企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ
人事白書 調査レポート掲載日:2019/12/01

イノベーション創出の施策は、
「経営層によるコミットメント・メッセージの発信」
「社外の勉強・交流会などへの参加促進」
「部門を越えた交流の促進」がトップ3

「経営層によるコミットメント・メッセージの発信」「社外の勉強・交流会などへの参加促進」「部門を越えた交流の促進」は、3割以上の企業が実施

イノベーション創出に向けて、どのような取り組みを行っているのかを聞いた。回答が多かった
のは「経営層によるコミットメント・メッセージの発信」(32.7%)と「社外の勉強・交流会などへの参加促進」(32.1%)、「部門を越えた交流の促進」(30.7%)の三つで、いずれも3割を超えている。以下、「イノベーション創出を目的とした研修の実施」(13.4%)、「社内ビジネスプランコンテストの実施」(12.1%)、「学び直しへの支援(ビジネススクール費用補助など)」(10.7%)の順となった。

■イノベーション創出に向けた施策(全体)

イノベーション創出に向けた施策(全体)

■イノベーション創出に向けた施策(従業員規模別)

ノベーション創出に向けた施策(従業員規模別)

今後の取り組みとしては、「社外の勉強・交流会などへの参加促進」と「部門を越えた交流の促進」が上位

イノベーション創出に向けて、今後どんな取り組みを実施していきたいと考えているのかを聞いた。「社外の勉強・交流会などへの参加促進」(29.2%)と「部門を越えた交流の促進」(25.6%)がいずれも2割を超えている。以下「経営層によるコミットメント・メッセージの発信」(19.2%)、「イノベーション創出を目的とした研修の実施」(17.4%)、「学び直しへの支援(ビジネススクール費用補助など)」(14.4%)という順になった。ただ、ここでも「特に実施を予定していない」(36.0%)の割合が高く、3社に1社を超えている。

■イノベーション創出に向けた今後の取り組み(全体)

イノベーション創出に向けた今後の取り組み(全体)

従業員規模別で見ると、規模が大きくなるほど割合が高くなっているのが「社内ビジネスプランコンテストの実施」だ。また、5001人以上の規模の企業では、「兼業・副業の奨励」(14.1%)がほかの企業規模と比較して多くなっている。

■イノベーション創出に向けた今後の取り組み(従業員規模別)

イノベーション創出に向けた今後の取り組み(従業員規模別)
【調査概要】
実施時期2019年3月19日~4月9日
調査対象『日本の人事部』正会員
調査方法Webサイト『日本の人事部』にて回答受付
回答数5,022社、5,273人(のべ)
質問数146問
質問項目1.戦略人事/2.採用/3.育成/4.評価・賃金/5.ダイバーシティ/6.働き方/7.HRテクノロジー/8.組織活性化

出典:『日本の人事部 人事白書2019』

「日本の人事部 人事白書」

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事白書 調査レポートのバックナンバー

従業員を育成できていると「あまり感じない」企業が過半数
『日本の人事部 人事白書2020』から、「育成」の調査結果の一部をご紹介します。
2020/10/27掲載
内定辞退者数は「変わらない」が過半数
フォローに前向きな企業が7割
新卒採用における直近3年での内定辞退者数の増減ぶりを聞いたところ、「変わらない」(52.4%)が過半数を超えました。企業はどのようなフォローをしているのか調査し...
2020/10/13掲載
いま注目される「健康経営」。実践している企業は3割にとどまる
『日本の人事部 人事白書2020』から、「新しい人事課題」の調査結果の一部をご紹介します。
2020/09/29掲載

関連する記事

株式会社オカムラ:
人事部だけでなく社員全員が参加して現状を変えていく
働き方改革を自分ごと化するオカムラの「WiL-BE」
働き方改革は、誰が旗振り役を担うべきなのか? そう問われれば多くの人は「人事だ」と答えるでしょう。しかし現実には、人事が知恵を振り絞って制度を導入しても、現場で...
2020/07/22掲載となりの人事部
村上 臣さん(リンクトイン日本代表):
「自分のキャリアは自分でつくる時代」が日本にも来る
そう直観したとき、「リンクトイン」が面白いと思った
会社に頼らずに自らのキャリアを描こうとする際、重要になるのが社外における人的ネットワーク。最新情報に触れ、異なる考え方のプロフェッショナルと接することが、日々の...
2020/07/20掲載HR業界TOPインタビュー
カギは「企業の繁栄」と「労働者の幸せ」の両立
組織の強みを引き出す、法との向き合い方
慢性的な長時間労働に歯止めをかける時間外労働の上限規制、雇用形態によらず仕事内容に見合う待遇を設ける同一労働同一賃金、そして、企業が職場のパワーハラスメント防止...
2020/07/08掲載編集部注目レポート
日本の人事部「HRアカデミー」開催レポート
現場・事業・経営と向き合い、戦略実現を支える~カゴメのHRBPの事例に学ぶ
HRビジネスパートナー(HRBP)とは、企業の経営層や事業部門の責任者を人と組織の面からサポートし、成果・実績を創出する人事のプロフェッショナルを指す。数々のグ...
2020/06/17掲載イベントレポート
タナケン教授の「プロティアン・キャリア」ゼミ【第7回】
「新たな人事」にむけて: 新型コロナ対応でテレワーク中の社員に、人事が今こそ届けるべきメッセージとは?
令和という新時代。かつてないほどに変化が求められる時代に、私たちはどこに向かって、いかに歩んでいけばいいのでしょうか。これからの<私>のキャリア形成と、人事とい...
2020/05/25掲載編集部注目レポート

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。