企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

田中潤の「酒場学習論」
【第13回】立石「ブンカ堂」と健全で猥雑な職場

株式会社Jストリーム 管理本部 人事部長

田中 潤さん

Jストリーム 人事部長  田中潤の「酒場学習論」

古今東西、人は酒場で育てられてきました。上司に悩み事を相談した場末の酒場、仕事を振り返りつつ一人で呑んだあのカウンター。あなたにもそんな記憶がありませんか。「酒場学習論」は、そんな酒場と人事に関する学びをつなぎます。

「コの字酒場」という言葉をご存じでしょうか。私が敬愛する呑み手で「コの字酒場評論家」としても知られる加藤ジャンプ氏は、コの字酒場について次のように語っています。

「コの字酒場は、究極の自由の空間であること。カウンターがコの字型になったコの字酒場。そこは上座も下座もありません。コの字型だからどこからでも顔が見えて、一人で飲んでも孤独になり過ぎない。二人で飲んだら、ちょうどいい距離感。そして、そこでは、店主が演者。カウンターを囲む客たちが、その夜の舞台を一緒に楽しむ空間です」

イメージがつきますでしょうか。私は酒場での一人呑みが好きです。ぼーっと一人で呑むことも多いのですが、隣り合った方とあれこれとお話をするのも一人呑みの醍醐味の一つです。良い酒場はそんな機会に満ち溢れています。コの字酒場であればなおさらです。コの字酒場では二人呑みのときも二人が全体の空間から切り離されることなく、酒場との暖かい一体感に包まれ続けます。

今回ご紹介する酒場は、コの字酒場の良さがぎゅっと詰まっている立石の名酒場「ブンカ堂」です。日本の酒都ともいえる立石。駅に降り立った瞬間から、ワクワク感を抑えられません。著名なもつ焼き屋「宇ち多”」の向かい側に位置する「丸忠」の店主を長らくつとめられていたのが、現「ブンカ堂」のオーナーである西村さん。「宇ち多”」は初訪者にはいろいろな意味でハードルの高い酒場ですが、「宇ち多”」で緊張感に満ちた時間(これが良いのですが……)を過ごした新参者の呑み手の多くが、向い側にある酒場「丸忠」に癒されに行きます。立石の街の共通体験があるからこそ、知らない同士の対話も進み、連れあって三軒目に出掛ける人たちも少なくありません。そんな場を穏やかに切り盛りされていた西村さんが開いたコの字酒場が「ブンカ堂」です。

グリーンののれんの向こうには、コの字を囲んで語り合う人たち。

グリーンののれんの向こうには、コの字を囲んで語り合う人たち。

昼酒ができる酒場ですが、実に素敵な空気感に包まれています。コの字カウンターのそこかしこで、対話が生まれます。対面との距離が近い細いコの字なので、向かい席のお客さまとも話ができます。穏やかで暖かい店の全体感を保ちながら、知っている仲も、初めての仲でもあちらこちらで小さな対話が起こる、この健全な猥雑さが酒場の素晴らしさです。特にコの字酒場は、そういった雰囲気に満ち満ちています。

「ブンカ堂」ではいつも燗酒をいただきます。そのアテとするのは「カルー」。できあがると店全体にその香りが広がります。「カルー」の正体はルーのみのカレーです。私はカレーをアテにして燗酒を呑むのが大好きなのですが、いつも邪魔になるのがライスです。コメは十分過ぎるほど酒からとっているので、必要ありません。そこで、たいていはカレーのライス抜きを頼むのですが、ここではその必要がありません。そもそもルーだけがメニューなのですから。実に酒呑み心理を理解されている酒場です。

店全体のゆるい一体感を保ちながら、そこかしこで対話が成立している。もちろん一人になりたいときは、その自由が担保されている。寂しくなったら周りの方に語り掛ければいい。初めての客には常連が声をかける……それがコの字酒場の良さの本質です。そして、実はこれらの要素は良い職場の本質でもあると思っています。

カルーと玉櫻の燗酒。外はまだ明るい。至福のとき。

カルーと玉櫻の燗酒。外はまだ明るい。至福のとき。

多くの人が日常的にテレワークをしていることかと思います。私も週に3日はテレワークです。テレワークは業務の生産性をかなり向上させます。通勤時間がなくなる効果も絶大です。ただ、テレワークにより失われるものもあります。

例えば会議を考えてみましょう。オンライン会議は生産性高く進められます。実際の会議と比較して本題から脱線した発言をする参加者が少なくなること、資料は事前共有が当たり前になること、全参加者が画面に注目せざるを得ないことなどが理由でしょう。

また、オンライン会議は、絶対的に一度に一つのイシューしか扱えない仕組みになっています。実際の会議では、進行そっちのけで隣の人と別の相談をしている人がいたり、発言まではしないものの隣の人とあれこれ批判的な意見を小声で交わしたりということもありがちですが、オンライン会議では起こりえません。コの字酒場で感じるような猥雑さが入り込む余地がないのです。

