無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

「自分にあった働き方」は、職場の業績を向上させる

リクルートワークス研究所 辰巳哲子氏

「自分にあった働き方」は、職場の業績を向上させる

2020年4月以降、個人の働き方は大きく変化した。あらためて、自分がどのように仕事と向き合うのか、ということを考えさせられる時間でもあった。テレワークが増え、仕事の進め方や働く時間の管理は個人の手に委ねられた。自宅でのテレワーク中心の生活では、自分や家族の生活時間にあわせたやり方を模索せざるを得ず、いったい自分にはどういうやり方がフィットしているのか、自分の仕事の軸が変化したり、仕事の進め方や優先順位のつけ方が変化した人も多かったことだろう。実際、これまでは企業のルールにあわせるように自分の働き方を決めていたが、近年、自分にあった働き方を選ぶ人が増加傾向にあることも明らかになってきている。

就業者の4人に1人が、「自分にあった働き方」を得ようとしている

昨年末の調査では、就業者全体のうち26.5%が「勤務条件に関する相談・交渉をしたことがある」と回答している。2018年の調査では、育児など何らかの「制約条件があるから」相談・交渉をする人が多かったが、2019年の調査では、「学びのための時間」や「副業」など、「得たいものがある」から相談・交渉している人の割合が増加している。

職場との条件交渉の内容

職場との条件交渉の内容は、生活の中で仕事をどう位置付けているか、ということにも影響される。仕事を通じて働く喜びを得ている人は、より自分の生活にフィットした働き方が実現できる条件(勤務時間の考慮、仕事持ち帰り可、託児所)を求めているが、一方で仕事から喜びを感じていない人は、休暇や交通費、定時退社といった、仕事以外の条件向上を望む傾向がみられている。

条件だけではない、「自分にあった働き方」

ここまで、主に制度上の条件面における「自分にあった働き方」の潮流を見てきたが、「自分にあった働き方」を実現しているのは制度上の条件ばかりではない。リモートワークが始まって、「周囲に人がいるところのほうがむしろ集中できる」や「自分の考えを誰かに聞いてもらうことでクリアにしたい」など、いい仕事をするために実は欠かせなかった環境の存在に気付いた人もいることだろう。

「働く×生き生きを科学する」プロジェクトでは、個人がどのような時に「生き生き働いている」と実感できているのかを調査した。その結果、(自分で)全体像を把握できている、(自分の)得意分野が生かされている、(自分の)持ち味が発揮できている、いつも通りの状態で働ける、アイディアが次々出てくる、考えの壁打ちに付き合ってくれる同僚がいる、クリエイティブな議論ができる仲間がいる、成長できる環境があるなど、制度上の条件だけでは実現できない「自分にあった働き方」が見えてきた。以下は全国の就業者にAとBのどちらが望ましいかを選択してもらったものだが、多様な仕事に囲まれたい人、自分でゴールを決めたい人など、条件だけでは説明できない「自分にあった働き方」がある。

SUV20-1203-0102.jpg

※リクルートワークス研究所(2019)働きがいの調査

「自分にあった働き方」を実現するために個人にできること・企業にできること

自分にあった働き方を実現するために個人にできることは、2つある。1つには、いろんな働き方を試してみながら、自分にフィットする働き方を見つけること。2つめは、既に4人に1人がしているように、それを周囲の人に伝えることだ。特に条件面以外での「自分にあった働き方」はあまりにも多様なため、同じ職場で働いていたとしても自分にしかわからない。1on1の機会などを使いながら、「自分がどのような時に生き生きと働けるのか」といった「仕事に対する自分の気持ち」を職場の同僚と共有する必要がある。

仕事に対する自分の気持ち

企業にできることは、個人を尊重することだ。図表にもあるように、現在の仕事の中で持ち味を発揮することや上司や同僚と「仕事に対する自分の気持ち」を共有することこそが、個人の働く喜びを向上させ、仕事や職場のパフォーマンスにつながることが明らかになっている。

「自分にあった働き方」の実現は、決して個人のわがままを通せということではない。人によってパフォーマンスを発揮しやすい働き方は異なる。どのやり方がフィットしているのかは、あまりに多様で個人にしかわからない。しかし、周囲に自分の持ち味が伝わることは個人のパフォーマンスにもいい影響を与えている。このことを前提に、「仕事に対する自分の気持ち」や「持ち味」について、職場での対話をはじめてみてはどうだろうか。


【調査概要】
リクルートキャリア「働く喜び調査」
全国15-64歳の就業者を母集団とし、性・年代(10歳刻み)×就業形態×居住エリアで母集団構成に合うように回収。調査期間:2019年12月12日~17日 サンプル数:5467
リクルートワークス研究所 働きがいの調査
全国18~89歳の就業者を母集団とし、性・年代・就業形態・地域・学歴で母集団構成にあうように回収。調査期間:2019年11月13日~15日 サンプル数:9716

リクルートワークス研究所

リクルートワークス研究所は、「一人ひとりが生き生きと働ける次世代社会の創造」を使命に掲げる(株)リクルート内の研究機関です。労働市場・組織人事・個人のキャリア・労働政策等について、独自の調査・研究を行っています。
https://www.works-i.com/

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

HR調査・研究 厳選記事のバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
ブリージャー (ブレジャー)
従業員シェア
GビズID(gBizID)
労働安全衛生法
高度プロフェッショナル制度
キッズウィーク
過労死ライン
ギグ・エコノミー
フラリーマン
業務委託