企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事マネジメント「解体新書」

「リスクマネジメント」の時代~その具体的対処法【後編(1/3ページ)

― リスク回避、低減をいかに進めていくか ―

『前編』は、リスクが多様化・複雑化した中でのこれからのリスクマネジメントのあり方について記してきた。『後編』では、リスクマネジメントの進め方について、ポイントを絞りながら具体的に解説していく。
リスクマネジメントの進め方

◆PDCAのサイクルに基づいて行う

リスクマネジメントもマネジメント活動の一つであるから、PDCA(Plan-Do-Check-Act)のサイクルに基づいて行っていくことに異論はないだろう。以下、リスクマネジメントの進め方について、その概略を説明しよう。

(1)Plan:基本方針、基本計画の策定

まず、企業として進んでいく方向を明示することを忘れてはならない。トップマネジメントの考え方を明確に、分かりやすい表現で従業員全体に伝えていくことである。「何のために、何をしてほしいのか」(目的と行動指針)をトップが適切なメッセージを発信し、会社の向かうべき方向を周知徹底していくことである。そうすることによって、一人ひとりがリスクを管理する意識が高まり、現場での動きが全く違ってくるだろう。また、基本方針が明確であることは、社外のステークホルダーに対して大きな意味を持ってくる。

その上で、実際に行動に移すための基本計画を策定していく。その際のポイントとしては、直面しているさまざまなリスクに対して、どれから対応していくのか合理的に優先順位を決め、計画を立てていくことだ。優先順位を付けるにあたっては、まずリスクを洗い出し(前編の「自社のリスクを知る」参照)、それらを一定の基準で評価していく。そして、優先順位の高いリスクに対して、戦略(回避・低減・移転・受容)、目標と対策の概要、期限を決定していく。

なお、戦略における「回避」とは、リスクの原因となる活動を見合わせる、または中止するということ。「低減」は、リスク発生の可能性や発生した場合の影響度を低くすること。「移転」は、リスクの全部または一部を組織の外部に転嫁することで影響を低くすること。そして「受容」であるが、これは対応策を取らずにリスクを受け入れることを意味する。つまり、受容というのは、リスクが発生したときの損失がリスク対策に要するコストより少なければ、企業がそのリスクを受け入れるということだ。本稿におけるリスクマネジメントでは、リスク対策として「回避」「低減」を戦略とすることを前提に、話を進めていく。

(2)Do:対策の実施

前述した基本計画というのは、リスクの優先順位を付け、対策の方向性について経営陣の承認を得ることを目標としている。具体的なリスク対策を行うには、それらのリスクを細分化し、現場で行動を起こせるようなアクションプランを作成する必要がある。とはいえ、リスクマネジメントの対象となるリスクは分野が多岐に渡り、求められる専門性も高くなっている。特定の部門でリスクを細分化しアクションプランを作成するのは現実的に難しい。そのため、実際には専門家などを交えリスクに関連する業務を担当する専門のスタッフ部門や事業部門が実施するケースが多く見られる。

(3)Check:モニタリング

アクションプランをいかに綿密に策定しても、実際に行動に移さなくては意味がない。活動が形骸化していないか、実効性が伴っているか、モニタリングを並行して行うことが重要である。モニタリングには「自己評価(セルフチェック)」と「リスクマネジメント監査」の2種類がある。

自己評価は、リスクマネジメントを遂行する側が行うため、執行側の責任感をより高めることができる。ただし、モニタリングの客観性が阻害されるというデメリットもある点は否めない。一方、リスクマネジメント監査では、第三者がリスクマネジメントの仕組み全体を、客観的にチェックしていく。彼らが経営者の代わりとなって、経営者の視点で、経営者が期待した通りの活動が行われているかを確認し、その結果を経営者に直接報告していく。また、リスクマネジメント監査では、自己評価の状況についても確認する。

