企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

Report

7割が「ホワイトカラー・エグゼンプション」に「賛成」
~「ホワイトカラー・エグゼンプション」への賛否や導入された場合の効果・影響について調査~
2014/11/19

『日本の人事部』は、全国のビジネスパーソン(経営者、管理職、人事担当者ほか)に対して「ホワイトカラー・エグゼンプション」に関するWEBアンケートを実施し、その結果をまとめました。(調査期間:2014年9月16日~10月6日、回答社数:306社)
政府は2014年6月、ホワイトカラーの労働者を対象に労働時間の規制を外し、成果に給与を払う制度「ホワイトカラー・エグゼンプション」を、年収1000万円以上の専門職に限って導入する方針を示しました。現行法では労働時間で給与や報酬を決めることが原則ですが、専門職や企画立案を主とする職種などでは、働く時間の長さと成果が比例しないケースも多いため、同制度が提唱されています。「生産性の向上」「多様で柔軟な働き方の実現」などを期待する声がある一方、労働組合などからは、「残業代ゼロ」を推進するものだとして、反発の声も多く挙がっています。世間で議論が白熱している現在、企業の人事担当者や経営者は、同制度についてどのように考えているのでしょうか。「ホワイトカラー・エグゼンプションへの賛否」「導入された場合の効果」「導入された場合の影響」について聞きました。

約7割の人が「ホワイトカラー・エグゼンプション」に「賛成」

「賛成する」が34.8%、「どちらかと言えば賛成する」も34.8%で、合計約7割の人が「ホワイトカラー・エグゼンプション」に賛意を示しています。賛成する人からは、「労働時間の長さで成果を測ることに無理がある」「生産性向上につながる」など、現在の労働問題を解決する一つの手段として歓迎する声が多く挙がりました。一方で、反対する人の意見としては「長時間労働を招く」などが目立ちました。また、「総論賛成だが、『年収1000万円』では対象範囲が狭い」など同制度の条件に関して疑問視するコメントが「賛成する」人からも多く挙がり、全面的に賛成している人はそれほど多くない印象です。

■図表1 「ホワイトカラー・エグゼンプション」への賛否
図表1 「ホワイトカラー・エグゼンプション」への賛否

「生産性向上」「成果に応じた正当な報酬」に期待

「ホワイトカラー・エグゼンプション」が導入された場合の効果について聞いたところ、「効果はない」(23.5%)が最も多い結果となりました。「ホワイトカラー・エグゼンプション」に反対している人が「そもそも効果などない」と感じているようです。2番目に「業務の生産性が向上する」(21.2%)、3番目に「成果に応じた正当な報酬を従業員に与えることができる」(16.5%)が続きます。具体的な効果として何を期待しているかというと、「残業代稼ぎのために理不尽に残る社員が減る」「個々の社員の能力を正当に評価できれば、生産性の向上につながるはず」などの声が目立ちました。

■図表2 「ホワイトカラー・エグゼンプション」が導入された場合の効果
図表2 マイナンバー制度に対応する上での課題

「人事制度の改定」が必要、いかに成果を評価するかが課題になる

「ホワイトカラー・エグゼンプション」が導入された場合の影響について聞いたところ、「人事制度の改定が必要になる」(40.0%)が最も多く、2番目が「長時間労働が増加する」(20.0%)で、この二つで過半数を超えました。「人事制度の改定が必要になる」と回答した人は、「透明性の高い評価制度が必要」「業務の進捗状況やプロセスを評価する人事制度に改定しなければならない」などのコメントを残しており、いかに成果を評価するかが課題と感じている人が多いようです。

■図表3 「ホワイトカラー・エグゼンプション」が導入された場合の影響
図表3 「ホワイトカラー・エグゼンプション」が導入された場合の影響

回答結果はこちら→  http://jinjibu.jp/special/enq.php?fid=NJ-2014f

【調査概要】
調査対象  :全国のビジネスパーソン(経営者、管理職、人事担当者 など)
調査期間  :2014年9月16日~10月6日
調査方法  :WEBアンケートによる回収
有効回答社数:306社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

編集部注目レポートのバックナンバー

海外低価格製品に対抗する驚異の戦略
日本のものづくりは新時代へ
日本のものづくりは、海外の低価格製品との競争により苦境に立たされています。そんな中、希望の星と熱い注目を集めているのが、自動車用・医療用金属パイプの加工を行う武...
2018/02/22掲載
強さと優しさが増収増益の原動力
ランドセルの協和が実践する「人を大切にする経営」とは
背負いやすいランドセル「ふわりぃ」で知られる株式会社協和は、ランドセルの国内生産シェア2位で、少子化にもかかわらず10年連続で増収増益を続けています。また、社員...
2018/01/10掲載
学生と企業それぞれが考える
「インターンシップ」の乖離をなくしたい
「学生が選ぶインターンシップアワード」に込められた想い、
実現したい世界観とは
売り手市場と言われる、近年の新卒採用。企業・学生ともに、短いスケジュールのなかで行動しなければならず、苦労も多いのではないでしょうか。そこで、このところ注目され...
2017/12/28掲載

関連する記事

人事の過半数は、ホワイトカラー・エグゼンプションに賛成?!
~ホワイトカラー・エグゼンプション賛成派は53.6%と過半数を占める! 反対派は22.9%
人事に企業の「今」を訊いた大規模調査「人事白書2015」から一部をご紹介します。賛成理由のベースにある考えは、ある程度以上の収入を得ている場合、働き方は自分自身...
2015/05/29掲載人事白書 調査レポート
先送りされてきた雇用の問題とは?「労働ビッグバン時代」における人事・賃金の課題
「雇用ルール改革6法」の動向等を踏まえながら、これからの雇用や賃金の問題について、まとめています。
2008/03/03掲載人事・労務関連コラム
女性活躍推進特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

人事向けの会議室HRスクエア マネジメント向け両立支援/カムバボス版!

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


組織活性化特集

本特集では、組織活性化をはかるためのセミナーやサービス、資料をご紹介いたします。ぜひ貴社の変革を促すヒントを見つけてください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「2010.4 改正労働基準法」施行を前に、<br />
人事担当者が考えておくべき「人事管理システム」とは?

「2010.4 改正労働基準法」施行を前に、
人事担当者が考えておくべき「人事管理システム」とは?

来る2010年(平成22年)4月1日、いよいよ「労働基準法の一部を改正...