企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

「自分にあった働き方」は、職場の業績を向上させる

リクルートワークス研究所 辰巳哲子氏

「自分にあった働き方」は、職場の業績を向上させる

2020年4月以降、個人の働き方は大きく変化した。あらためて、自分がどのように仕事と向き合うのか、ということを考えさせられる時間でもあった。テレワークが増え、仕事の進め方や働く時間の管理は個人の手に委ねられた。自宅でのテレワーク中心の生活では、自分や家族の生活時間にあわせたやり方を模索せざるを得ず、いったい自分にはどういうやり方がフィットしているのか、自分の仕事の軸が変化したり、仕事の進め方や優先順位のつけ方が変化した人も多かったことだろう。実際、これまでは企業のルールにあわせるように自分の働き方を決めていたが、近年、自分にあった働き方を選ぶ人が増加傾向にあることも明らかになってきている。

就業者の4人に1人が、「自分にあった働き方」を得ようとしている

昨年末の調査では、就業者全体のうち26.5%が「勤務条件に関する相談・交渉をしたことがある」と回答している。2018年の調査では、育児など何らかの「制約条件があるから」相談・交渉をする人が多かったが、2019年の調査では、「学びのための時間」や「副業」など、「得たいものがある」から相談・交渉している人の割合が増加している。

職場との条件交渉の内容

職場との条件交渉の内容は、生活の中で仕事をどう位置付けているか、ということにも影響される。仕事を通じて働く喜びを得ている人は、より自分の生活にフィットした働き方が実現できる条件(勤務時間の考慮、仕事持ち帰り可、託児所)を求めているが、一方で仕事から喜びを感じていない人は、休暇や交通費、定時退社といった、仕事以外の条件向上を望む傾向がみられている。

条件だけではない、「自分にあった働き方」

ここまで、主に制度上の条件面における「自分にあった働き方」の潮流を見てきたが、「自分にあった働き方」を実現しているのは制度上の条件ばかりではない。リモートワークが始まって、「周囲に人がいるところのほうがむしろ集中できる」や「自分の考えを誰かに聞いてもらうことでクリアにしたい」など、いい仕事をするために実は欠かせなかった環境の存在に気付いた人もいることだろう。

「働く×生き生きを科学する」プロジェクトでは、個人がどのような時に「生き生き働いている」と実感できているのかを調査した。その結果、(自分で)全体像を把握できている、(自分の)得意分野が生かされている、(自分の)持ち味が発揮できている、いつも通りの状態で働ける、アイディアが次々出てくる、考えの壁打ちに付き合ってくれる同僚がいる、クリエイティブな議論ができる仲間がいる、成長できる環境があるなど、制度上の条件だけでは実現できない「自分にあった働き方」が見えてきた。以下は全国の就業者にAとBのどちらが望ましいかを選択してもらったものだが、多様な仕事に囲まれたい人、自分でゴールを決めたい人など、条件だけでは説明できない「自分にあった働き方」がある。

SUV20-1203-0102.jpg

※リクルートワークス研究所(2019)働きがいの調査

「自分にあった働き方」を実現するために個人にできること・企業にできること

自分にあった働き方を実現するために個人にできることは、2つある。1つには、いろんな働き方を試してみながら、自分にフィットする働き方を見つけること。2つめは、既に4人に1人がしているように、それを周囲の人に伝えることだ。特に条件面以外での「自分にあった働き方」はあまりにも多様なため、同じ職場で働いていたとしても自分にしかわからない。1on1の機会などを使いながら、「自分がどのような時に生き生きと働けるのか」といった「仕事に対する自分の気持ち」を職場の同僚と共有する必要がある。

仕事に対する自分の気持ち

企業にできることは、個人を尊重することだ。図表にもあるように、現在の仕事の中で持ち味を発揮することや上司や同僚と「仕事に対する自分の気持ち」を共有することこそが、個人の働く喜びを向上させ、仕事や職場のパフォーマンスにつながることが明らかになっている。

「自分にあった働き方」の実現は、決して個人のわがままを通せということではない。人によってパフォーマンスを発揮しやすい働き方は異なる。どのやり方がフィットしているのかは、あまりに多様で個人にしかわからない。しかし、周囲に自分の持ち味が伝わることは個人のパフォーマンスにもいい影響を与えている。このことを前提に、「仕事に対する自分の気持ち」や「持ち味」について、職場での対話をはじめてみてはどうだろうか。


