企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

人事白書調査レポート2020 働き方
テレワーク導入率は44.8%。ワーケーションなど多様化の兆しはこれから

規模が大きい企業では7割超が導入

企業におけるテレワークの導入状況はどうなっているのでしょうか。3月中旬~4月上旬調査時点では、「導入している」(44.8%)、「導入していない」(54.6%)と、未導入企業のほうがやや多いことがわかります。ただし、従業員規模別で見ると1001~5000人、5001人以上ではいずれも7割超が「導入している」と回答しており、大手企業ほど導入率が高いことがわかります。1~100人と101~500人は、共に3割台に留まっており、大きな開きがあります。

●未導入企業のほうがやや多い(全体)

規模が大きい企業では7割超が導入(全体)

●規模が大きい企業では7割超が導入(従業員規模別)

●規模が大きい企業では7割超が導入(従業員規模別)

導入1年未満の企業は、ほとんどが「新型コロナウイルス対策」

テレワークを導入した目的を聞きました。最も多かったのは「生産性の向上」(55.5%)で、5割を超えています。以下、「人材の確保」(35.5%)、「その他」(29.9%)、「従業員の企業に対するエンゲージメント向上」(28.4%)、「従業員のモチベーション向上」(26.1%)、「企業イメージの向上・PR効果」(12.3%)の順になっています。「その他」の回答には「外出が多い仕事が多いため」「働く場所の自由度をあげる」などがありましたが、導入から1年未満の企業のほとんどは「新型コロナウイルス対策」を目的に掲げていました。

●導入1年未満の企業は、ほとんどが「新型コロナウイルス対策」(全体)

導入1年未満の企業は、ほとんどが「新型コロナウイルス対策」(全体)

ワーケーションを「導入する予定はない」企業が半数近く

休暇中でも、テレワークなどで仕事ができる体制を導入しているかを聞きました。最も多かったのは、「導入する予定はない」(46.9%)で半数近くを占めています。以下、「今後導入する予定」(20.0%)、「わからない」(18.3%)、「導入している」(14.9%)の順でした。 従業員規模別で見ると、5001人以上では4社に1社が「導入している」と回答。全体と比較するとかなり開きがあることがわかります。

●ワーケーションを「導入する予定はない」企業が半数近く(全体)

ワーケーションを「導入する予定はない」企業が半数近く(全体)

●5001人以上では4社に1社が「導入している」(従業員規模別)

ワーケーションを「導入する予定はない」企業が半数近く(従業員規模別)

本誌ではさらに、導入後の効果などを掲載!

【調査概要】
実施時期2020年3月16日~4月10日
調査対象『日本の人事部』正会員
調査方法Webサイト『日本の人事部』にて回答受付
回答数4,620社、4,783人(のべ)
質問数168問
質問項目1.戦略人事/2.採用/3.育成/4.評価・賃金/5.ダイバーシティ/6.働き方/7.HRテクノロジー/8.新しい人事課題

出典:『日本の人事部 人事白書2020』

「日本の人事部 人事白書」

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事白書 調査レポートのバックナンバー

従業員を育成できていると「あまり感じない」企業が過半数
『日本の人事部 人事白書2020』から、「育成」の調査結果の一部をご紹介します。
2020/10/27掲載
内定辞退者数は「変わらない」が過半数
フォローに前向きな企業が7割
新卒採用における直近3年での内定辞退者数の増減ぶりを聞いたところ、「変わらない」(52.4%)が過半数を超えました。企業はどのようなフォローをしているのか調査し...
2020/10/13掲載
いま注目される「健康経営」。実践している企業は3割にとどまる
『日本の人事部 人事白書2020』から、「新しい人事課題」の調査結果の一部をご紹介します。
2020/09/29掲載

関連する記事

職場のモヤモヤ解決図鑑【第8回】
在宅勤務で部下の成績が低下!? どうフォローしたらいい?
自分のことだけ集中したくても、そうはいかないのが社会人。昔思い描いていた理想の社会人像より、ずいぶんあくせくしてない? 働き方や人間関係に悩む皆さまに、問題解決...
2020/10/23掲載編集部注目レポート
職場のモヤモヤ解決図鑑【第7回】
姿が見えない在宅勤務、部下とのコミュニケーションはどうする?
自分のことだけ集中したくても、そうはいかないのが社会人。昔思い描いていた理想の社会人像より、ずいぶんあくせくしてない? 働き方や人間関係に悩む皆さまに、問題解決...
2020/10/08掲載編集部注目レポート
今からできるBCP(事業継続計画)策定と準備しておきたいツール
~平時からの取り組みが「非常事態に強い」企業をつくる
今、BCP(事業継続計画)の重要性をあらためて見直す動きが活発化しています。自然災害や感染症といった非常事態でも事業を継続するには、行動計画の策定と日頃からの備...
2020/07/22掲載人事支援サービスの傾向と選び方
本田茂樹さん:
緊急事態宣言が全面解除
次の感染ピークを想定して今から取り組んでおきたい職場の感染症対策
新型コロナウイルス感染症の世界的流行により、私たちの暮らしは様変わりし、企業でも休業や自宅待機、在宅勤務などの対応に追われました。過去にも新たな感染が流行したこ...
2020/06/04掲載キーパーソンが語る“人と組織”
新型コロナウイルス感染症に対し、半数以上の企業が働き方の変更や、対策範囲・時期の判断に課題を感じている
『日本の人事部 人事白書2020』から、新型コロナウイルス感染症に対する企業の対応についての調査を紹介します。
2020/05/20掲載人事白書 調査レポート

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。