Report

企業のメンタルヘルス対策
“十分に活用されている”のはわずか4%
~「ストレスチェック義務化法案」成立を受けた企業の動向を調査~
2014/10/30

『日本の人事部』は、全国のビジネスパーソン(経営者、管理職、人事担当者ほか)に対して「ストレスチェック」に関するWEBアンケートを実施し、その結果をまとめました。(調査期間:2014年8月25日~9月7日、回答社数:289社)
従業員数50人以上の全ての事業場に、年1回のストレスチェックの実施を義務付ける「労働安全衛生法の一部を改正する法案(通称:ストレスチェック義務化法案)」が 2014年6月19日に国会で可決・成立し、より体系的な従業員のストレス状況への対応が求められることになりました(50人未満の事業所は努力義務)。それでは現在、企業のメンタルヘルス対策はどのような状況で、実際にはどんな課題があると考えているのでしょうか。「ストレスチェックなどによる現状把握の状況」「従業員のメンタルヘルス対策の活用状況」「メンタルヘルス対策の取り組みを行う上での課題」について聞きました。

7割を超える企業が従業員の「ストレスチェック」を行っていない

「定期的にストレスチェックなどによる状況把握を行っていますか」という質問に対して、「行っている」という回答は27.1%、「行っていない」という回答は72.9%で、多くの企業が社員の現状を把握できていないことがわかりました。ただし「行っていない」と回答した企業からも、「今後の実施を検討している」との声が聞かれるなど、今回の法案成立により、ストレスチェックの導入に向けて動き出した企業は多いことがわかります。また、「ストレスチェックを行うにしても、その後の対策を講じられるかどうかが問題」「ストレスチェックが義務化されても、法制化に伴って企業がその内容を把握できない(事業者への情報は開示しない)となると対策を講じることができない」など、その後の対応について気にする声が多数聞かれました。

■図表1 定期的にストレスチェック等による状況把握は行っていますか?
図表1 定期的にストレスチェック等による状況把握は行っていますか?

メンタルヘルス対策の活用促進には、現場の正しい理解が重要

「メンタルヘルス対策は従業員に活用されていますか」という質問に対して、「あまり活用されていない」という回答は31.2%、「まったく活用されていない」という回答も31.2%で、何らかのメンタルヘルス対策を講じている企業でも、実際の活用状況は低いことがわかりました(図表2)。その理由としては「人事評価への影響の不安が強く、理解不足、偏見もぬぐえないようだ」「メンタルヘルス対策を利用すると、評価が不利になると疑心暗鬼になっている」などが目立ち、従業員の中に「人事考課に響くのではないか」という誤解が根強くあることがわかりました。

さらに「メンタルヘルス対策の取り組みを行う上での課題は何ですか」という質問に対する回答では、「管理監督者の理解不足」34.5%、「専門知識を持った人材の不足」15.0%が上位を占めました(図表3)。従業員の中にある誤解を解き、対策の活用を促すには、現場の管理監督者や専門家が従業員の状況をきちんと把握し、メンタルヘルス対策関連の仕組みや制度の活用のメリットを伝えていくことが重要と言えそうです。

■図表2 メンタルヘルス対策は従業員に活用されていますか?
図表2 メンタルヘルス対策は従業員に活用されていますか?
■図表3 メンタルヘルス対策の取組みを行う上で課題は何ですか?
図表3 メンタルヘルス対策の取組みを行う上で課題は何ですか?

回答結果はこちら→  http://jinjibu.jp/special/enq.php?fid=NJ-2014d

【調査概要】
調査対象  :全国のビジネスパーソン(経営者、管理職、人事担当者 など)
調査期間  :8月25日~9月7日
調査方法  :WEBアンケートによる回収
有効回答社数:289社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

編集部注目レポートのバックナンバー

「学習する能力」を科学する「ニューロサイエンス(神経科学)」とは
~脳の学び方を知り、職場のパフォーマンスを高める~
2016年11月に東京で開催された世界最大級の人材開発会議「ATD 2016 JAPAN SUMMIT」の特別講演で初来日した、この分野の第一人者であるNeur...
2017/01/12掲載
6割以上の採用担当者が、学生に直にアプローチできる採用手法を検討
~「2016年卒採用」における、スケジュール後ろ倒しの影響とは?~
2016年卒から新卒採用の時期を繰り下げる「採用選考の指針」が日本経済団体連合会(経団連)によって発表されました。これにより、「広報開始」が2015年の3月以降...
2014/11/26掲載
7割が「ホワイトカラー・エグゼンプション」に「賛成」
~「ホワイトカラー・エグゼンプション」への賛否や導入された場合の効果・影響について調査~
政府は2014年6月、ホワイトカラーの労働者を対象に労働時間の規制を外し、成果に給与を払う制度「ホワイトカラー・エグゼンプション」を、年収1000万円以上の専門...
2014/11/19掲載

関連する記事

有所見率は53.2%!〔平成26年〕ストレスチェックとの違いは?
健康診断での有所見者に対する対応
健康管理の基本は健康診断です。では、健康診断において“有所見”となった社員への対応はどのようにすべきでしょうか。受診勧奨のやり方とともに、健康診断にまつわる会社...
2016/07/11掲載人事・労務関連コラム
改正労働安全衛生法12月1日施行
ストレスチェック制度義務化に伴う企業の対応状況
平成27年12月より、ストレスチェックの実施が従業員数50人以上の事業場に義務づけられる。多くの企業にとってストレスチェック制度の運用は初めての試みであり、情報...
2015/12/09掲載人事・労務実態調査
厚労省・ストレスチェック制度に関するマニュアル作成委員に聞く!
ストレスチェック義務化対策――見過ごされている「経営リスク」とは
「マイナンバーは待ったなし。女性活躍推進の行動計画も作らなければいけないのに……これも!?」――今年12月に施行される「ストレスチェック義務化」への対策に、多く...
2015/11/25掲載注目の記事
人事マネジメント「解体新書」第86回
「ストレスチェック」義務化に伴う実務にどう対応するか 【後編】
「ストレスチェック」を実施している2社の事例を取り上げ、どのような狙い・目的を持ってストレスチェックを導入したのか、またストレスチェックの結果をどう活用している...
2015/07/21掲載人事マネジメント解体新書
人事マネジメント「解体新書」第85回
「ストレスチェック」義務化に伴う実務にどう対応するか 【前編】
「ストレスチェック」「面接指導」の実施などを義務付ける「ストレスチェック制度」。2015年12月1日より従業員数50人以上の企業(事業場)に対して実施されること...
2015/07/13掲載人事マネジメント解体新書
【用語解説 人事辞典】
業務上疾病
ストレスチェック制度
注目のダウンロード特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること
日本証券業協会「無料講師派遣事業」ご案内

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


注目のダウンロード特集

今『日本の人事部』が注目するサービス・調査データ・事例など、業務で役立つ資料をご紹介いたします。



ダイバーシティ&インクルージョン特集

本特集では『日本の人事部』が注目している「シニア・ミドル」、「女性」の活躍推進に取り組む企業様にもおすすめなプログラムを中心にご紹介。ぜひ貴社のダイバーシティ&インクルージョン(D&I)推進にご活用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。