企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

「残業手当」100%支給にこだわる求職者
年収や企業規模よりも「働きやすさ」を重視 残業の常態化は避けたいエンジニアの転職サポート

裁量の範囲が大きいオフィスワーカーや開発職、あるいは事業所外勤務が中心の営業などで、「みなし労働時間制」を導入している企業は多い。働く側も「要領が悪くて残業が多い人の方が給料が増えるのはおかしい」と考えるのが一般的だから、この制度が広く受け入れられるようになったともいえる。ところが最近、残業手当の有無や支給状況を気にする人が現れてきた。勤務時間が長くなりがちなIT業界、特にエンジニアなどにその傾向が目立つという。

探しているのはサービス残業のない会社

「詳しく教えて欲しいのは『残業手当』のことです。制度はきちんとしているのか、実際に残業した時間に応じて全額支払われているのか、といったことを知りたいんです」

この日、転職相談に来たTさんはIT業界でキャリアのあるエンジニアだ。募集案件の多いモバイル関連のプロジェクトも手がけていたというから、わざわざ人材紹介を利用しなくても転職先企業がいくらでも見つかる、いわゆる「売り手市場」の人材だといえる。モバイル関連の有名企業の中には、自社の採用ホームページからエントリーして入社することになれば、特別に「200万円」もの入社支度金を支給するとしているところもあるほどだ。

「たしかに残業手当のことは、企業には聞きにくいものですよね。私どものような人材紹介会社を通して、そういった情報を得るのは、とてもうまい方法だと思います。できるだけ詳しい情報をご提供します」

私はそう答えながら、一つの疑問を投げかけてみた。

「ところでTさんが残業手当を気にされるのには、何か理由があるのでしょうか。IT業界の開発職の場合、残業手当も含めた『みなし労働時間制』でかなり高額な年収を提示している企業も多いと思いますが、それではいけないということですか?」

Tさんは、「まさにそこなのです」という表情で答えてくれた。

「私は次で3社目になります。年齢的に30代ということもあって、定年までとはいかなくても、できるだけ長く勤められる会社を探したいと思っています。そこで、年収なのか、企業規模なのかなど、いろいろと考えた結果、残業が常態化していない会社、無理なく働ける会社がいちばんいいということに気づきました」

つまり「働きやすさ」を重視しているということだ。たしかに若い頃はがむしゃらに働けても、年齢を重ねると身体や気持ちがついていかないことも増えてくる。疲れきったり、病気になったりしては、当然良い仕事はできない。

「みなし労働時間制で残業手当がないと、どうしても勤務時間が長くなります。実は、今の会社がそうなんです。知人の話を聞くと、制度があってもサービス残業が増えるだけということもあるようです。ですから、残業手当を100%支払うことで残業時間を抑制しようとしている、そんな考え方の企業に、直接話を聞いてみたいのです」

「わかりました。ご期待に沿えるように頑張って案件を探してみます」

こうしてTさんと私の「100%残業手当支給企業」探しが始まったのだった。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
  • 参考になった0
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
  • その他の感想1
オススメ1
最新順 | 人気順 | 古い順
*****さんがその他の感想でオススメしました
東京都 商社(総合) 2012/05/07

なるほどねと思いました。

1件中 1~1件を表示
  • 1

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

人材採用“ウラ”“オモテ”
コロナ禍の転職に焦りは禁物
キャリアチェンジにも影響が……
中途採用市場では、長らく売り手市場が続いてきた。しかし、コロナ禍で一転して先が見通せなくなってきた。特に影響を受けそうなのが、これまでとは違う分野での仕事に挑戦...
2020/10/01掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
企業訪問のハードルが高くなった影響は?
オフィスから読み取れる細かな社風
「職場の雰囲気や社風など、求人票だけではわからない情報を知りたい」という理由で人材紹介会社を利用する転職希望者は多い。だが最近は企業を直接訪問するハードルが高く...
2020/09/02掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
憧れの地方移住、その実現可能性は?
リモートワークを前提とした転職支援を考える
新型コロナウイルス感染症の流行は、企業活動や働き方にもさまざまな影響を与えている。働き方の面では「リモートワーク」や「オンラインミーティング(ビデオ会議)」の普...
2020/08/03掲載

関連する記事

外国人労働者が関係する労組トラブル対応最前線
相次ぐ外国人技能実習生の失踪などから、長時間労働や過重労働をめぐって紛争につながるケースが多発しています。外国人労働者が関係する労使トラブルの最新事例と、具体的...
2019/09/05掲載人事・労務関連コラム
タイミングを狙った引き止め策? 退職直前で転職を見合わせた求職者
人材紹介会社の転職相談に来た人が、必ずしも全員転職するわけではありません。自分の「市場価値」を知りたいだけの人や職場の不満をぶつけて発散したいだけの人もいます。...
2014/10/06掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

人事リーダー育成講座 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。