企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

『労政時報』提携

企業における「懲戒処分」の実態
――横領の場合、8割近い企業が最も重い「懲戒解雇」を適用 (1/2ページ)

労政時報 photo

多数の人が働く企業組織では、日々さまざまな問題が起き、企業秩序維持のため懲戒を検討しなければならないこともあります。しかし、社員が起こす非違行為は多様であり、それらに対してどのような処分をするか、懲戒規程に定められた基準だけでは判断に迷うことも多いでしょう。本記事では、民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)が2007年以降5年ぶりに実施した、「懲戒制度に関する実態調査」より、「モデルケース別に見た懲戒措置」「最近1年間における懲戒処分の発生件数」「解雇における退職金の支給状況」について、取り上げます。

※『労政時報』は1930年に創刊。80年の歴史を重ねた人事・労務全般を網羅した専門情報誌です。ここでは、同誌記事の一部抜粋を掲載しています。

【 調査概要 】
調査名:懲戒制度に関する実態調査
調査時期・方法:2012年4月9日~6月1日。調査票の郵送により調査
調査・集計対象:全国証券市場の上場企業(新興市場の上場企業も含む)3454社と、上場企業に匹敵する非上場企業(資本金5億円以上かつ従業員500人以上)311社の合計3765社に送付。そのうち、回答のあった170社を集計

モデルケース別に見た懲戒措置

【図表1】に挙げた30のモデルケースが起こった場合、どのような懲戒処分をとるのか、過去の事案等から判断して回答いただきました(複数回答)。

最も重い懲戒処分である「懲戒解雇」を適用するという回答が多かったケースは、順に「(1)売上金100万円を使い込んだ」(77.9%)「(9)無断欠勤が2週間に及んだ」(69.1%)「(17)社外秘の重要機密事項を意図的に漏えいさせた」(66.4%)でした。そのほか、「(2)取引先から個人的に謝礼金等を受領していた」といった金銭が絡む非違行為については、懲戒解雇をはじめとする重い処分を適用する傾向が見られます。

集計(回答)企業は異なりますが、前回2007年の調査結果と比較すると、「(5)事故は起こさなかったが、酒酔い運転のため検挙された」「(6)終業時刻後に酒酔い運転で物損事故を起こし、逮捕された」という飲酒運転の事案について、処分内容が重くなる傾向が見られます。社会問題化している飲酒運転に対し、企業としても看過できず、より重い処分を課す傾向にあるといえるでしょう。

【図表1】モデルケース別に見た被懲戒解雇者に対する懲戒措置(複数回答、集計社数149社)

【図表1】モデルケース別に見た被懲戒解雇者に対する懲戒措置(複数回答、集計社数149社)

◎30のモデルケース別に見た懲戒解雇とされる割合が高い問題行動

30のモデルケース別に見た懲戒解雇とされる割合が高い問題行動

最近1年間における懲戒処分の発生件数

最近1年間に実際に発生した懲戒処分の件数は、最も軽い段階の処分である「戒告・譴責」が61社の合計で221件。一方、最も重い処分である「懲戒解雇」は19社の合計で40件です。

【図表2】最近1年間における懲戒処分の種類別発生件数

【図表2】最近1年間における懲戒処分の種類別発生件数

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

  • 1

1件中 11件を表示

1. yamachanさん 商社(専門) 東京都
社内のみの判断としていたが、懲戒処分の強弱について他社の状況が気になっていた。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人事・労務実態調査のバックナンバー

2019年度新入社員の初任給調査
東証1部上場企業241社の速報集計。 35.7%が初任給を「全学歴引き上げ」
2019/06/07掲載
仕事と家庭の両立支援の現状は?
「配偶者出産休暇」は63.2%が付与
~民間企業440社にみる人事労務諸制度の実施状況(労務行政研究所)~
人事労務関連のさまざまな制度の実施状況を明らかにするために実施した「人事労務諸制度実施状況調査(2018年1~4月実施)」から、「仕事と家庭の両立支援」に関する...
2019/04/12掲載
2019年賃上げの見通し―労使および専門家472人アンケート 
~定昇込みで6820円・2.15%と予測。経営側の38.1%がベアを「実施する予定」~
賃金交渉の最新動向がわかる!労・使の当事者および労働経済分野の専門家を対象に実施した「賃上げ等に関するアンケート調査」から見える2019年賃上げの見通しは?
2019/02/13掲載

関連する記事

懲戒制度の最新実態 解雇の場合の退職金、懲戒解雇と諭旨解雇ではどうちがう?
SNSの普及により、インターネットに関連した懲戒事案なども増えています。 今回は各企業の懲戒制度の内容とともに、解雇における退職金の有無、30のモデル ケース別...
2018/10/03掲載人事・労務実態調査
従業員に対し「能力不足」による降格を実施する場合の
法的留意点と踏むべき手順
「能力不足」による降格は、解雇よりも容易だとして、安易に検討されがちですが、降格の効力をめぐる紛争は決して少なくありません。説明義務、資格や賃金との連動性など、...
2013/09/20掲載人事・労務関連コラム
ブログ・フェイスブック・ツイッター・ミクシィ等…
従業員のソーシャルメディア利用による問題点と企業のリスク対応策
本記事では、ブログ・フェイスブック・ツイッター・ミクシィ等を想定し、従業員によるソーシャルメディア利用の増加に伴い、企業にどのようなトラブルが生じ得るのか、さら...
2012/09/14掲載人事・労務関連コラム
スパルタ研修は「アリ」なのか?新人研修・従業員研修をめぐるQ&A【後編】
「新人研修・従業員研修」に関する課題について、人事・研修担当者の皆さんが知っておくべき事項を、Q&A形式で裁判例などを挙げながら、弁護士・岩出 誠 氏が詳しく解...
2011/11/21掲載人事・労務関連コラム
「配転命令権」行使の有効性判断が必要
人事異動に応じず、従来の職場に出勤する社員への対応
使用者側が正当と考える配転でも、社員はさまざまな理由から配転に応じないことがあります。本記事では、配転命令権の行使があったにもかかわらず、これに従わない場合の、...
2011/07/15掲載人事・労務関連コラム
【用語解説 人事キーワード】
諭旨解雇
懲戒処分
インターンシップを効果的に実施するポイントと 外部ソリューション活用のヒント

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

シェアNo.1採用管理システムi-web

注目コンテンツ


インターンシップを効果的に実施するポイントと外部ソリューション活用のヒント

インターンシップの効果的な実施について、種類や取り組み事例、外部サービス活用のヒントをご紹介します。



新卒採用向け「採用管理システム」導入のポイント~競争力を持った採用活動の実現に向けて~

新卒採用向けの「採用管理システム」。導入する際に押さえておくべきポイントと選び方のヒントを解説


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


若手社員の定着率をアップさせるためには

若手社員の定着率をアップさせるためには

求人難が叫ばれる中で、若手社員の早期離職傾向がなかなか止まらない。少子...