(4)Act:是正・改善

モニタリングは、やりっ放しではいけない。モニタリングで発見された問題点を、是正・改善していく必要がある。経営を取り巻く環境が激しく変化する昨今、リスクマネジメントシステムの見直しは必須事項である。トップマネジメントはモニタリング結果を確認し、自社のリスクマネジメントの取り組みが期待した通りに行われているか、レビューを行う。そして、タイミングを見計らって是正・改善を行っていく。

リスクマネジメントの進め方


この記事は会員限定です。会員登録(無料)をすると続きを読むことができます。
登録10秒!メールアドレスだけで簡単にご登録ができます
会員の方はこちら
次のページ
リスクマネジメントの体制をいかに整えるのか
  • 1
  • 2
  • 3
  • 次のページ

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事マネジメント解体新書のバックナンバー

人事マネジメント「解体新書」第118回
「法改正」が進む中で人事部に必要な「法対応」スキルとは【後編】
「公的資料」を使って「働き方改革関連法」を徹底理解する
近年、労働に関する「法改正」が進展する中、人事担当者の「法律」(労働関連法令)への正しい理解と適切な対応は、需要なスキルとなっている。「後編」では「働き方改革関...
2019/11/21掲載
人事マネジメント「解体新書」第117回
「法改正」が進む中で人事部に必要な「法対応」スキルとは【前編】
厚生労働省などの「公的資料」をいかに読み抜くか
近年、「働き方改革関連法」の施行や「パワハラ防止法」の成立に代表されるように、人事部の業務に関連する「法改正」の動きが一段と活発化している。そのため、人事の仕事...
2019/11/13掲載
人事マネジメント「解体新書」第116回
「パワー・ハラスメント防止」を義務付ける関連法が成立、
企業は「パワハラ防止法」にどう対応していけばいいのか?【後編】
職場での「パワー・ハラスメント(パワハラ)」の防止を義務付ける関連法が2019年5月29日、参院本会議で可決・成立した。大企業には2020年4月から、中小企業は...
2019/10/22掲載

関連する記事

「季節性、新型インフルエンザについて」
正しく知って、正しく恐れる 社員の健康と会社の未来を守る感染症対策の要諦とは
今年も、インフルエンザの季節がやってきました。近年では、治療水準が飛躍的に向上し、国内で流行する季節性インフルエンザについては、その被害を最小限に抑えることが可...
2016/01/18掲載注目の記事
【産業医】
健康リスクを軽減する、職場のかかりつけ医
知られざる「健康経営」のキーパーソン
「産業医」の 醍醐味・やりがい、適性、収入やその仕事に就く方法などについて、エピソードとともに紹介
2014/11/28掲載あの仕事の「ヒト」と「カネ」
実効性の乏しい対策では意味がない!
『SNS問題』に関する実務対策と規定・研修の見直し
ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の利用者が急激に増加したことで、従業員が勤務先、顧客に関する不適切な内容の書込みや投稿をして問題になる事例が増えてい...
2014/09/22掲載人事・労務関連コラム
海外勤務者の安全対策の実態
一般財団法人 労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、2013年3月に「海外勤務者の安全対策に関するアンケート」を実施。海外勤務者の安全対策に企業がどのように取...
2013/10/21掲載人事・労務実態調査
最近増えている「BYOD」で企業が講じておくべき措置とは
最近、「BYOD(Bring your owndevice)」という言葉が注目されています。本記事では、特定社会保険労務士の岩崎 仁弥氏が、「BYOD」をめぐる...
2013/07/22掲載人事・労務関連コラム
待ったなしの「ハラスメント対策」。防止と早期解決に役立つサービスと選び方をご紹介。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

最短1営業日で従業員代表を選出しませんか Web採用説明会でエントリー30%UP

注目コンテンツ


「ハラスメント対策」に役立つソリューション特集

「ハラスメント対策」の早期解決とおすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは
new

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!
new

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...