無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

ニュース
人事サービス 雇用・採用
掲載日:2022/10/07

24年度卒エンジニア採用動向調査

採用時期の早期化要因、最も多いのは「優秀な学生に出会うため」
 

レバテック株式会社が運営する、ITエンジニア専門新卒向け就職支援エージェント、レバテックルーキーは、新卒エンジニア採用担当者300名を対象に、24年度卒採用に関する動向調査を実施いたしました。
 

<調査サマリー>

  1. 5社に1社が、昨年度よりも採用開始時期をさらに早期化
  2. 早期化の要因、最も多いのは「優秀な学生に出会うため」
  3. 半数以上の企業が、来年夏頃まで新卒採用活動を継続予定
  4. 新卒エンジニアの採用課題、1位は「自社の要件にマッチする学生に出会えない」


①5社に1社が、昨年度よりも採用開始時期をさらに早期化
2022年9月時点で24年度卒のエンジニア採用を開始している企業は、全体の53.7%となりました。全体の半数以上が、2022年9月時点で既に採用活動を始めているようです。
23年度卒採用に比べて、24年度卒の採用開始時期が早くなったのは全体の21.0%となり、5社に1社が採用活動を早めていることが分かりました。昨年度や一昨年度の調査では*1、採用開始時期が年を追う毎に早期化していることが明らかとなりました。今回の調査結果から、24年度卒採用に関してもさらに早期化していることが読み取れます。
一方で、採用開始時期が23年度卒よりも遅くなったと回答したのは全体の3.0%に留まり、ほとんどの企業が昨年度と同様、または早期化していることが分かりました。
※1:2022年3月発表「23年度卒エンジニア採用動向調査」
 

②早期化の要因、最も多いのは「優秀な学生に出会うため」
24年度卒の採用開始時期を早めた企業のうち、「1ヶ月以上」早期化したのは46.0%、「2ヶ月以上」早期化したのは22.2%という結果になりました。早期化した企業の約7割が、昨年度よりも1〜2ヶ月程度早く採用を始めていることが分かります。
新卒エンジニアの採用開始時期を早める要因として最も多かったのは、「優秀な学生に出会うため(61.9%)」でした。6割以上の企業が、例年よりもさらに質の高い学生との接点を持つために早い時期から採用を開始しているようです。ついで、「母集団を増やすため(22.2%)」「市場の動向に合わせるため(15.9%)」と続きます。ほとんどの企業では、採用活動をスピーディに進めるためではなく、候補者の質や量を担保するために早期化をしていることが明らかとなりました。
 

③半数以上の企業が、来年夏頃まで新卒採用活動を継続予定
昨年度の採用と比べて、24年度卒の採用人数が変動したのは全体の31.5%でした。採用人数が増えたのは全体の21.2%となり、5社に1社は昨年度よりも新卒採用に力を入れていると推測されます。一方、採用人数が減ったのは全体の10.3%という結果になりました。
24年度卒採用の終了時期として、年内を想定している企業は全体の13.3%に留まりました。合計半数以上の企業が、2023年7月頃までに採用活動を終了させたいと回答しています。さらに、全体の33.0%が採用終了時期はいつでも良いと回答していることから、長期間かけて新卒採用を行う企業が多いことが分かりました。今後も、中途採用と同様に通年で新卒エンジニアを採用する企業が増えていくことが予想されます。
 

④新卒エンジニアの採用課題、1位は「自社の要件にマッチする学生に出会えない」
新卒エンジニアの採用課題として最も多いのは「自社の要件にマッチする学生に出会えない(40.7%)」、ついで「母集団形成ができない(24.0%)」でした。多くの企業では、自社の採用ターゲットとなる母集団の質や量に課題を感じているようです。ついで多かったのは、「自社の魅力づけができない(21.0%)」「選考中の辞退率が高い(19.0%)」という結果になりました。(複数回答)
一方、採用課題として回答が最も少なかったのは「面接官の育成に苦戦している(6.3%)」でした。ついで「人事と現場の要件すり合わせができていない(6.7%)」「現場社員(リクルーター)の育成に苦戦している(7.7%)」と続きます。社内の採用に関する仕組みや設計段階に課題を感じている企業は少ないようです。(複数回答)

 

<レバテックルーキー事業責任者からの一言>
今回の調査結果から、5社に1社が例年よりもさらに採用開始時期を早期化していることが明らかとなりました。優秀な学生との出会いを目的に早期化する企業が多く、採用課題としても重要視されているようです。

ITエンジニア不足の解消が提唱される中で、新卒エンジニアの採用はさらに需要が増していることから、特に優秀層の採用は困難を極めていくでしょう。新卒でエンジニア採用をする企業は、採用要件の緩和や教育体制の整備が今後求められるのではないでしょうか。

 


<調査概要>
調査対象:新卒採用担当者300名
調査年月:2022年9月7日~2022年9月9日
調査方法:Webアンケート調査
有効回答数:300名
調査主体:レバテック株式会社
実査委託先:楽天インサイト株式会社
 

◆本調査の詳細は、こちらをご覧ください。
(レバテック株式会社/9月29日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。