実際の会議なら、発表がうまくいかなくてしょげて席に戻ってきたメンバーを、次の発表そっちのけで上司がフォローする場面もありますが、オンラインでは不可能です。説明者が使う言葉を隣の席の部下が理解できていない顔をしているので、小声で解説をしてあげるなんていうフォローもできません。実際の会議は、意外と健全な猥雑さが許容されている場だったのですが、オンライン会議ではそれが一切できません。

これは会議だけでなく、テレワークが中心となった職場全体に言えることです。職場の片隅で交わされる雑談という健全な猥雑行為が、有効な情報交換であったり、アイデアの源であったり、心の癒しであったりしたわけです。上手にテレワーク時代を生き続けるためには、意図的にこういった機能を仕事の中に織り込んでいく必要があるのです。

コの字酒場は自由です。他者の迷惑にならない限り、一人で呑もうがお隣と語ろうがいろいろな過ごし方が可能です。興味のある話をしている人たちがいれば、恐る恐る加わらせてもらうこともできます。この健全な猥雑さが酒場に足を運ぶ楽しみです。一つのイシューしか扱えないオンライン呑み会にはない、酒場の「場」としてのパワーです。職場からもこういった「場」の効能と魅力が失われないように、上手に新しい働き方を創り上げていく必要があります。

コの字の向こう岸とのこの距離感がまたよい。

コの字の向こう岸とのこの距離感がまたよい。


田中 潤さん(株式会社Jストリーム 管理本部 人事部長)
田中 潤
株式会社Jストリーム 管理本部 人事部長

たなか・じゅん/1985年一橋大学社会学部出身。日清製粉株式会社で人事・営業の業務を経験した後、株式会社ぐるなびで約10年間人事責任者を務める。2019年7月から現職。『日本の人事部』にはサイト開設当初から登場。『日本の人事部』が主催するイベント「HRカンファレンス」や「HRコンソーシアム」への登壇、情報誌『日本の人事部LEADERS』への寄稿などを行っている。経営学習研究所(MALL)理事、慶応義塾大学キャリアラボ登録キャリアアドバイザー、キャリアカウンセリング協会gcdf養成講座トレーナー、キャリアデザイン学会代議員。にっぽんお好み焼き協会監事。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

「酒場学習論」のバックナンバー

酒場学習論【第16回】秋田「永楽食堂」と幅のある人事制度設計
今回は、食堂呑みの話をしたいと思います。酒場と食堂の定義の違いについては、喧々囂々の議論が成り立ちそうですが、あまり難しいことを気にする必要はありません。酒場呑...
2021/01/21掲載
酒場学習論【第15回】西荻窪「カントニクス」と企業内専門家としてのHR
私は、自他ともに認める燗酒好き。燗酒にあわせるアテとして、個人的に大好きなものがいくつかあるのですが、その中でもカレーとラム肉は最高のアテだと思っています。その...
2020/12/24掲載
酒場学習論【第14回】広尾「きたぽん酒」とワークプレイス・管理系部署の連携
広尾にある「きたぽん酒」は、まだ三度しかお邪魔したことのない酒場です。初めてこの酒場に立ち入ったとき、その空気感や酒場全体が醸し出す心地よさに感激したものです。...
2020/11/25掲載

関連する記事

モニタリングAIの衝撃-あなたの在宅パソコンは見られている-(第一生命経済研究所)
新型コロナウイルス感染拡大を契機にテレワークが拡大している中で、部下と上司双方に新たな悩みが発生している。オフィスという同じ空間で部下と上司がいれば、お互いの様...
2021/01/18掲載HR調査・研究 厳選記事
9月のテレワーク関連ニュース記事まとめ
新型コロナウイルス感染症の影響で、多くの企業がテレワークを導入し、定着の動きを見せています。ここでは、『日本の人事部』で2020年9月に掲載した、テレワークに関...
2020/10/15掲載編集部注目レポート
酒場学習論【第11回】仙台「源氏」とテレワークでの”余韻”と”余白”
酒場好きを自認する人であれば、必ずと言っていいほど訪れたいと思っている名店、それが「源氏」です。仙台の中心街に近い風情溢れる横丁街である「文化横丁」にある老舗酒...
2020/08/19掲載編集部注目レポート
テレワークを実践していく上での課題とは何か。また、その解決のために人事が考えるべきこととは【『日本の人事部』テレワーク記事まとめ】
テレワークという働き方が求められる中、従業員同士のコミュニケーションを活性化し、企業としての生産性を高めていくにはどうすればいいのでしょうか。ここでは、『日本の...
2020/08/06掲載編集部注目レポート
テレワーク環境整備のポイント・外部サービス活用のヒント
~勤怠管理やコミュニケーションの懸念点を払拭するには?~
時間と場所にとらわれない、柔軟な働き方を実現する「テレワーク」。企業にとっては、人材確保や定着率の促進、事業運営コストの削減、業務効率化による生産性の向上など多...
2019/12/03掲載HRソリューションの傾向と選び方

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

会社の法律Q&A タレントパレット 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


大前提はノーマライゼーション<br />
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

大前提はノーマライゼーション
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

2018年4月1日に施行された「改正障害者雇用促進法」で、法定雇用率の...