企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】コワーキングスペース コワーキング・スペース

「コワーキング」(CoWorking)とは、独立して働くフリーランスや起業家、企業に所属していても働く場所を自由に選択しながら仕事をするノマドワーカーなどが事務所設備や会議スペースなどを共有し、それぞれの仕事を行うワークスタイルのこと。そういった働き方を支援する共有オフィス環境およびそれを提供するサービスのことを「コワーキング・スペース」といいますが、近年は増加傾向にあり、注目を集めています。
(2012/5/14掲載)

コワーキング・スペースのケーススタディ

孤独な在宅より緩くて深いつながりを
オフィスの共有による相乗効果に期待

ソーシャルメディア・ツールの発達やネットワーク環境の高速化・大容量化など、情報技術の飛躍的な進化は、私たちの労働観にも大きな変化をもたらしつつあります。それは個人に組織からの独立を促し、時間・場所の制約に縛られない柔軟な働き方の実現を可能にしました。しかし、在宅勤務やSOHO、カフェなど孤立した仕事環境での作業はリラックスできる半面、ときに対人交流の不足による孤独感や不安を伴い、集中力の低下を招きがちです。実際、2007年にアメリカで実施された被雇用者に対するテレワーク関連の調査では、官民を問わず多くの労働者が、かりに認められても在宅勤務はしないと回答し、その理由として7割近くが孤独感を挙げています。

そこで注目を集めているのが「コワーキング」。2000年代の初めに米・サンフランシスコのフリーエンジニアたちが集まって働くようになったのが始まりといわれ、拠点となる「コワーキング・スペース」は世界各地で増えています。

既存のシェアオフィスやレンタルオフィスを活用するスタイルと決定的に異なるのは、利用者が個室やパーテーションで区切られたブースにこもるのではなく、図書館のようにオープンな空間を共有して各自の仕事に取り組むため、利用者間のコミュニケーションが生まれやすくなることです。コワーカーを受け入れるコワーキング・スペースでは、積極的に交流イベントやセミナーを催すなどして、利用者同士の緩やかなコミュニティーが形成されるよう促すのが普通です。

もちろん格安の仕事場や単なる話し相手を確保することだけがコワーキングのねらいではありません。それぞれが独立して働きながら、相互に情報やアイデアなどを交換して刺激し合ったり、業種を超えた人脈を広げたり、あるいは独りではこなせない仕事に他の利用者と協働して対応したり――コワーキングとは、オフィス環境を共有してコミュニティーを形成することの“相乗効果”を目指す取り組みなのです。自立・自律的なビジネスパーソン同士の、緩く、それでいて深いつながりといってもいいでしょう。

日本でも10年に神戸市内でコミュニケーション・ワークスペース「カフーツ」がオープンしたのを皮切りに、都内や関西などで相次いでコワーキング・スペースが誕生。施設の体裁や利用方法はさまざまですが、すでに全国で60ヵ所以上が稼働しています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

ノマドワーカー
「ノマド」(nomad)とは、英語で“遊牧民”を指す言葉。定住地を持たない遊牧民のように、オフィスに縛られることなく、喫茶店やファストフード店などを活用して、働く場所を自由に選択しながら仕事をする働き方を「ノマドワーキング」といいます。このような働き方を選択する人々は「ノマドワーカー」と呼ばれ、近年...
ABW
「ABW」とは、「Activity Based Working」の略で、仕事内容に合わせて、時間や場所を自由に選択できる働き方のことをいいます。オランダの保険会社から生まれたこの考え方は、グーグルやアクセンチュアなどをはじめとする多くの企業で取り入れられ、広く知られるようになりました。近年では、AB...
在宅勤務
ライフスタイルに合わせた働き方が実現できる「在宅勤務」は、企業と労働者の双方に多くのメリットをもたらします。一方で、事業内容や職種によって決めるべきルールや整備すべき体制が異なるなど、導入に際して難しさを感じている企業も少なくありません。ここでは在宅勤務のメリットを整理しながら、導入時に注意すべきこ...

関連する記事

人事マネジメント「解体新書」第75回 「働きやすいオフィス」の条件 ~生産性とコミュニケーションを向上させるオフィスとは?(前編)
仕事の生産性・効率性を向上させていく上で、「働きやすいオフィス」であることは大変重要である。一方で経営の観点からすれば、業務がいかにスムーズに遂行されるかが重要となる。つまり、この両方がバランスよく機能展開されていることが、理想的なオフィスと言えるのではないだ...
2014/10/20掲載人事マネジメント解体新書
テレワークを実践していく上での課題とは何か。また、その解決のために人事が考えるべきこととは【『日本の人事部』テレワーク記事まとめ】
テレワークという働き方が求められる中、従業員同士のコミュニケーションを活性化し、企業としての生産性を高めていくにはどうすればいいのでしょうか。ここでは、『日本の人事部』に掲載しているテレワークなどに関する記事をまとめました。
2020/08/06掲載編集部注目レポート
職場のモヤモヤ解決図鑑【第7回】 姿が見えない在宅勤務、部下とのコミュニケーションはどうする?
自分のことだけ集中したくても、そうはいかないのが社会人。昔思い描いていた理想の社会人像より、ずいぶんあくせくしてない? 働き方や人間関係に悩む皆さまに、問題解決のヒントをお送りします! 第7回は「姿が見えない在宅勤務、部下とのコミュニケーションはどうする?」と...
2020/10/08掲載編集部注目レポート

関連するQ&A

在宅勤務手当の取扱いについて
いつも拝見させていただいております。 今般の新型コロナウィルスの影響により、弊社では、在宅勤務を導入しました。 今後も継続で在宅勤務を行うことになり、自宅での光熱費等が増えるということで、在宅勤務手当の支給を検討しております。 いろいろと調べてみますと、在宅勤務手当は割増賃金計算の基礎となる賃...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

POSITIVEの導入事例はこちら 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


~誰しもが経験するつまずきを乗り越える方法とは?~<br />
新人がイキイキと働くために、人事ができること

~誰しもが経験するつまずきを乗り越える方法とは?~
新人がイキイキと働くために、人事ができること

「3年3割」と言われる若年層の早期離職問題。手間もお金もかけて採用した...