企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ
となりの人事部人事制度掲載日:2018/08/30

第90回 エイベックス株式会社
ベンチャーに負けない、スピードとイノベーションを。
創業30年、エイベックスが目指す構造改革とは?

エイベックス株式会社 グループ執行役員 CEO直轄本部 本部長

加藤 信介さん

エイベックス株式会社 グループ執行役員 CEO直轄本部 本部長 加藤 信介さん

音楽業界をけん引するエンタテインメントカンパニー、エイベックス。今年で創業30年を迎える同社は、現在「第三創業期」として、大きな改革に乗り出しています。組織構造や組織風土の変革、新たな人事制度の導入、南青山の新社屋でのオフィス環境の見直しなど、さまざまな改革に取り組む中で、同社はどのような未来を見据えているのでしょうか。構造改革を推進した、グループ執行役員 CEO直轄本部 本部長の加藤信介さんにお話をうかがいました。

プロフィール
加藤 信介(かとう・しんすけ)さん
加藤 信介(かとう・しんすけ)さん
エイベックス株式会社 グループ執行役員 CEO直轄本部 本部長

2004年エイベックス株式会社に新卒入社。入社後は音楽事業に長く携わり、2016年に社長室へ異動。社長室部長として、構造改革や新規プロジェクトに参画。
2017年よりグループ執行役員として戦略人事・グループ広報・マーケティングアナリティクス・デジタルR&Dを担当。2018年4月には組織名称をCEO直轄本部とし、左記の領域に加えて、新事業推進・戦略投資を管轄。

明確なキャリアの目標がない中で、与えられた機会が自分を成長させてくれた

加藤さんが本部長を務める「CEO直轄本部」は2018年4月に新設されたそうですが、どのような機能を持つ部署なのですか。

元々はグループ戦略室という名前で、構造改革後の2017年4月に会社の「横串」の役割を担う部署として立ち上がりました。戦略人事・広報・デジタルR&D・データマーケティングを横断的に担当していましたが、構造改革から1年経った今年の4月に、CEOである松浦のリーダーシップの下、より強力に事業も含めたイノベーションを推進すべく、名前をCEO直轄本部として、グループ戦略室で担当していた領域に加えて、新規事業開発、そして新規事業につながるM&AやJV設立などの戦略投資機能も内包しました。

音楽事業に長くいらっしゃったそうですが、コーポレートサイドへの異動は、ご自身で希望されたのでしょうか。

特に、自分自身で手を挙げたわけではありません。今思うと、コーポレートサイドへの異動も含めて、周囲の人たちがいろいろなチャレンジの機会を与えてくれたことが、僕の今のキャリアにつながっていると思います。

新卒でエイベックスに入社してから、僕は音楽の販売促進やアーティストのマネジメントなどの仕事に携わってきました。特に明確なキャリアプランを持っていたタイプではなくて、ただ全力で目の前の仕事に取り組んでいたのですが、いつもそれを誰かがみてくれていて、かなり早いタイミングでマネジャーに昇進させてもらったり、自分では手を挙げないようなチャレンジングな業務を担当させてもらったりする機会に恵まれました。2014年に立ち上がった「円卓の騎士の会」のメンバーに選ばれたのもその一つです。「円卓の騎士」とは、アーサー王物語の中でアーサー王に使えた騎士たちのこと。上座のない円卓を囲み、上下関係なしに国の未来を語り合ったとされていて、エイベックスでもこの円卓の騎士たちのように、十数人の若手が集まって会社の未来を考える場が設けられて、そこに僕もメンバーとして参画する機会が得られたのです。

2015年12月、会社として構造改革に取り組むにあたって、経営ボードメンバーだけでなく若手の意見も取り入れようという話になりました。そこで、この円卓の騎士の会のメンバーのうち、僕を含む3名が構造改革のサブメンバーとしてプロジェクトに加わりました。それを機に、経営ボードメンバーとフラットに議論できる環境に身を置くことができるようになりました。この機会は僕のキャリアを構築する上で非常に重要だったと思います。

与えられた機会に挑戦しながら、キャリアを築いてこられたのですね。

キャリアに対するスタンスは、大きく二つに分けられると思っています。一つは、すでに自分が進むべき道が分かっていて、あとは突き進むだけだという人。もう一つは、僕と同じように、中長期的なキャリアビジョンは明確に描けていないけれど、偶発的に出会ったものから気付きを得て成長する人。前者はどんどん突き進んで行けばいい。でも、後者のタイプも多いのではないでしょうか。

何を目指すべきかわからない中で挑戦させてもらえた僕は、とても恵まれていたと感じています。いつも目の前のことに120%の力で頑張っていると、周囲の人たちが新しいチャレンジの機会を与えてくれました。だからそれを仕組み化して、僕が周囲の助けによって得られたものを、若い世代にも与えてあげたいと思っています。

外部環境の変化を「追い風」に変えるための構造改革

2015年、なぜ貴社は構造改革に乗り出したのでしょうか。

エイベックス株式会社 グループ執行役員 CEO直轄本部 本部長 加藤 信介さん

エイベックスは今年で30周年ですが、ヒットアーティストを輩出して維持継続すれば業績が上がるという時代が、良くも悪くも続いていました。勢いもありクリエイティブな会社なので、いわゆる典型的な日本企業という雰囲気ではないけれど、既存のコンテンツに依存しているところがあったのです。新規事業もトップダウン型が多くて、ボトムアップで社員がやりたいことをかたちにしたりした事例は、それほど多くはありませんでした。

