企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

優秀な人材ほど流出する リストラと人材紹介
先手を打って転職した方が有利 優秀な人材から先に流出するリストラ

大手電機メーカーの再生計画がしばしばニュースになっている。そんな時、話題に上るのが「リストラ」、つまり人員削減である。退職した人は当然、新しい職場を探すことになる。早期退職者を専門に扱うアウトプレースメントというサービスもあるが、一般の人材紹介会社もリストラとは無縁ではない。リストラが行われそうだと知ると、先手を打って自力で転職しようという人が増えるからだ。しかし、人材紹介会社への登録者が増えることは、一方でリストラの難しさを物語っている。

優秀な転職希望者が増える!

「○○社が海外投資ファンドの傘下に」「○○社の再生計画がまとまる」

新聞などでこうしたニュースが報じられると、人材紹介会社は「優秀な人材の登録が増えるのではないか」と期待する。リストラなどの可能性を考慮して、転職の準備をする人が増えるからだ。

よくお世話になっていた企業の経営者、S社長はこう言っていた。「今は会社の業績が悪くなるとすぐに人員削減を、という風潮がありますが、リストラというのは非常に難しいものだし、できればやらない方がいいと思います。確かに人件費を削ることで、会計上の業績は急速に改善されます。しかし、数字だけで考えていると一人ひとりの社員の顔が見えなくなる。本当はいちばん辞めてほしくない優秀な人材から去っていくのが、リストラなんです」

リストラというと「無駄を削る」というイメージがある。本来は業績貢献度の低い社員から順番に指名解雇するのがもっとも効率的なリストラだろう。しかし、対外的なイメージや社内の雰囲気などを考慮すると、そこまでドラスティックなリストラはできない。

「一般的には、年齢や職種を区切っての早期退職者募集でしょう。しかし、そうなるとまず応募してくるのは、他社でも通用する自信がある『仕事のできる社員』なんです。彼らは転職先に困りませんからね」

Photo

本来なら残さなければいけない、貴重なノウハウなどを持った社員が結果的に退職していくことになる。また、企業が「50代以上」などと年齢で早期退職の範囲を区切ったとしても、自力で転職する人材まで止めることはできない。30代、40代の第一線で活躍する人材も、将来のことを考えると、「リストラされた社員」というネガティブなイメージがつく前に、売り手市場の有利な転職活動を進めようとする。そうなると、企業の戦力は大幅にダウン。会社を立て直すどころか、さらなる業績悪化を招き、再度のリストラが必要……という負のスパイラルに飲み込まれてしまうこともある。

そういった中堅や若手が利用するのは、人材紹介会社など一般の転職支援サービス。そのため、転職希望者の動きを見ていると、それぞれの企業が置かれている状況もなんとなく見えてくることがある。

長く海外現地法人の幹部を任されていたS社長は意外なことも教えてくれた。「これは日本だけの現象ではありません。海外企業には大胆なリストラを行うイメージがあるかもしれませんが、実は海外でも、リストラを成功させるのはとても難しいんです」


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
  • 参考になった0
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる1
  • 理解しやすい0
オススメ1
最新順 | 人気順 | 古い順
蓉子さんが考えさせられるでオススメしました
東京都 その他業種 2020/04/20

考えさせられました

1件中 1~1件を表示
  • 1

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

人材採用“ウラ”“オモテ”
コロナ禍の転職に焦りは禁物
キャリアチェンジにも影響が……
中途採用市場では、長らく売り手市場が続いてきた。しかし、コロナ禍で一転して先が見通せなくなってきた。特に影響を受けそうなのが、これまでとは違う分野での仕事に挑戦...
2020/10/01掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
企業訪問のハードルが高くなった影響は?
オフィスから読み取れる細かな社風
「職場の雰囲気や社風など、求人票だけではわからない情報を知りたい」という理由で人材紹介会社を利用する転職希望者は多い。だが最近は企業を直接訪問するハードルが高く...
2020/09/02掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
憧れの地方移住、その実現可能性は?
リモートワークを前提とした転職支援を考える
新型コロナウイルス感染症の流行は、企業活動や働き方にもさまざまな影響を与えている。働き方の面では「リモートワーク」や「オンラインミーティング(ビデオ会議)」の普...
2020/08/03掲載

関連する記事

人材採用“ウラ”“オモテ”
キャリアアドバイザーが「推したくなる」会社
それは情報が豊富な会社かもしれない
人材不足の時代における採用活動は、よく「マーケティング」に例えられる。売り手市場では、自社をブランディングし、優秀な人材に好印象を持ってもらうことから始める必要...
2020/07/06掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
新型コロナウイルス感染拡大によって働き方が大きく変化
転職したばかりの人はどうなっているのか?
新型コロナウイルスの感染拡大により、社会全体でさまざまな予定や行事が変更を余儀なくされている。その中でもいちばん大きな影響を受けているのは「新入生」や「新入社員...
2020/06/08掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
“在宅勤務”は転職事情をどう変えるか
「オンライン面接」もごく普通に
新型コロナウイルスの感染拡大によって、多くの企業が時差出勤やテレワークといった働き方の変化を余儀なくされている。新しい働き方を経験したことによって、企業と従業員...
2020/05/08掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
人材流動化は「絵に描いた餅」?
人材紹介会社経由のキャリアチェンジにあるハードル
時代にそぐわなくなった古い産業から、次代を担う新しい産業へと人材を移動させるべき、という議論はかなり昔からある。人手不足が常態化する中で、新しいビジネスを盛り上...
2020/04/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
キャリアアドバイザーに転職経験は必要か
ちょっと変わったポイントが気になる人たち
人材紹介を進めるにあたって大切な「転職相談」。求職者の希望や条件をすりあせわるだけでなく、転職の心配事や疑問の解消にもあたる場だ。ただ、「それを聞いてどうされる...
2020/03/05掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。