企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

となりの人事部人事制度掲載日:2017/07/27

NTTコミュニケーションズ株式会社
きっかけを与え、フォローし続ける。
ベテラン社員の活性化に近道はない
一人で1000人と面談した人事マネジャーの挑戦(後編)[前編を読む]

NTTコミュニケーションズ株式会社 ヒューマンリソース部
人事・人材開発部門 担当課長

浅井 公一さん

NTTコミュニケーションズ株式会社 ヒューマンリソース部 人事・人材開発部門 担当課長 浅井 公一さん

NTTコミュニケーションズでは、ベテラン社員がモチベーション高く活躍できる環境づくりに向けて、50代社員を対象とする面談と、キャリアデザイン研修を行っています(前編参照)。これまでの3年間で、面談の実施者はのべ1000人を突破。約8割の社員がモチベーションをアップさせ、行動変革を起こすなど、予想以上の成果が生まれている同社の取り組み。それをたった一人で推進しているのが、ヒューマンリソース部 人事・人材開発部門 担当課長 浅井公一さんです。インタビュー後編では、実際にベテラン社員たちに起こった変化や、同社の今後の課題をうかがいました。

Profile
浅井 公一さん
浅井 公一さん
NTTコミュニケーションズ株式会社 ヒューマンリソース部
人事・人材開発部門 担当課長

あさい・こういち/1981年、高校卒業後、電電公社に入社。1999年、NTT分割時にNTTコミュニケーションズに配属。2006年から7年間、労働組合の幹部を歴任後、2013年ヒューマンリソース部人事・人材開発部門へ異動と同時に50代社員のモチベーション向上にチャレンジ。たった一人でキャリア面談を実施し、その数3年間で1,000人を超えた。圧倒的な面談量をもとに、自然に作り上げられていった面談スタイルが、ベテラン社員にシンクロ。その結果、面談を受けたベテラン社員の部下を持つ上長の8割が、そのベテラン社員の行動変容ぶりを認めた。キャリアコンサルタント。

初年度500人、3年目の今年のべ1000人を突破

 浅井さんはこれまでに、何人の社員と面談してきたのですか。

1年目は当時50歳だった200人と、希望して手を挙げた51歳以上の社員150人、そしてその上司150人、合わせて500人との面談を実施しました。2年目は、その年に50歳になる社員約250人を対象としたのですが、前年面談した社員から「また面談をしてほしい」といったリクエストがあり、最終的には300人ほどになりました。3年目となる今年も、引き続き面談を行っていて、面談を実施した総数は、のべ1000人に到達しました。

 面談を行ったことで、ベテラン社員の方々にはどのような変化がありましたか。

変化の内容は、アンケート調査で検証しています。一番多かったのは、部下育成に目覚めた、という声です。自分が持っているスキルを若手社員に伝えるために、週1回勉強会をやるようになったとか、OJTのように後輩を丁寧に指導するようになったとか。後は、本人の研鑽(けんさん)もありますね。英語の勉強など、自分自身のスキルアップのために努力を始めた社員もいます。

上司にしっかりと報告・連絡・相談をするようになった社員は、それによって上司の意向をしっかりと理解できるようになり、「何年かぶりにA評価をもらうことができた」と話していました。これには、「うまく循環しているな」とうれしくなりましたね。ちょっと変わったところでは、チームワーク作りに貢献したいと、ホームパーティーにチームのメンバーを誘った社員がいました。それがきっかけで、チームの雰囲気がかなり良くなったそうです。全体を見ると、行動変化は8割程度。正直言って、期待以上の効果でした。

このアンケートは、本人ではなく上司に行ったものです。本人がいくら変わったと思っていても周囲がそれを認めていなければ、単なる独り善がりで終わってしまうからです。また、アンケートは面談から三ヵ月ほど経ってから行います。そのタイミングで実施するのは、三ヵ月間行動変化が続いていなければ本物とは言えないからです。

