企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

キーパーソンが語る“人と組織”

楽しく働き、成長することができる
「プレイフル」な学び方・働き方とは?(前編)[3/3ページ]

2015/2/20

上田信行さん(同志社女子大学現代社会学部現代こども学科 教授)

四つのPが創造的な学びを促す

―― そのようなマインドセットを、企業の人たちも持つ必要がありますね。

そう思います。上司からの指示に従ってやるから、それがノルマとなり、面白くないものになってしまう。仮に、それが面白い仕事であっても、上から与えられたノルマとなると、それをこなすことになってしまいます。言い換えたら、こなせたらゴールということになり、それを越えていこうとすることへのモチベーションにはなりません。

この時、四つのPという概念が重要となります。「スクラッチ」を開発しているMITメディアラボのミッチェル・レズニック(Mitchel Resnick)教授が提唱しているものですが、「Give P's a Chance(Pにチャンスを与えよう)」と言っています。ちなみにこれは、ジョン・レノンが1969年に発表した楽曲「Give Peace a Chance(平和を我等に)」をもじったものです。

上田信行さん Photo

ここで言っているのは、創造的な学びには四つのP「projects(計画)」「passion(情熱)」「peers(仲間)」「play(遊び)」が必要だということです。まず面白いprojectでないと、人は学んだり、仕事を能動的にできません。また、そのprojectは自分で提案する場合もあるし、上から言われる場合もあるでしょう。しかし、上から言われた場合でもそれを自分のprojectにする。概念を再構築して自分のものにしないといけません。つまり、projectについて自分で意味付けすることが必要なのです。上司から言われたprojectでも、「それを進めるには、こういう風にすればいいのではないでしょうか」と自分の意思・想いを付加していくことによって、自分がやるべきprojectとなるのです。

そして、projectが面白くなれば、passionに火がつきます。その際に、やる気が起こらないのは、projectを自分のprojectにできていないからです。ここで誤解してほしくないのは、仕事に対してやる気のある人、ない人がいるわけではないということ。ポイントは、いまやっているprojectが面白いかと、本気で思えるかどうかなのです。面白くないのは、自分でprojectに対する意味付けがちゃんとなされていないからです。そこで、あえて上司と言い争ってもいいですから、projectに対する意味付けをしっかりと自分で行い、「責任を持って楽しくやります」と言えるくらいに、projectの出発点を作らなくてはいけません。

これができれば、まさに自分のprojectとなるわけですから、やる気がどんどん出ます。それでpassionが湧き、今度はそこに一緒にやるpeersがいると、よりpassionが燃え盛っていきます。そして、projectを仲間と共に、安心して、思いっきりやれる「playful environment」が必要なのです。「失敗してあたりまえ」と許容する仲間がいる環境。「よし、もう一度やろう」と前向きな気持ちにさせてくれる仲間と場が必要なのです。

普段の仕事でも、「自分がきちんと考えた上でなら、失敗しても構わない。次に再チャレンジすればいいのだから」という上司の下であれば、誰でもやる気が上がります。それが「言われた通りのことをやれ」あるいは「失敗は許さない」というようなタイプの上司だと、ミスや失敗をしないよう安全策に走り、高い目標に取り組もうとは思えません。そういう意味からも、「プレイフルカンパニー」を実現していくためには、四つのPがとても大切のように思います。

図:四つのP
図:四つのP
*創造的学びのための四つのPは、MIT Media LabのMitchel Resnick教授が提唱しているもので、そのアイディアを上田教授がイラストレーターの岩田花奈さんにお願いして、イラスト化してもらったというものです。詳細はScratch @MIT 2014!のプログラムの没頭でのメッセージ「Give P's a Chance(PDF形式:1.88MB)」を参照してくだい。

―― あまり気の進まない仕事が来た場合でも、まずその仕事内容を自分なりに意味付けして、再構成していくということですか。

要は、自分にとってやりがいがあり、価値があるような仕事にしていくということです。そうすると、自然と情熱が湧いて、一所懸命に仕事をしようという気になります。そして、そこに意見を言ってくれる仲間がいて、いろいろとサポートしてくれれば、失敗を恐れることなくプロトタイプをどんどんと作って、修正していこうという気持ちが生まれ、仕事に対するモチベーションが高まっていきます。こうした職場風土が醸成できれば、どんな仕事でも前向きに取り組めるようになります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

キーパーソンが語る“人と組織”のバックナンバー

人事の常識や社内の慣行にとらわれない!
人と事業をつなぐミッションに挑み続ける“ソフトバンク流”人事改革
日本の人事部「HRアワード2019」企業人事部門 個人の部 最優秀賞に輝いた、ソフトバンク株式会社 人事本部 副本部長の源田泰之さん。ソフトバンクの採用・人材開...
2020/01/16掲載
労働力不足を乗り越え、人材の活性化を実現
「ミドル・シニアの躍進」を実現するために人事が行うべきこととは
人手不足が続く中、いかに生産性を維持・向上させていくかが多くの企業にとって課題となっています。そこで注目されるのが「ミドル・シニア」層。経験豊富で社内事情も熟知...
2019/12/09掲載
宇田川元一さん:
組織のわかりあえない対立を読み解く
ナラティヴ・アプローチで人事が果たしうる支援とは
組織にはいろいろな関係が存在しています。上司と部下、経営と現場、営業と企画、製造と開発など、実に多様です。互いの考えが合致し、持ち味を発揮したなら、仕事は円滑に...
2019/10/18掲載

関連する記事

中村和彦さん:
組織に関する問題を「人」「関係性」に働きかけることで解決
いま日本企業に必要な“組織開発”の理論と手法とは(後編)
組織開発をどのように進めていけばいいのか、また、その際に人事部はどう関わっていけばいいのかなどについて、組織開発の実践に取り組んでいる研究者の南山大学教授の中村...
2015/09/11掲載キーパーソンが語る“人と組織”
上田信行さん:
楽しく働き、成長することができる「プレイフル」な学び方・働き方とは?(後編)
『前編』では、「プレイフルカンパニー」を実現するために、どのような対応を取ればいいのか、「学びのモデル」や「四つのP」など、その考え方を中心にお話を伺いました。...
2015/02/27掲載キーパーソンが語る“人と組織”
勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ジョブ・カード制度 総合サイト dodaで採用準備を始めよう

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く<br />
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

人工知能(AI)技術をはじめとする近年のITの発達は、人事業務のあり方...


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...