企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ラテラルシンキング ラテラルシンキング

「ラテラルシンキング」とは、ものの見方の角度を変え、さまざまな視点から自由に発想する思考法のこと。「ラテラル(lateral)」とは「側面の」「横からの」「水平の」といった意味を持ち、日本語では水平思考とも呼ばれます。ラテラルシンキングの対にある思考法として知られるのが、ロジカルシンキング。水平思考に対し、垂直思考と呼ばれます。ロジカルシンキングで出てくる答えは通常一つですが、ラテラルシンキングは答えが複数存在し、自由度が高いことが特徴です。固定観念や既成概念にとらわれない新たなアイデアを生み出すため、近年注目されている考え方です。
(2018/10/22掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラテラルシンキングのケーススタディ

ルールなどの前提条件を疑う
ラテラルシンキングの鍛え方

ラテラルシンキングを説明するときによくあげられるのが、次の例題です。

問:9個のオレンジを五人の子どもで分けるとき、どうすれば公平に配分できるか。

ロジカルシンキングを用いると、オレンジを一人に一つ配った後で残りの実をバラバラにしてできるだけ同数になるように配る、といった答えが出てきます。一方、ラテラルシンキングでは、そのオレンジを「ジュースやケーキなどにして分配する」という発想が出てきます。「オレンジに手を加えてはいけない」というルールは存在しないので、自由に考えることができるのです。このようにラテラルシンキングには、道筋立てて順に答えに迫っていくロジカルシンキングとは異なり、いきなり答えにたどりつく飛躍的な側面もあります。

では、ラテラルシンキングを鍛えるにはどうすればいいのでしょうか。自由にアイデアを出せと言われても、フレームワークが全くない状態で思考することはそう簡単ではありません。そこで、ラテラルシンキングを癖づけるいくつかの練習法をご紹介します。

まずは、何か物事が起きたときに自分以外の視点で考える癖をつけること。急に新たな視点を持つことは容易ではありませんが、身近な特定の誰かの立場に立って考えることはできるかもしれません。さらに、前提条件を疑うこと。先ほどのオレンジの例のように、私たちは「オレンジに手を加えてはいけない」といった条件を無意識に持ってしまっているもの。思考の幅を狭めている条件はないか、改めて考えてみるとよいでしょう。

そして、日々の生活や仕事の中でラテラルシンキングを実践することも有効です。思考法は実際に試してみて身に付くもの。ニュース番組や商品を目にしたとき、自分だったらどのように解決していくか考えることを習慣化していると、アイデアが生まれやすい思考が身についていきます。

ラテラルシンキングには明確な正解が存在していません。正しい答えを導くことをゴールにするのではなく、さまざまな可能性を確かめることに価値があるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

反芻思考
「反芻思考」とは何度もネガティブな出来事を思い出し、悩み続けて抑うつ気分を増長させる考え方のことをいいます。もともと反芻とは、牛などが食べ物を消化するために一度胃に入ったものを口に戻し、繰り返し咀嚼(そしゃく)すること。ネガティブなことを何度も思い出して落ち込む行動が動物の反芻に似た反復行動であるこ...
セルフ・コンパッション
「セルフ・コンパッション」とは、あるがままの自分を受け入れること。コンパッションとは英語で思いやりのことで、直訳すると「自分に対する思いやり」という意味になります。2011年に米国テキサス大学のクリスティーン・ネフ氏によって『セルフ・コンパッション―あるがままの自分を受け入れる』が出版され、ネガティ...
自己奉仕バイアス
「自己奉仕バイアス」(Self-serving bias)とは、成功したときは自分自身の能力によるものであり、失敗したときは自分ではどうしようもない外的な要因によるものだと思いこむ考え方です。例えば、試験の点数が良かったときは「自分は頭がいいから」と考え、点数が悪かったときは「先生は自分のことが嫌い...

関連する記事

「代理人交渉」を嫌がる企業 候補者に直接条件提示したいその理由とは
人材紹介の場合、内定を通知するのも、給与や入社日を調整するのも、紹介会社を通すのが一般的ですが、なかには候補者を呼んで直接行いたいという企業もあります。「公募を中心に行っているので、その方が慣れている」「候補者の本音を直接聞きたい」など、企業側の理由はさまざま...
2012/11/05掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
柳川範之さん: 正解に頼らない思考の癖づけが考える力を育てる 人事の役割は主体性のサポートとモヤモヤできる場の醸成にあり
AIの発達の影響で、今後10年で仕事内容や役割は大きく変わると言われています。私たちビジネスパーソンにも、物事に対する捉え方の変革が求められています。この時代に、私たちはどのように学びを深めていけばいいのでしょうか。東京大学大学院経済学研究科・経済学部教授の柳...
2018/05/25掲載キーパーソンが語る“人と組織”
企業は地震対策をどう見直したか
2011年3月11日の東日本大震災は未曽有の被害をもたらし、多くの企業は、従来の地震対策の不備に気付かされることとなりました。一方、各種報道によると、首都直下型地震や、南海トラフ地震の可能性が指摘されており、東日本大震災の経験を生かした地震対策のブラッシュアッ...
2013/04/22掲載人事・労務実態調査

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]
管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

イクメン企業アワード2019エントリー募集中

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

今求められるコミュニケーション能力・マネジメント能力とは


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


管理職1年生日記 (第3回)

管理職1年生日記 (第3回)

ほとんどの会社では、新任管理職を対象とした「管理職研修」を行っているこ...