企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

長時間通勤は採用の合否に影響する?
健康に働いてほしいから… 気になる長時間通勤と採否の関係

採用選考の際に、居住地を合否の判断材料にはしないというのは、人事にとって基本だろう。しかし、長時間の通勤が業務に差し支えることが予想されるケースもないわけではない。家庭の事情で転居できないと最初から分かっている場合は、本人が通勤可能だと主張しても、企業側はどうしても気になってしまうものだ。特に郊外からの通勤が多い首都圏などでは、発生しやすい問題といえる。

勤務地に近い都内に転居できませんか?

「通勤のことも聞かれましたが、十分可能ですと答えました。一番ありがたいのは新幹線通勤なんですが、そこまで贅沢は言えないので…。実際、うちの近所からも都内に通勤している人はけっこういますよ」

Sさんに面接の様子を聞いたところ、やはり自宅からの通勤は大丈夫か、という質問をされたそうだ。Sさんの自宅は首都圏郊外。応募しているT社は都心部だが、ターミナル駅から地下鉄に乗り換えれば通勤できるエリアに本社がある。

「T社までは2時間ちょっとかかりますけど、大学の時も都心まで通っていましたからね。人事の方からは、もう少し会社に近いところに転居する予定はないのかと聞かれましたが、都内で一人暮らしをするとなると部屋代もかかりますし…基本的には実家から通いたいんですよ」

実はT社に応募する際にも、私とSさんの間では通勤についての話が出ていた。その時には、「仕事に慣れてきたら転居するかも…」と言っていたのだが、本心では極力自宅から通いたいと思っていたようだ。

「了解しました。企業が一番重視するのは候補者のスキルや人物像ですから、通勤時間がネックになることはおそらくないと思いますよ。結果が分かり次第ご連絡します」

私はそういって電話を切った。

数日後、T社からSさんの合否の連絡がきた。結果は不採用。人材紹介会社には理由もあわせて教えてもらえるのだが、Sさんについては「同じポジションの他の候補者との比較検討の結果」とのことだった。

「そうですか…まあ、仕方ないですね」

T社をかなり気に入っていたSさんだったが、切り替えは速くほとんどひきずらなかった。まもなく、同じ都内でSさんが利用しやすいターミナル駅に勤務地がある別の企業への転職が決まった。

終電の時間が気になる現場の感覚

「もちろん他の候補者の方と比較して総合的に判断した結果ですから、決して通勤時間のことだけはないと思いますよ」

後日、T社の人事マネジャーに聞いてみると、不採用の連絡の時と同じ答えが返ってきた。しかし、総合的に…ということは通勤に関することも多少は入っているのは間違いないだろう。

「人事では居住地を判断材料にすることはないんですが、現場の部長が気にした可能性はありますね。当社の場合、業種的に繁忙期にはかなり残業があるので、現場では、終電の時間を気にしないで残業を頼める人の方が助かる…という判断をしたのかもしれないです」

結局、企業が居住地を気にするケースの大部分はこれだろう。実際、勤務地から近いエリアに転居した社員には特別に住宅手当を割増で支払うところもある。

「そうなんですよね。毎月の交通費も遠距離通勤の場合、かなりの額になります。それを住宅手当として社員に支給すれば残業が必要な時にも遠慮なく頼める…というメリットがありますから」

T社の人事マネジャーも、そうした制度を導入している企業のことは知っていた。もし、T社が同じような制度を取り入れていたら、Sさんも都内に転居していたかもしれない。

「長時間通勤は社員の健康への負担も大きいでしょうし…。体を壊す、あるいはストレスの原因になって業務に差し支える…といったこともあると思います。社員の健康は企業にとっては重要ですから、当社も通勤制度について検討した方がいいのかもしれないですね」

もちろん、住宅手当を支給されても、家庭の事情などで転居できない人は多いだろう。また、最初は近くに住んでいても、郊外に持ち家を購入したことで途中から長時間通勤になってしまうケースもあるはずだ。いずれにしても、実際に2時間以上かけて都心まで通勤している人は珍しくないのが実情だ。

「郊外だと周囲も皆、長時間通勤してますからね。そういう環境で育つと東京まで多少遠くても通うのが当たり前という感覚になるんですよ…」

勤務地のことを相談した時の、Sさんの言葉が私の頭の中によみがえってきた。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

人材採用“ウラ”“オモテ”
コロナ禍の転職に焦りは禁物
キャリアチェンジにも影響が……
中途採用市場では、長らく売り手市場が続いてきた。しかし、コロナ禍で一転して先が見通せなくなってきた。特に影響を受けそうなのが、これまでとは違う分野での仕事に挑戦...
2020/10/01掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
企業訪問のハードルが高くなった影響は?
オフィスから読み取れる細かな社風
「職場の雰囲気や社風など、求人票だけではわからない情報を知りたい」という理由で人材紹介会社を利用する転職希望者は多い。だが最近は企業を直接訪問するハードルが高く...
2020/09/02掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
憧れの地方移住、その実現可能性は?
リモートワークを前提とした転職支援を考える
新型コロナウイルス感染症の流行は、企業活動や働き方にもさまざまな影響を与えている。働き方の面では「リモートワーク」や「オンラインミーティング(ビデオ会議)」の普...
2020/08/03掲載

関連する記事

人材採用“ウラ”“オモテ”
キャリアアドバイザーが「推したくなる」会社
それは情報が豊富な会社かもしれない
人材不足の時代における採用活動は、よく「マーケティング」に例えられる。売り手市場では、自社をブランディングし、優秀な人材に好印象を持ってもらうことから始める必要...
2020/07/06掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
新型コロナウイルス感染拡大によって働き方が大きく変化
転職したばかりの人はどうなっているのか?
新型コロナウイルスの感染拡大により、社会全体でさまざまな予定や行事が変更を余儀なくされている。その中でもいちばん大きな影響を受けているのは「新入生」や「新入社員...
2020/06/08掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
“在宅勤務”は転職事情をどう変えるか
「オンライン面接」もごく普通に
新型コロナウイルスの感染拡大によって、多くの企業が時差出勤やテレワークといった働き方の変化を余儀なくされている。新しい働き方を経験したことによって、企業と従業員...
2020/05/08掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
人材流動化は「絵に描いた餅」?
人材紹介会社経由のキャリアチェンジにあるハードル
時代にそぐわなくなった古い産業から、次代を担う新しい産業へと人材を移動させるべき、という議論はかなり昔からある。人手不足が常態化する中で、新しいビジネスを盛り上...
2020/04/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
キャリアアドバイザーに転職経験は必要か
ちょっと変わったポイントが気になる人たち
人材紹介を進めるにあたって大切な「転職相談」。求職者の希望や条件をすりあせわるだけでなく、転職の心配事や疑問の解消にもあたる場だ。ただ、「それを聞いてどうされる...
2020/03/05掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....