企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

キーパーソンが語る“人と組織”

生産性向上につながる鍵は「週単位」「日単位」の余暇時間
休み方への意識を変えるために人事が取るべき施策とは

早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授

黒田祥子さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
黒田祥子さん(早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授)

2019年は、多くの企業にとって「休み方」を考え直す契機となるのではないでしょうか。平成から令和への改元に伴い、ゴールデンウィークが過去に例のない大型連休となった企業も少なくありません。労働基準法の改正により、4月から年10日以上の年次有給休暇が付与される労働者に対して、年次有給休暇日数のうち5日の確実な取得が義務づけられることになりました。生産性を高めつつ、従業員が休みやすい環境を作るためには何が必要なのか。長時間労働や生産性、余暇活動について研究する早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授の黒田祥子さんにお話をうかがいました。

プロフィール
黒田 祥子(くろだ・さちこ)さん
早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授

慶應義塾大学経済学部卒業後、1994年に日本銀行へ入行し、金融研究所にて経済分析を担当する。その後は一橋大学経済研究所助教授、同准教授、東京大学社会科学研究所准教授を経て、2011年4月より早稲田大学 教育・総合科学学術院准教授、2014年4月より現任。労働経済学や応用ミクロ経済学の見地から労働時間や余暇、生産性、働き方と健康の研究等を行う。著書に『労働時間の経済分析』(共著/日本経済新聞出版社)など。

増え続けている「平日の市場労働時間」

従来の日本人といえば、私たち自身の自覚も含めて「勤勉」で「長時間働く」というイメージがあったように思います。実際のところ、日本人の労働時間や余暇時間はどのように変化しているのでしょうか。

労働時間や余暇時間にはさまざまな定義があります。まずは、その定義を明確にしておきたいと思います。1日24時間のうち、賃金を稼ぐために働くのが「市場労働時間」、家庭内の家事に使うのが「家計生産時間」です。市場労働時間と家計生産時間を合わせたものが「総労働時間」。24時間から総労働時間を差し引いたものが、1日の「余暇時間」となります。

表1:平日(月-金)一日当たり10時間以上働いた人の割合

データ)『社会生活基本調査』(統計局)より計算。
備考)フルタイム労働者(ふだん週当たり35時間以上働く22~65歳の雇用者が対象、学生除く)。
休憩や通勤時間は含まれていない。図中の棒グラフは、平日(月-金)一日当たり10時間以上働いた人の割合。

日本人の平日の市場労働時間は、この30〜40年間で増え続けています。2016年の調査では、通勤時間やお昼休みなどを差し引いた平日(月~金曜日)の実労働時間が1日10時間以上というフルタイム労働者は男性で43.8%、女性で19.9%でした(表1)。1970年代〜80年代までは1日8時間くらいの労働時間の人が最も多かったのですが、1989年に労働基準法が改正され、週休2日制度が広く普及してから状況が変わりました。土曜・日曜の市場労働時間がなくなり、その分が平日にオンされ、結果的に平日の家計生産時間や余暇時間が減っています。

余暇時間を増やすための法改正が、逆効果になったということでしょうか。

80年代の労基法改正は貿易不均衡問題に端を発していたので、現在の働き方改革とは出発点が多少異なっていたかもしれません。もちろん、当時から「日本人は働きすぎだからもうちょっと休みましょう」と意図は根底にあったと思います。しかし、その意図に反して結果的に平日の市場労働時間がどんどん増えていった、ということです。長く続いた不況の影響もあるのでしょう。2000年代はさまざまな業界で売上確保のために24時間サービス化が進み、市場労働時間の増加に拍車をかけました。ただし、直近の数年の動きをみると、週に60時間以上働く「超長時間労働」の人は少しずつですが減ってきています。働き方改革の流れの中で、今般の法改正に先駆けて各業界が長時間労働の是正に取り組んでいる結果が表れてきていると考えられます。今回の法改正は前回と異なり、今のところはその意図と同じ方向に作用してきていると言えるでしょう。

平日の余暇時間の減少によって、何か懸念されることはありますか。

余暇の中身にも、いろいろあります。趣味も睡眠も余暇時間に分類されますが、市場労働時間の拡大で最も影響を受けているのは睡眠時間でしょう。男性は、この30~40年で平日の睡眠時間が平均45分減少しています(表2)。かといって、土曜・日曜に寝ているわけでもないようなのです。家計生産時間を平日に確保することが難しくなり、土曜・日曜は家事をまとめて片付けざるを得ない。他にも買い物などで活発に動き、結果的に平日に蓄積した疲労や睡眠負債を解消しないまま月曜を迎えてしまうことで、健康面での悪影響が懸念されます。

表2:平日の一日当たりの睡眠時間の推移

出典:『社会生活基本調査』(統計局)のデータより黒田教授が計算
備考:平日の一日当たりの睡眠時間の推移。フルタイム労働者(ふだん週当たり35時間以上働く22~65歳の雇用者が対象、学生除く)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キーパーソンが語る“人と組織”のバックナンバー

宇田川元一:
組織のわかりあえない対立を読み解く
ナラティヴ・アプローチで人事が果たしうる支援とは
組織にはいろいろな関係が存在しています。上司と部下、経営と現場、営業と企画、製造と開発など、実に多様です。互いの考えが合致し、持ち味を発揮したなら、仕事は円滑に...
2019/10/18掲載
黒田祥子さん:
生産性向上につながる鍵は「週単位」「日単位」の余暇時間
休み方への意識を変えるために人事が取るべき施策とは
2019年は、多くの企業にとって「休み方」を考え直す契機となるのではないでしょうか。平成から令和への改元に伴い、ゴールデンウィークが過去に例のない大型連休となっ...
2019/08/26掲載
川島 薫さん:
社会人として働くことに健常者も障がい者もない
“当たり前”を取り入れた、これからの障がい者雇用とは
楽天グループの特例子会社である、楽天ソシオビジネス株式会社。同社は、設立時より積極的に障がい者採用を行い、高い雇用率と定着率を実現しています。また、特例子会社で...
2019/07/26掲載
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ジョブ・カード制度 総合サイト 3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


会社の未来を拓く 強い管理職のつくり方~アセスメントツールを“人材育成”に活用する、効果的な手法とは?

会社の未来を拓く 強い管理職のつくり方~アセスメントツールを“人材育成”に活用する、効果的な手法とは?

長期的な不況が続き、グローバル化が進むなか、この時代を企業が生き抜くた...


事業所内保育施設を作る強い味方!<br />
内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは

事業所内保育施設を作る強い味方!
内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは

2016年4月に内閣府が「企業主導型保育事業」をスタートしました。これ...