企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

印刷する印刷する 

[社会]

2017/07/05

サービス産業の生産性向上と賃上げを同時に進めることで、物価上昇や個人消費拡大が可能に~『生産性及び賃金と物価・消費に関する推計』:日本生産性本部

公益財団法人日本生産性本部は6月29日、「生産性及び賃金と物価・消費に関する推計」を発表した。

 

未来投資戦略2017(2017年6月)では、サービス産業の生産性上昇率を2%とする目標が掲げられている。また、賃上げや物価(CPI)を+2%とする取組みも並行して進んでいる。今回の推計は、こうした取組みがどのような関係にあるのかを定量的に推計したものである。推計にあたっては、日本生産性本部が早見均・慶應義塾大学教授を座長とする「生産性と雇用・物価・賃金に関する研究会」を立ち上げ、各種政府統計を利用しながら推計を行った。

サービス産業の生産性向上と賃上げを同時に進めることにより、物価の上昇や個人消費の拡大が可能になることを今回の推計は示唆している。

 

<サービス産業の生産性向上と賃上げの物価への影響>
・政府が進めるサービス産業の労働生産性向上(年率2%)が実現しても、それが賃金上昇に結びつかない場合、物価は0.7%下落。サービス産業の生産性向上(+2%)が(物価を押し上げる効果のある)賃金上昇(+2%)を伴った場合、物価は上昇(+0.04%)に転じると推計。

 

<サービス産業の生産性向上と賃上げの消費への影響>
・サービス産業の労働生産性が上昇しないまま、賃上げのみを実施した場合、賃上げが物価を押し上げた分だけ年金生活者の実質購買力が減少するため、個人消費は0.1%減少。賃上げ(+2%)だけでなく、サービス産業の生産性向上(+2%)を同時に進めることで、個人消費は0.77%拡大すると推計。

 

今回の推計からすると、サービス産業の生産性向上と賃上げを同時に進めることが、物価の上昇や個人消費の拡大を可能にする上では重要である。

※「生産性と雇用・物価・賃金に関する研究会」メンバー
座長 早見 均 慶応義塾大学教授
新保 一成 慶應義塾大学教授
風神 佐知子 中京大学准教授

 

「生産性及び賃金と物価・消費に関する推計」報告書の本文(全文・概要)は、こちらへ

 

【お問合せ先】
公益財団法人日本生産性本部生産性研究センター
担当:木内 TEL.03-3409-1115

 

◆ 本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(公益財団法人日本生産性本部 http://www.jpc-net.jp/ /6月29日発表・同法人プレスリリースより転載)


ニュースジャンル一覧

教育・オピニオン(社会)ジャンルのニュース

2020年度の新卒採用を見据える。注目の採用支援ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

Indeedオンラインセミナー

ニュースアクセスランキング

注目コンテンツ


管理職としての必須知識を獲得するサービス特集

本特集では、『日本の人事部』が注目する、管理職育成のための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーへの参加申込み、資料のダウンロードも可能ですので、 ぜひご利用ください。



2020年度の新卒採用を見据える。注目の採用支援ソリューション特集

日本の人事部では、激戦の新卒市場をリードするための最新のサービスやソリューションをご紹介。御社にぴったりのパートナーを見つけてください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま考えるべき人事の「未来像」 <br />
~新しい時代における人事の存在意義とは~

いま考えるべき人事の「未来像」
~新しい時代における人事の存在意義とは~

グローバリゼーションやテクノロジーの急激な進化により、いま世界は大きく...


1日30分、週3日、3ヵ月。<br />
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?
new

1日30分、週3日、3ヵ月。
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

グローバル化が進む現在、多くの企業が社員の英語力向上を課題としています...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』 主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2018-春-」を5/9・15・16・17・18・21・22に開催。


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

第12回会合として、人事リーダーによる座談会を2/2(金)に開催。