企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

となりの人事部

すべてはCSマインドから始まる
リピーターを生み出し続けるユナイテッドアローズの「理念経営」とは

株式会社ユナイテッドアローズ

 執行役員 山崎万里子さん 人事部長 安田 徹さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ユナイテッドアローズ 執行役員 山崎万里子さん 人事部長 安田 徹さん

「UNITED ARROWS」「BEAUTY & YOUTH」「green label relaxing」など、全国に200以上の店舗を構える、セレクトショップ最大手の株式会社ユナイテッドアローズ。ファッション好きなら誰もが知っている同社は、2019年に創業30周年を迎えます。長年、たくさんのリピーターを生み出し続けている理由の一つが、接客サービスのクオリティーの高さ。ユナイテッドアローズのブランド力を支える販売スタッフはどのような教育を受け、どんなキャリアを歩んでいるのでしょうか。同社初の女性執行役員である山崎万里子さんと、人事部長の安田徹さんにお話をうかがいました。

Profile
山崎万里子(やまさき・まりこ)さん
山崎万里子(やまさき・まりこ)さん

1973年福岡県生まれ。学習院大学経済学部在学中にアルバイトとしてユナイテッドアローズで働く。卒業後、同社に入社し、販売促進、広告宣伝に携わり、2010年に同社女性初の執行役員に就任。18年4月より執行役員 人事担当 。15年に出産し、育児と会社役員を両立させている。

安田徹(やすだ・とおる)さん
安田徹(やすだ・とおる)さん

名古屋市出身。日本大学芸術学部放送学科卒業後、株式会社ワールドに入社。1989年、設立したばかりの株式会社ユナイテッドアローズ(以下UA)に出向。オリゾンティが展開するフランスのショップ「マリナ・ド・ブルボン」をUAが運営代行を行なうことになり、オープニングスタッフとして店頭に。1993年、UA営業課でホールセールス(卸売)担当、同タイミングでワールドより転籍。その後、卸専用ブランド「アナザーエディション」の立ち上げに携わる。2013年12月より現職。

採用のキーワードは「創造的商人」

数あるセレクトショップの中でも、ユナイテッドアローズは確固たるブランドを築き上げていると思います。これまでの成長の土台になっているものとは何でしょうか。

安田:「私たちは世界で通用する新しい日本の生活文化の規範となる価値観を創造し続ける」という理念が、社内に浸透していることだと思います。弊社では創業当初から、ファッション業界において新たなジャパニーズスタンダードを作ることを目標に掲げてきました。新たなジャパニーズスタンダードとは、平たく言うと“日本のオシャレ平均値を上げる”ということです。

ユナイテッドアローズは1989年の創業ですが、1990年から2000年にかけて、セレクトショップという業態がどんどん増えていきました。セレクトショップの浸透が日本に与えた一番の功績は、創業者の言葉を借りると「ファッションの民主化」です。セレクトショップが生まれる前は、海外からのインポートブランドはファッションに興味がある人だけのものでした。その間口を広げたのはセレクトショップだと自負しています。特に、ビジネスマンのスタイルの幅は大幅に広がりました。これはまさに、私たちが目指す「新たなスタンダードを作る」ことの一つですね。

セレクトショップという業態は、89年の創業当初から消費者に受け入れられたのでしょうか。

山崎:最初は、ごく一部の人たちだけでしたね。私は大学2年生の頃からユナイテッドアローズでアルバイトをしていたのですが、その頃はどちらかというと憧れの存在で、大学生には手の届かない印象がありました。しかし、創業者たちは当初から「手の届かない存在を目指しているのではない」とはっきり断言していました。ただし、価格帯を下げるのではありません。もっと広くファッションを楽しんでもらうための存在でありたい、と考えたのです。

株式会社ユナイテッドアローズ 執行役員 山崎万里子さん

その理念を実現するために、貴社ではどんな人材像を求めていますか。

安田:ユナイテッドアローズには、経営理念をブレイクダウンさせた「人材開発理念」と「商品開発理念」があります。人材開発理念の中にあるのが「創造的商人を目指そう」という項目。創造的商人とは、CS(顧客満足)マインドと商売マインドの両方をあわせ持つ人材像のことです。高い目標を持ち、それに向かって主体的に行動できる人。また、行動を商いへとつなげ、その結果を正しく受け止めてPDCAを回せる人。新卒で入社した時点ではすべてができていないので、そのような人材に育成することを目指しています。

新卒採用では、その人の“伸びしろ”をどのように見ているのでしょうか。

安田:CSマインドを持っているかどうかですね。CSが組織文化のベースになっているので、面接で「お客さま」というキーワードを繰り返し使う学生は、創造的商人の素養があると判断しています。

山崎:CSマインドが備わっているメンバーに商売マインドを与えることは、そう難しくありません。しかし、その逆はかなり難しいと思います。利他の精神のような資質が何よりも大事だと考えていて、新卒採用でも中途採用でも、特に注目しています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

となりの人事部のバックナンバー

働き方改革から学び方改革へ
キヤノンが実践する人生100年時代に必要な「変身力」の育て方
人生100年時代に、ビジネス環境の目まぐるしい変化。今や一つのスキルだけで一生食べていける時代ではありません。技術の進歩に応じて、従業員も知識や経験を増やし続け...
2020/02/12掲載
「日本一働きたい会社」から「世界最高のチーム」へ
経営理念に命を吹き込む、企業文化のつくり方
日本最大級の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」を運営する株式会社LIFULL は、2017年3月、リンクアンドモチベーション社主催の「ベストモ...
2019/12/05掲載
日本ユニシス株式会社:
個の多様性を広げ、働き方を変えるきっかけに
日本ユニシスの「目標値なし」「男女問わず」の育児休暇推進
女性活躍推進法が2016年4月に完全施行されて以来、多くの企業が女性に関する目標値を掲げ、ジェンダーギャップの是正に取り組んでいます。女性の活躍推進とセットで進...
2019/08/08掲載
目標管理・人事評価システム導入のメリットとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...