企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

HR業界TOPインタビュー「人・組織」ビジネスを牽引する希代の経営者

ポジティブな言葉をたくさんかけて、精一杯生きる姿を見せる
それが組織のモチベーションを高めるリーダーの役割

ANAビジネスソリューション株式会社 代表取締役社長

矢澤 潤子さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ANAビジネスソリューション株式会社 代表取締役社長 矢澤 潤子さん

日本を代表する航空会社である全日本空輸株式会社(以下、ANA)。ANAを中心としたエアライングループとして、グループ全体で長年にわたり培ってきたハイクオリティーなサービスや人財育成ノウハウを生かして、付加価値の高い人材派遣、独自性豊かな研修事業など各種サービスを提供しているのがANAビジネスソリューション株式会社です。同社代表取締役社長の矢澤潤子さんは、ANAの客室乗務員としてキャリアをスタートさせ、国内線・国際線で数多くのフライトを経験しながら、同時に管理職としても部下のマネジメント、育成に幅広く携わってきました。まさにANAグループの伝統と現場の強みを最もよく知る一人と言えるかもしれません。そんな矢澤さんが2016年4月に現職に就任されるまでの歩みとそこで得たもの、ANAビジネスソリューションのトップとして取り組んできたこと、将来に向けてのチャレンジ、さらには日本企業や人材ビジネスの課題をどう捉えているのかなど、幅広いテーマでじっくり語っていただきました。

プロフィール

矢澤 潤子(やざわ・じゅんこ)/1987年、全日本空輸入社。客室乗務員として国内線・国際線のフライトなどを経験。チーフコーディネーター、スタッフアドバイザーなどを経て、2001年にインフライトマネージャー(管理職)に昇格し、客室乗務員のマネジメントを行う。2012年に客室訓練部長に就任し、ANAグループの客室乗務員の保安・サービス訓練の企画立案、実行管理の統括。2016年4月より現職。

「人によって育てられた」ことを実感した客室乗務員時代

ANAには、客室乗務員として入社されました。当時も今も人気の高い職種ですが、目指そうと思われたきっかけは何だったのでしょうか。

大学では日本史を専攻していて、ゼミの担当教授の奥さまが作家の永井路子先生でした。ご自宅にうかがって、直接永井先生から卒業論文へのアドバイスをいただいたこともありますが、自律した女性の先駆け的な存在でもありましたので、その影響を受けたかもしれません。卒業後は経済的に自立できる仕事に就きたい、また、デスクワークよりは体を動かす仕事で、自分の目でいろんな世界を見てみたい、と思うようになりました。その方向性に一致するのが、客室乗務員の仕事だったんです。

私が入社したのは1987年。そのころ航空業界を目指す人はJALとANA、両方受ける人が多かったのですが、社風としては、がむしゃらに頑張っている感じのANAのほうが私には合うように思いました。ANAがちょうど国際線に進出し始めた時期だったので、同期は客室乗務員だけで約360人と、当時としては大量採用でしたね。景気も良かったので、うまくその波に乗れたのだと思います。

入社してからはどのようにキャリアを積んでいかれたのでしょうか。

基礎トレーニングが終わって、最初は羽田空港を拠点とする国内線を担当しました。乗務を繰り返して経験を積み、専門知識を身につけていきました。チーフパーサーになるころには、あらゆる状況下で体が自然に反応するくらいまで、トレーニングを積んでいたと思います。同時に客室乗務員は、後輩ができたら、いろいろなことを教えながら育成することが日常的です。業務知識だけでなく社会人、組織人として一人前になれるように、先輩として指導します。そうした経験を積みながら、徐々にマネジメントにシフトしていくわけです。

10人前後の小集団をまとめるチームコーディネーターになったのは、入社5年目です。その後、少しずつ担当する人数が増えていきます。途中で2年間、地上職も経験しました。機内業務に関わる業務、サービスの企画、レポート分析、新入社員の育成マニュアルの作成、といった支援業務ですね。

管理職になったのは、2001年なので入社14年目です。その後、国際線を中心に関西や成田国際空港への異動、エアージャパン、エアーニッポンなどへの出向を経験しました。