もちろん、今後もヒットアーティストを生み、コンテンツをつくることが弊社のコアコンピタンスであることに変わりはありません。その核がなければ、周辺ビジネスも縮小してしまいます。しかし、今後は外部環境の変化に合わせて、既存のアーティストやコンテンツだけに依存しない新しいエンタテインメントを創っていく必要がある、と経営メンバーは考えていました。

時代とともに変わっていく、エンタメ業界への危機感があったのでしょうか。

はい。ただ、危機感というネガティブな要素だけでなく、ポジティブな要素もあると考えていました。というのも、これからの時代はコンテンツホルダーであることが強みになる、と確信しているからです。

「ピコ太郎」を例にとると、テクノロジーが現代ほど進化していなかったら、あれだけグローバルに広まることはなかったでしょう。YouTubeやTwitterなど、さまざまなプラットフォームを通じて世界中の人に知られていきました。その他にもSHOWROOMにLINE live、Mix Channelのような新しいプラットフォームやサービスが次々と登場しています。今後も新たなプラットフォームが生まれ、流行していくでしょう。

そんな外部環境の中で、アーティストがいて、コンテンツを持っていることが、エイベックスの独自性です。どんなプラットフォームが流行しても、コンテンツホルダーとして乗りこなしていけばいいのですから。

外部環境の変化を追い風にするための改革なのですね。

そうですね。ただ、それを実現する上で忘れてはならないのは、お客さまの価値観もテクノロジーを中心とした外部環境も未だかつてないスピードで変化していることです。かつてはCDを持っていて、音楽を知っていれば「イケてる」時代がありました。しかし今は、音楽も映画もゲームもファッションも、いろいろなものを横並びにし、その中から選ぶ時代です。価値観が多様化し、チャネルやツールが変化していく中で、我々も常にアップデートし続けて、乗りこなして、その時々にあった新しい価値を創出し続ける必要があります。

それには、30年間積み上げてきた過去の組織体制では厳しい。コンテンツホルダーとしてのプライドを持ちつつ、イノベーションを起こし、新しい価値を提供していく。これを力強く推進するため、エイベックスには変化が求められていました。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

となりの人事部のバックナンバー

ユニバーサル ミュージック合同会社:
リアルとオンラインが共存する職場へ
ユニバーサル ミュージックが創るニューノーマルでの働き方
インターネットの発展にあわせて、社会は目まぐるしく変化しています。現金は電子マネーに、情報収集はテレビからSNSに、そして音楽はCDからストリーミングに……。世...
2020/11/19掲載
サトーホールディングス株式会社:
サトーホールディングスが実践する「あくなき創造」を実現するための組織づくり
自ら考え、行動し、変化を起こす人財を生み出す「三行提報」と「タレントマネジメント」
2020年10月に創業80周年を迎えたサトーホールディングス株式会社。ラベルやラベルプリンタの製造・販売、自動認識ソリューションなどを主力事業に、国内26都道府...
2020/10/14掲載
ライオン株式会社:
人事部門が社員を「学ばせる」研修はもう終わり
自律的な学びを後押しする「ライオン・キャリアビレッジ」の効果とは
eラーニングなどの仕組みを作っても、使われなければ意味がありません。Edテックという概念もあるように、昨今は学び方が多様化していますが、ベースになるのは本人の主...
2020/08/07掲載

関連する記事

株式会社オカムラ:
人事部だけでなく社員全員が参加して現状を変えていく
働き方改革を自分ごと化するオカムラの「WiL-BE」
働き方改革は、誰が旗振り役を担うべきなのか? そう問われれば多くの人は「人事だ」と答えるでしょう。しかし現実には、人事が知恵を振り絞って制度を導入しても、現場で...
2020/07/22掲載となりの人事部
経営戦略実現に貢献する人事ができているのは、わずか4社に1社
『日本の人事部 人事白書2020』から、戦略人事の調査結果を紹介します。
2020/07/07掲載人事白書 調査レポート
企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは
睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず、高いパフォーマンスを発揮するためには、睡眠が欠かせないからです。社員の睡眠対策に乗り出す...
2020/04/01掲載注目の記事
5割以上の人事部門は経営戦略の意思決定に関与できていない
人事担当者に「人事部門が経営戦略の意思決定に関与しているか」を聞いたところ、「当てはまる」「どちらかというと当てはまる」との回答は45.9%。一方、「当てはまら...
2019/07/18掲載人事白書 調査レポート

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

POSITIVEの導入事例はこちら 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


事業所内保育施設を作る強い味方!<br />
内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは

事業所内保育施設を作る強い味方!
内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは

2016年4月に内閣府が「企業主導型保育事業」をスタートしました。これ...


管理職1年生日記 (第3回)

管理職1年生日記 (第3回)

ほとんどの会社では、新任管理職を対象とした「管理職研修」を行っているこ...