も包摂する、より広い概念であると理解することが適切です。

表1:うつ病の診断基準(抜粋)

以下の症状のうち5つ(またはそれ以上)が同じ2週間の間に存在し、病前の機能からの変化を起こしている。
これらの症状のうち少なくとも1つは、(1)抑うつ気分または(2)興味または喜びの喪失である(注1)

(1)その人自身の言明(例:悲しみまたは、空虚感を感じる)か、他者の観察(例:涙を流しているように見える)によって示される、ほとんど1日中、ほとんど毎日の抑うつ気分(注2)

(2)ほとんど1日中、ほとんど毎日の、すべて、またはほとんどすべての活動における興味、喜びの著しい減退(その人の言明、または他者の観察によって示される)

(3)食事療法をしていないのに、著しい体重減少、あるいは体重増加(例:1ヵ月で体重の5%以上の変化)、またはほとんど毎日の、食欲の減退または増加(注3)

(4)ほとんど毎日の不眠または睡眠過多

(5)ほとんど毎日の精神運動性の焦燥または制止(他者によって観察可能で、ただ単に落ち着きがないとか、のろくなったという主観的感覚ではないもの)

(6)ほとんど毎日の易疲労性、または気力の減退

(7)ほとんど毎日の無価値観、または過剰であるか不適切な罪責感(妄想的であることもある。単に自分を咎めたり、病気になったことに対する罪の意識ではない)

(8)思考力や集中力の減退、または決断困難がほとんど毎日認められる(その人自身の言明による、または、他者によって観察される)

(9)死についての反復思考(死の恐怖だけではない)、特別な計画はないが反復的な自殺念慮、自殺企図、または自殺するためのはっきりとした計画

(注1)明らかに、一般身体疾患、または気分に一致しない妄想または幻覚による症状は含まない。
(注2)小児や青年ではいらだたしい気分もありうる。
(注3)小児の場合、期待される体重増加が見られないことも考慮せよ。
『DSM-IV-TR精神疾患の分類と診断の手引(新訂版)」 137頁より抜粋

(2)困難事例となりやすい「うつ状態」

メンタルヘルスの重要性が広く周知されたことで、職場においてうつ病への対応が丁寧に行われるようになりました。ただし、一般的なうつ病への対応をしてもうまくいかない場合には、支援者が非常に苦労することになります。

職場のメンタルヘルスにおける困難事例の1つに、一見「本当にうつなのか?」と疑わしく思われるケースがあります。この代表的なものが、いわゆ る「現代型うつ病」です。古くから、うつ病は特有の性格傾向を有する者が過重労働など過度なストレスにより心身が疲弊することで発症すると考えられていま した。しかし、近年、強い自己愛と根拠に乏しい万能感をもち、合理的かつ他罰的な考え方を有している者が耐えられない困難に直面することで「うつ」を発症 するというケースが増加しているとされ、前者を「従来型」、後者を「現代型」と区別されるようになりました。

そしてもう1つに、復職したはずなのにパフォーマンスが一向に上がらず長期にわたって職場での配慮を要するケースがあります。この場合、うつ病の病状回復が不十分であることが考えられますが、「統合失調症に伴ううつ状態」である可能性もあります。

それでは、まず「現代型うつ病」についてみてみましょう。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
  • 参考になった0
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
  • その他の感想4
オススメ4
最新順 | 人気順 | 古い順
ryousukeさんがその他の感想でオススメしました
東京都 ゲーム・アミューズメント・スポーツ施設 2014/06/05

断片的な知識がつながり、非常にわかりやすかった。

morithinさんがその他の感想でオススメしました
千葉県 その他業種 2014/05/22

判りやすい内容で今後の対応に役立つものである。

*****さんがその他の感想でオススメしました
東京都 通信 2014/05/22

困難事例は具体的・現実的でしたし、人事として最新の精神病理的見立てについて知っておくことは非常に重要と思いました。

*****さんがその他の感想でオススメしました
東京都 HRビジネス 2014/05/22

同じ「うつ状態」でも、元となる病気に違いがあり、治療が異なるという点で理解に役立った。

4件中 1~4件を表示
  • 1

人事・労務関連コラムのバックナンバー

ハローワーク新システム開始!
人を集める求人票の書き方
今、人手不足はあらゆる業種で大きな問題となっています。特に中小企業では、大企業のように求人募集に割ける費用にも限りがあり、人手不足に頭を悩まされている企業も多い...
2020/05/22掲載
今春から改正健康増進法が全面施行!
企業がどこまでできる!?仕事中・私生活上の喫煙制限
令和2年4月1日に改正健康増進法および東京都受動喫煙防止条例が全面施行されます。これに向けて企業および官公庁の喫煙対策が加速しています。「喫煙した職員にその後4...
2020/03/06掲載
悪質クレームに対応する従業員ケアの必要性と対策
年々増加する不当クレーム・悪質クレーマーから従業員を守るにはどうしたらいいのでしょうか。ここでは、クレーム対応の考え方や、体制整備の進め方について解説します。
2020/01/17掲載

関連する記事

メンタルヘルス・健康経営セミナー
職場の活力アップを考える
人材不足、多様性、働き方改革など、近年は人材に関する環境が大きく変化。職場の活力を左右する職場のメンタルヘルス、産業保健に関心が集まっている。どうすれば従業員が...
2020/03/02掲載注目の記事
人事マネジメント「解体新書」第113回
「ストレスチェック」が義務化されて3年が経過
従業員のストレスへの気づきや対処の支援、職場環境の改善はどう進んだのか?(前編)
2015年12月に「労働安全衛生法」の一部が改正、「ストレスチェック」「面接指導」の実施などを義務付ける「ストレスチェック制度」が導入された。制度導入から3年以...
2019/10/03掲載人事マネジメント解体新書
外国人労働者が関係する労組トラブル対応最前線
相次ぐ外国人技能実習生の失踪などから、長時間労働や過重労働をめぐって紛争につながるケースが多発しています。外国人労働者が関係する労使トラブルの最新事例と、具体的...
2019/09/05掲載人事・労務関連コラム
帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~
働き方改革と相まって話題になっている「健康経営」ですが、従業員の健康を守るための施策を考えるだけが目的ではありません。従業員の健康を増進することが、仕事への活力...
2019/01/08掲載注目の記事
本誌特別調査
旧姓使用を認めている企業は67.5%
~民間企業440社にみる人事労務諸制度の実施状況(労務行政研究所)~
企業で広く取り入れられている18分野・191制度の実施率と10制度の改廃状況について調査した「人事労務諸制度実施状況調査(2018年1~4月実施)」結果を抜粋し...
2018/12/10掲載人事・労務実態調査

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


新たな福利厚生施策 ~社員の満足度を高める「会員制リゾートホテル」活用法とは?

新たな福利厚生施策 ~社員の満足度を高める「会員制リゾートホテル」活用法とは?

現在、福利厚生施策の中で、社員同士や家族連れで自由かつ気楽に利用できる...