客室乗務員の経験からどのようなものを得られましたか。

航空業界なので、モノを作る仕事をしていたわけでもなく、ずっと人との関係性の中で生きてきました。そのため私は、「人によって育てられてきた」ことを痛感しています。人と人の良い関係性の中で生まれる価値の大きさ、それを何よりも大切にしなければならない、と強く思っています。

もう一つは「品質をどう作るか」。品質は「商品・サービスのクオリティー」×「業務プロセスのクオリティー」×「人財のクオリティー」という掛け算で決まると言われています。この三つのクオリティーが高められた結果がお客さまの心を揺さぶり、感動につながります。私自身も、そういう経験を何度もしてきました。一方で、三つのクオリティーのうち一つでもゼロやマイナスになってしまうと、ほかの二つをどんなに高めても補えないことも知りました。たった一つのミスでも、お客さまの思い出をすべて台無しにしてしまうことがあります。どの業界にも言えることかもしれませんが、三つのクオリティーをバランスよく育てていくことが欠かせません。経営の仕事をする上でも、この考え方は常に意識しなければならないと思っています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HR業界TOPインタビューのバックナンバー

武谷 啓さん(エイチアールワン株式会社 代表取締役社長):
銀行や中央省庁での仕事経験を糧に
人事BPOサービスで日本企業の生産性向上に貢献する
企業向けにシェアードサービスセンター一括サービスや人事給与業務のフルアウトソーシングサービスを提供するエイチアールワン株式会社。日本の人事BPO(ビジネス・プロ...
2019/02/22掲載
落合 文四郎さん(アルー株式会社 代表取締役社長):
育成の成果にこだわり、研修効果を“見える化”
人のあらゆる可能性を切り拓く、新時代に求められる教育のカタチ
労働人口の減少が著しい日本が国際競争を生きぬくためには「生産性の向上」が必要不可欠。その課題意識から「人材育成の成果にこだわる」をコンセプトに、新時代の教育・研...
2019/01/23掲載
新居 佳英さん(株式会社アトラエ 代表取締役CEO):
「世界中の人々を魅了する会社を創る」を掲げ
日本全体の「人材の流動化」と「組織変革の支援」を担う
「役職の撤廃」「日本初となる全従業員に対する特定譲渡制限付株式の付与」「勤務時間や働く場所を管理しない、自由度の高い働き方」――。従来の会社組織の枠にはまらない...
2018/11/28掲載

関連する記事

浦上壮平さん(株式会社エスプール 代表取締役会長兼社長):
課題解決型の人材派遣とシェアリング型のアウトソーシングサービスで急成長 
近年は障がい者雇用支援など、社会課題を解決するソーシャルビジネスを展開
企業の課題解決に主眼をおいたグループ型の人材派遣サービスと、シェアリング型のアウトソーシングサービスを主力事業として展開するエスプール。1999年の創業当時は、...
2017/08/25掲載HR業界TOPインタビュー
派遣スタッフへの対応
派遣スタッフに気持ちよく働いてもらうために心掛けておくこと
2016/10/31掲載よくわかる講座
人材派遣会社の選び方
特徴や専門性から見極める、パートナーに最適な人材派遣会社とは
2016/10/31掲載よくわかる講座
派遣の終了・更新・解除の実務
スタッフの雇用安定措置にかかわる法律を把握した上で、講ずべき対応とは
2016/10/31掲載よくわかる講座
派遣開始と就業の実務
実際に派遣労働者を受け入れる際の実務と注意点をまとめた
2016/10/31掲載よくわかる講座
ウェルビーイング経営を実現するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

高尾の森わくわくビレッジ タレントパレット

注目コンテンツ


ウェルビーイング経営を実現するソリューション特集

本特集では、『日本の人事部』が注目する、ウェルビーイング経営実現ための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーへの参加申込み、資料のダウンロードも可能ですので、 ぜひご利用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


顔と名前の一致”が組織を強くする<br />
 シンプルな仕掛けで人事・組織の課題を解決する「カオナビ」とは

顔と名前の一致”が組織を強くする
シンプルな仕掛けで人事・組織の課題を解決する「カオナビ」とは

企業は成長を目指すのが常ですが、成長するほど見えなくなってしまうものが...