 なぜ、それほど多くの方の行動変革を起こせたのでしょうか。

要因はいろいろと考えられますが、私は社員たちが優秀だから、というのが最も大きな理由だと考えています。もともと当社は、携帯電話のiモードが登場したばかりで、まだポケベルが全盛期であったNTT分割時、インターネット事業やグローバル事業を推進するために、少数精鋭の人材が集められた会社です。時代の流れを読める、優秀な人材が集まっていたと言っても過言ではないでしょう。多くのベテラン社員たちは、その力をどう発揮すればいいのかが、わかっていなかっただけなんです。私の力は小さなもので、社員たちにきっかけを与えたにすぎません。

 今後、ベテラン社員の方々に対して期待されることをお聞かせください。

社員たちには、自分の市場価値を高める努力をしてほしいと言っています。市場価値が高まるということは、社外にも通用するスキルが向上したということなので組織への貢献度も上がっていきますし、場合によっては、将来、自分自身の選択肢も広がっていきます。こうした選択肢が生まれることは、社員のキャリア自律を考えるうえでも大きなメリットがあります。そのためにも、最新技術に積極的にチャレンジしてほしい。

当社にいるだけで最新の技術に触れる機会は多く、当社の中では当たり前のスキルでも、他社からすると高く評価されることもあります。そういった先端技術に積極的に触れることで、自然にスキルアップしていけるのです。

NTTコミュニケーションズ株式会社 ヒューマンリソース部 人事・人材開発部門 担当課長 浅井 公一さん

 今回の取り組みは、浅井さんの情熱とスキルがあってこそだと思います。今後、そのノウハウをいかに会社の知見として落とし込んでいくお考えですか。

「第二、第三の浅井」を作るのは、かなり難しいと思います。スキルとして、ということではありません。ベテラン社員とシンパシーを持てるのは、自分の経歴が彼らと似ているから。だからこそ、「この人なら話してみよう」と思ってくれるんです。ただ、一つひとつをパッケージ化していくのは可能だと思います。研修カリキュラムやフォローの流れなどを仕組み化すれば、研修会社に委託することも可能になるでしょう。私の後継者を育てるより、システマティックな仕組み・構造を作って引き継いでいくほうが良いのではないかと、個人的には考えています。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

となりの人事部のバックナンバー

株式会社村田製作所:
応募者の入社意欲や面接満足度をどう高めればいいのか
テクノロジーで採用面接のコミュニケーションを“見える化”した村田製作所の取り組み
人材の採用難が深刻化する中、採用力強化に直結する「面接力の向上」を課題とする企業は少なくありません。しかし、面接官と応募者が閉じられた空間で対面し、定性的なレビ...
2020/02/25掲載
キヤノン株式会社:
働き方改革から学び方改革へ
キヤノンが実践する人生100年時代に必要な「変身力」の育て方
人生100年時代に、ビジネス環境の目まぐるしい変化。今や一つのスキルだけで一生食べていける時代ではありません。技術の進歩に応じて、従業員も知識や経験を増やし続け...
2020/02/12掲載
株式会社LIFULL:
「日本一働きたい会社」から「世界最高のチーム」へ
経営理念に命を吹き込む、企業文化のつくり方
日本最大級の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」を運営する株式会社LIFULL は、2017年3月、リンクアンドモチベーション社主催の「ベストモ...
2019/12/05掲載

関連する記事

NTTコミュニケーションズ株式会社:
きっかけを与え、フォローし続ける。ベテラン社員の活性化に近道はない
一人で1000人と面談した人事マネジャーの挑戦(前編)
2013年の法改正で企業に65歳までの継続雇用が義務付けられたこともあり、近年、シニア社員が活躍できる環境をつくることが企業の重要課題となっています。シニア社員...
2017/07/20掲載となりの人事部

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


優秀な人材の流出を未然に防ぐ ~リテンション・マネジメントの最新技術とは~

優秀な人材の流出を未然に防ぐ ~リテンション・マネジメントの最新技術とは~

「日本は雇用の流動性が低い」とよく言われます。「流動性が低いことは問題...