【調査概要】
リクルートキャリア「働く喜び調査」
全国15-64歳の就業者を母集団とし、性・年代(10歳刻み)×就業形態×居住エリアで母集団構成に合うように回収。調査期間:2019年12月12日~17日 サンプル数:5467
リクルートワークス研究所 働きがいの調査
全国18~89歳の就業者を母集団とし、性・年代・就業形態・地域・学歴で母集団構成にあうように回収。調査期間:2019年11月13日~15日 サンプル数:9716

リクルートワークス研究所

リクルートワークス研究所は、「一人ひとりが生き生きと働ける次世代社会の創造」を使命に掲げる(株)リクルート内の研究機関です。労働市場・組織人事・個人のキャリア・労働政策等について、独自の調査・研究を行っています。
https://www.works-i.com/


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

HR調査・研究 厳選記事のバックナンバー

70歳雇用推進の背景と今後の課題-企業や個人の状況に合わせたより多様な定年制度の実施を-(ニッセイ基礎研究所)
1970年代までには55歳が一般的だった日本の定年年齢は、平均寿命の上昇や出生数の減少による労働力不足等の影響によって、継続的に引き上げられてきた。2020年3...
2021/01/20掲載
モニタリングAIの衝撃-あなたの在宅パソコンは見られている-(第一生命経済研究所)
新型コロナウイルス感染拡大を契機にテレワークが拡大している中で、部下と上司双方に新たな悩みが発生している。オフィスという同じ空間で部下と上司がいれば、お互いの様...
2021/01/18掲載
テレワーク、オンライン面接の導入増! 機械化による業務削減、残業時間が課題(ディップ)
新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)の流行に伴う社会の変化のなかで、求職者の仕事探しにも影響が出ています。では、企業側は採用活動においてどのような影響...
2021/01/15掲載

関連する記事

労務管理システムの導入メリットと比較ポイント
『日本の人事部』おすすめの労務管理システム
労働時間や給与、福利厚生、安全衛生管理、労使関係の各種手続きなど、「人」に関わる業務全般を取り扱う労務管理。働き方改革が進み、テレワークや副業なども増えている現...
2020/12/24掲載HRソリューションの傾向と選び方
ワークスタイル変革に向けた「ジョブ型」人事制度導入の視点と実践的工夫  With&Postコロナの人事制度(三菱UFJリサーチ&コンサルティング)
新型コロナウイルスの流行を契機に、企業活動の構造改革が求められている状況は周知の通りである。本レポートでは昨今注目度が高まっているジョブ型雇用の中心施策となる職...
2020/12/22掲載HR調査・研究 厳選記事
新しい生活様式の中、誰もが安心して働き続けるために ―エッセンシャルワーカーの働く意識を中心に―(第一生命経済研究所)
新型コロナウイルス感染拡大により、人々の働き方は大きな影響を受けた。全国に発令された緊急事態宣言下で人々がどのような働き方をしていたかを、第一生命経済研究所が実...
2020/12/17掲載HR調査・研究 厳選記事
新型コロナウイルス感染症への企業の対応アンケート
~在宅勤務の実施状況、社員が感染した場合の対応などを調査~
民間調査機関の一般財団法人 労務行政研究所(理事長:猪股 宏)は、新型コロナウイルス感染症(以下、新型コロナ)に企業がどのように対応したのかを調べるために、20...
2020/12/11掲載人事・労務実態調査
【印鑑レス時代の必須知識】
電子署名、eシール、タイムスタンプの機能と役割、種類別の違い等
電子文書の公的認証制度を整理する
テレワークの増加で、紙文書から電子文書へとペーパーレスへ動きが活発化しています。ここでは、電子文書を扱うための基礎知識を解説。とくに作成者を証明する電子署名、発...
2020/11/16掲載人事・労務関連コラム

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

タレントパレット 会社の法律Q&A 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


成果を生み出す 従業員「エンゲージメント」の主要10ステップとは?

成果を生み出す 従業員「エンゲージメント」の主要10ステップとは?

アジアを中心とした新興国市場の拡大に伴い、外国人従業員の採用、グローバ...