企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

Report

7割の企業は「マイナンバー制度」に向けた準備ができていない
~2016年1月スタート「マイナンバー制度」に関する企業の対応状況を調査~
2014/11/7

『日本の人事部』は、全国のビジネスパーソン(経営者、管理職、人事担当者など)に対して「マイナンバー制度」に関するWEBアンケートを実施、その結果をまとめました。(調査期間:2014年9月8日~9月15日、回答社数:282社)
2016年1月から、日本国民と日本に居住する外国人一人ひとりに対して番号を割り振り、所得や納税実績、社会保障に関する個人情報を一括管理する「マイナンバー制度」がスタートします。国民の利便性を高めると同時に、行政の透明化・効率化を図るための社会基盤として、国や市町村などがバラバラに管理してきた個人情報を連携させ、相互利用を可能にするという本制度。民間企業でも、社会保障・税務関連の諸手続きにマイナンバーを利用することになりますが、システム変更および厳格な情報管理体制の構築が必須になるため、企業の今後の対応状況が注目を集めています。制度開始に向けて、企業には確実な対応が求められますが、現時点で企業はどの程度対応できていて、将来的にはどんな課題があると考えているのでしょうか。「マイナンバー制度への対応状況」「マイナンバー制度に対応する上での課題」「マイナンバー制度による影響・効果」について聞きました。

「マイナンバー制度」への対応が必須だと、企業に周知させることが重要

「マイナンバー制度への対応状況」について聞いたところ、「まだ準備を始めていない」という回答が69.6%と圧倒的に多く、「既に準備を始めている」(5.6%)、「自社内での対応を検討している」(14.4%)、「アウトソーシングでの対応を検討している」(2.4%)など、何らかの対策を講じようとしている企業は大変少ないことがわかりました。コメントを見ても「はっきり言って、知らなかったと言うのが本音だ」「何から手をつければよいかわからない」「正直なところまだ勉強不足。このアンケートをきっかけに、急ぎ情報収集しようと思う」などの声が目立ち、制度そのものがあまり認知されていないことがわかります。「特に準備をする予定はない」(8.0 %)と回答する企業もあることから、まずはマイナンバー制度の目的や意義を、企業に周知させることが重要と言えそうです。

■図表1 マイナンバー制度への対応状況
図表1 マイナンバー制度への対応状況

企業が懸念するのは「個人情報漏えい」というリスク

「マイナンバー制度に対応する上での課題」について聞いたところ、「従業員からのマイナンバーの収集」(28.0%)、「個人情報の管理体制の強化」(26.8%)が上位を占めました(図表2)。情報管理の煩雑さと情報漏えいのリスクを気にする企業は多いようで、「漏えいした場合の影響は従来の人事・給与データ以上のものになる。管理体制を強化したい」「基幹系システムに与える影響は大きい。非常にコストがかかりそうだ」などの声が数多く聞かれました。「マイナンバー制度による影響・効果」について聞いても、「情報漏えいのリスクの発生」(38.7%)という回答が最も多く寄せられました(図表3)。

「情報の一元管理による利便性の向上」(8.0%)、「各種事務処理の効率化、省力化」(5.3%)など、その効果を期待する声もありますが、現時点では圧倒的に少ないのが実情です。今後は「マイナンバー制度」の内容はもちろん、導入されることでどのような効果やメリットがあるのかを、企業側でもしっかりと認識し、2016年1月のスタートに向けて着実に準備していく必要がありそうです。

■図表2 マイナンバー制度に対応する上での課題
図表2 マイナンバー制度に対応する上での課題
■図表3 マイナンバー制度による影響・効果
図表3 マイナンバー制度による影響・効果

回答結果はこちら→  http://jinjibu.jp/special/enq.php?fid=NJ-2014e

【調査概要】
調査対象  :全国のビジネスパーソン(経営者、管理職、人事担当者 など)
調査期間  :2014年9月8日~9月15日
調査方法  :WEBアンケートによる回収
有効回答社数:282社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

