企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ピープル アナリティクス ピープル・アナリティクス

「ピープル・アナリティクス(People Analytics)」とは、最新のテクノロジーを活用し、社員の行動データを収集・分析して、クリエイティブな人材を輩出する職場のあり方や生産的で満足度の高い働き方などを導き出す技術のことです。近年は、特に社員の行動を、カード型やウェアラブル型端末に組み込まれたセンサー技術から得られるビッグデータとして取得し、オフィス環境の最適化などにつなげる手法が注目を集めています。米国では、グーグルやフェイスブック、アクサ生命保険など、ピープル・アナリティクス専門の部署を設立する企業も増えてきました。

ピープル・アナリティクスのケーススタディ

理想の職場や働き方をビッグデータで導き出す
最新のセンサー技術が支える「職場の人間科学」

オフィスのデザインや席順、休憩をとるタイミングなどを少し変えるだけで職場の快適さ、仕事のしやすさが目に見えて改善されたり、社員が立ち寄って息抜きできるスペースがあると、そこで交わされた雑談から新しいアイデアが生まれたりすることは、決して珍しいことではないでしょう。誰もが経験上、そうした職場環境の大切さは感じているものの、これまではその効果を客観的に測定する手段がありませんでした。組織としてできることといえば、せいぜい社員との面談やアンケートの実施、あるいはベテランの経験知に頼ることぐらい。そこで近年、注目を集めているのが、社員の行動をビッグデータとして収集・解析し、職場管理の最適化・効率化に結びつける技術――「ピープル・アナリティクス」です。

ピープル・アナリティクスで特に重視されているのは、カード型やウェアラブル型の端末に内装したセンサー技術から得られるデータ。そこには、社員がどこで、誰と話しているのか、話し方や話すスピードといった音声としての特徴など、フェイス・トゥ・フェイスの社内コミュニケーションに関するさまざまな情報が詰まっています(プライバシー保護の観点から会話内容は原則的に記録されません)。メールやウェブの閲覧記録よりも、そうしたインフォーマルな行動データのほうが、解析して得るものが大きいのです。

かつてバンク・オブ・アメリカでは、コールセンターの4チーム、約80人にセンサーを携帯させ、約4週間にわたってデータを収集しました。コールセンターというと、従来は業務効率を高めるために、現場では「シフトに穴を開けない」「私語をなくす」といったことばかりが重視されてきましたが、調査の結果、それが間違いであることがわかったのです。

コールセンターの運営を最適化するには、従業員同士のコミュニケーションを促す交流の機会が必要で、シフトに穴をあけないことより、そろって休憩をとることのほうが重要でした。実際、同じチームのメンバーが同じタイミングで1日15分のコーヒー休憩を取れるようにしたところ、生産性を高める交流が自然に行われるようになり、年間1500万ドルもの運営コストを削減できたといいます。

働き手の行動をデータとして取得、解析することで、最適な職場や働き方が見えてくる――ピープル・アナリティクスが「職場の人間科学」と言われるゆえんでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

ビッグデータ
「ビッグデータ」(Big Data)とは、数百テラ(1兆)バイトからペタ(1,000兆)バイト級の膨大なデジタルデータの集積のことです。ビッグデータには文字、数字、図表、画像、音声、動画など、さまざまなタイプのデータが含まれます。従来、こうした大容量データは取り扱い自体が困難でしたが、データ管理テク...
組織市民行動
「組織市民行動」とは、企業や団体の従業員が自分の職務の範囲外の仕事をする「役割外行動」の一種で、英語ではOCB(Organizational Citizenship Behavior)と呼ばれます。 この概念を提唱した米・インディアナ大学のデニス・オーガン教授らによると、組織市民行動は「従業員の行動...
テキストマイニング
「テキストマイニング」とは、文章や言葉などの大量のテキストデータから、有益な情報を取り出すことの総称です。統計学や人工知能などのデータ分析技術を使って大量のデータを分析し、規則性を見つけ出す技術をデータマイニングといいますが、その中でも文字列データに特化したものがテキストマイニング。自然言語解析の手...

関連する記事

今後最も活用したいデータは「評価情報」、活用する上で留意する点は「目的の明確化」
人事担当者に人事のデータ活用について聞いたところ、今後最も活用したいデータは「評価情報」、活用する上で留意する点は「目的の明確化」であることがわかった。
2019/12/02掲載人事白書 調査レポート
2. コミュニケーションをめぐる近年の傾向
企業におけるコミュニケーションの現状と課題について、アンケート結果をもとに考察する。およそ3社に2社が、組織内コミュニケーションに課題を抱えている。その背景にある対面コミュニケーションの機会の減少についても触れる。
2012/11/29掲載よくわかる講座
1. コミュニケーション研修とは
組織を機能させ、活性化していくには、コミュニケーションの量と質を向上させていかなければならない。その際、それにふさわしい方法やスキルが必要となる。コミュニケーション研修とは、このような組織内でのビジネスや仕事上におけるコミュニケーション能力の向上を目的とした研...
2012/11/29掲載よくわかる講座

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

会社の法律Q&A Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


10~300名規模の企業だからこそ効果的<br />
「クラウド型人事・給与システム」が人材と企業経営を強くする

10~300名規模の企業だからこそ効果的
「クラウド型人事・給与システム」が人材と企業経営を強くする

クラウドシステム導入を検討する中堅・中小企業必読のインタビュー。システ...


「2010.4 改正労働基準法」施行を前に、<br />
人事担当者が考えておくべき「人事管理システム」とは?

「2010.4 改正労働基準法」施行を前に、
人事担当者が考えておくべき「人事管理システム」とは?

来る2010年(平成22年)4月1日、いよいよ「労働基準法の一部を改正...