企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】タチカイギ 立ち会議

「立ち会議」とは、文字どおり、参加者が立って行う短時間の会議や打ち合わせのこと。「スタンディング会議」「スタンドアップ・ミーティング」とも呼ばれます。あらかじめ会議室などを確保してメンバーを招集するやり方ではなく、必要な関係者が必要に応じてオフィスの一角に集まり、起立したまま時間を区切って、必要な要件についてのみ情報の伝達・共有、相談、意思決定などを図るのが特徴です。立つことでメンバー個々の集中力が高まり、より短時間でよりよい結論を得ようと意見交換も活性化。ムダな会議を減らし、生産性向上が期待できることから導入する企業が増えています。
(2017/4/28掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

立ち会議のケーススタディ

「内職している人が4割」が日本の会議の現実
“立つ”ことで生産性向上、働き方にも変化が

企業や組織で働く人にとって、避けて通れないのが会議です。会議の流れや雰囲気に、その組織における仕事の進め方や従業員の働き方の問題点が表れていることが少なくありません。最たるものが生産性の問題でしょう。時間が長い割に内容が乏しいなど、会議の生産性が低い組織は、その職場自体の生産性も低い。そもそも会議ばかりが続いて社員の仕事の流れを中断させたり、貴重な時間を奪ったりすること自体が生産性向上のネックになっているケースもよくあります。

2012年10月にNTTデータ経営研究所が発表した「会議の革新とワークスタイル」に関する調査によると、会社で開かれる会議の業務全体に占める割合は15.4%。仕事全体の約7分の1が会議に費やされているという結果でした。これは、1年のうち2ヵ月近くも会議をしている計算になります。企業規模が大きくなるほど、会議の占める割合が高くなる傾向にあり、500人以上の企業では16%を超えていました。

いかに会議が業務活動の多くを占めていたとしても、相応の成果がともなっていれば、一概に否定されるものではありません。ところが、同調査で「会議についていつも感じている問題・課題」についてたずねてみると、「会議の時間が長い」(44.1%)や「会議の頻度が多い」(36.7%)を抑えてトップだった回答は、「ムダな会議が多い」(45.0%)でした。また、会議が会社の価値創造(仕事の生産性向上、イノベーションの創出など)に 貢献していると思うかという問いに対しては、「あまりそうは思わない」「全くそう思わない」が合せて66.9%に達しています。そうした“日本の会議”の残念な実態を何よりよく表している数字は、「会議中に内職をしている」(41.7%)かもしれません。

じっくり時間をかけないとよいものはできないと思いがちですが、ダラダラと無意味に長く話し合っても、かえって判断力を鈍らせてしまうだけでしょう。そこで、ゆるんだ雰囲気を引き締め、必要な会議を短時間で効率よく進めるために有効とされている手法が、参加者が起立して行う「立ち会議」です。立ったままだと足が疲れて辛いので、早く終わらせようとして、メンバーの集中力や参加意識が自然とアップ。眠くなることもなければ、内職にいそしむ余裕もありません。導入する企業も増えており、キヤノン電子は10年以上前から、アイリスオーヤマでは20年以上も前から打ち合わせは立って行うのが当たり前になっているそうです。

同様の会議のスタイルに「ハドル会議」「スクラム会議」と呼ばれるものがあります。ハドル(huddle)とは、アメリカンフットボールの選手が試合中に円陣を組んで行なう短時間の作戦会議を指す言葉で、こちらは立って行うか否かより、問題発生時など必要なときに少人数がさっと集まり、短時間で結論を出す機動性が重視されます。何日も前から会議室をおさえ、参加者全員のスケジュールを調整した上でないと、会議のひとつも開けないようでは、変化の激しい不確実なビジネス環境に対応することは難しいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

ファシリテーション
「ファシリテーション」(facilitation)とは、集団や組織において、対立しがちで相互理解や合意形成の難しい問題の解決を支援し、参加者の協働や活性化を促すことにより、事がうまく運ぶように舵取りをすることをいいます。狭義には「会議を効果的・効率的に運営するための働きかけ」と解釈され、ビジネスシー...
質問会議
「質問会議」とは、参加者らが意見を言い合うのではなく、問題に関する質問とその応答のみでやりとりを進め、問題の解決策を探っていく会議術のことです。実際の問題解決を通じて個人や組織の学習する力を養成する「アクションラーニング」の研究から生まれた、対話型コミュニケーションにもとづく手法で、ボトムアップ型...
オープンスペーステクノロジー
「オープンスペーステクノロジー」(OST)は、関係者が一堂に会して話し合うホールシステム・アプローチの代表的な手法です。大まかなテーマに沿って、参加者自らが解決したい問題や議論したい課題を提示、進行の段取りも自主的に決めるなど、個人の主体性を重視することで参加者のコミットメントを最大限に引き出すの...

関連する記事

第20回 国際女性ビジネス会議
2015年7月26日(日)、東京・台場で「第20回 国際女性ビジネス会議」が開催されました。同会議は1996年から毎年開催されているもので、記念すべき20回目となった今回は、30~40代の働く女性を中心に1100人を超える方々が参加。60名を超える豪華講師陣を...
2015/09/25掲載イベントレポート
“未来の自分が働く姿”を体感したい学生たち ~リブセンス「インターンシップアワード」から見えてきた最新トレンド
今では就活生の3分の1が利用するまでに成長した、リブセンスの「就活会議」。企業別の就活レポートは、学生から見た企業のリアルな姿や採用の様子がわかると、就活生の人気を集めています。さらに「就活会議」では、この5月にインターンシップの優良企業を表彰する、「学生が本...
2018/06/04掲載注目の記事
入社日の前に社内会議への出席を内定者に要求する企業 ビジネスクラスの航空費支給を面接企業に要求する人材
急な欠員を補うための募集や早急に立ち上げたいプロジェクトがあるときなど、いったん決めた入社日まで待っていられないという企業も往々にしてあるものだ。採用した人がすでに退職済みで無職の場合などは入社日を繰り上げればいいが、在職中の場合は引き継ぎや有給消化などの関係...
2006/06/05掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

関連するキーワード

次世代リーダー育成に役立つソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

タレントパレット 学びを可視化する ビジログ

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


次世代リーダー育成に役立つソリューション特集

次世代リーダー育成に役立つセミナーやサービス、ダウンロード資料をご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」<br />
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

能力が高くても、ストレスにうまく対応できなければ思うような成果をあげる...


日産自動車の“カルチャー ダイバーシティ”戦略 ~Eラーニング導入による効果と今後への期待とは?

日産自動車の“カルチャー ダイバーシティ”戦略 ~Eラーニング導入による効果と今後への期待とは?

ビジネスの世界では、「グローバル化」が急速に進んでいる。このような状況...