編集部注目レポートのバックナンバー

「女性管理職増加」「多様性の達成」は通過点 マタハラにいち早く取り組んだプルデンシャル生命に聞く“多様性のその先”
プルデンシャル生命保険株式会社は、2008年頃には管理職の3割を女性が占めるなど、女性活躍推進に関して先進的な企業として知られます。現在は数字からは見えない、真...
2017/09/20掲載
女性の意識を変え、生産性向上・コスト削減を実現する「子連れ出勤」 
授乳服のモーハウスに聞く、子どもをだっこして働くことのメリットとは?
保育所に子どもを預けたいのに預けられない、待機児童問題。預け先が見つからずに、保護者が育児休業を延長せざるを得ないケースも多いようです。そこで今注目されているの...
2017/08/24掲載
“障がい者が力を発揮できる仕組み”が会社を強くする
~富士ソフト企画に聞く 障がい者雇用の可能性~
障害者雇用促進法の改正により、平成30年4月1日から法定雇用率の算定基礎に精神障がい者が加わりました。どう対応すればいいのか、人事の方々にとっては気になるところ...
2017/07/18掲載

関連する記事

緊急調査 企業のマイナンバー対応状況アンケート
2016年1月より、社会保障・税番号(マイナンバー)制度が導入された。企業は、マイナンバーの収集、法定調書への記入に加えて、厳重な情報管理が求められている。企業...
2016/04/06掲載人事・労務実態調査
マイナンバー運用開始元年!クローズアップされにくいリスクに、企業はどう対応すればいいのか~行政の動向を見越した、企業の最適な選択とは?~
2015年10月から配布が始まったマイナンバー(個人番号)。これまでの「個人情報」の取り扱いと一線を画すのは、マイナンバーの取り扱いに厳重な規制と罰則が科せられ...
2015/10/30掲載注目の記事
サッポログループマネジメント株式会社:
人事部門が主導し、グループ横断で取り組む
「マイナンバー制度」対応プロジェクトとは
比較的早期からマイナンバー対応に取り組んできたサッポログループで、プロジェクトの中心となって動いてこられたサッポログループマネジメント株式会社人事グループリーダ...
2015/08/24掲載となりの人事部
ミスなく!手間なく!リスクなく!
「奉行シリーズ」で中堅・中小企業を熟知するOBCのマイナンバー対応サービスとは
マイナンバーの個人への通知開始まで、半年を切った。企業のマイナンバー対策では実際にどんな業務が発生するのか、また、どのように準備を進めればいいのか――。知ってい...
2015/05/13掲載注目の記事
マイナンバー制度への対応も万全!
「ワークフロー」の一元化を実現するTeamSpiritが示す 業務システムの新基準とは
2016年01月から運用が始まる「社会保障・税番号制度」。通称、マイナンバー制度は、日本国民と日本に居住する外国人一人ひとりに対して、重複しない固有の識別番号(...
2015/04/24掲載注目の記事
マインドセットを促し、早期戦力化を実現する! 新人研修特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


『日本の人事部』管理職育成特集

管理職育成のための多彩なプログラムをご紹介。



『日本の人事部』新人研修特集

社会人としての基礎固めと早期戦力化を促すプログラムをご紹介


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


求人に特化した検索エンジンIndeedで自社採用HPへの集客を高め、「自立した採用力」を促す

求人に特化した検索エンジンIndeedで自社採用HPへの集客を高め、「自立した採用力」を促す

「企業が自社の「採用力」を高めていくためには、“自立した採用力”こそが...


大介護時代、到来!日本の“働き方”を変えるためにICTはここまで進化した

大介護時代、到来!日本の“働き方”を変えるためにICTはここまで進化した

いわゆる団塊世代が75歳以上の後期高齢者になると、日本は「大介護時代」...